華城連続殺人事件の詳細と真相!内容や犯人像・真犯人を総まとめ

はじめに

韓国3大未解決事件の1つ「華城連続殺人事件」ですが、その残忍な殺害方法はもちろん容疑者たちの悲惨な末路や警察の不手際も話題です。

 

今回は華城連続殺人事件について、殺害内容や犯人像など詳細、真犯人など真相をまとめました。

 

華城連続殺人事件とは

 

出典:https://ailovei.com/

 

華城(ファソン)連続殺人事件と言われる韓国で起きた凶悪事件は、1986年から1991年にかけて大韓民国の京畿道華城郡(現在の華城市)周辺という農村地帯で起こりました。

 

10代から70代までの10名の女性が強姦殺害された連続強姦殺人事件で、韓国3大未解決事件の1つと位置付けられています。

 

この事件をモチーフとした、2003年公開の韓国映画『殺人の追憶』も韓国では制作されていています。

 

 

出典:http://yaplog.jp/

 

韓国をの歴史上類を見ない残虐な事件として、韓国国内だけでなくアジア全土を震撼させる事態になった華城連続殺人事件。

 

事件は、京畿道華城郡(現在は市)台安村の半径2㎞圏内で10名の女性が犠牲となりました。

 

5年間で10名もの女性が殺されたのにも関わらず、また様々な目撃証言や証拠などが見つかっても決定的な犯人像が浮かび上がって来なかったのが、この事件の深い闇となっています。

 

しかしながら、近年DNAの捜査から、有力容疑者として見られていた50代の服役囚の男が、14件の殺人事件について犯行を自白したことで、容疑者が特定されたと言われています。

 

 

 

華城連続殺人事件の詳細① それぞれの事件の内容・犯人の遺留物も紹介 

 

出典:https://amd.c.yimg.jp/

 

華城連続殺人事件は、韓国史上初の凶悪の連続殺人であり、1986年から1991年のわずか5年間の間に女性10名が殺害されたという重大性から、相当な規模で捜査が行われました。

 

しかし、犯人をみつけ出すことができず時効が成立し、警察の無力さが露呈した事件でもあります。

 

 

出典:http://img.hani.co.kr/

 

1人目の犠牲者

 

最初の犠牲者は71歳の女性で、1986年の9月早朝、娘の家に泊まって帰宅途中に被害に遭ったと推測されています。

 

遺体は畑の中から発見されました。下半身のみ裸にされており、足はXの字になるようにお腹の上に密着した形で縛られた状態でした。

 

 

2人目の犠牲者

 

最初の犠牲者出てからわずか1カ月後、次の犠牲者が遺体となって発見されます。

 

犠牲者となったのは25歳の若い女性で、お見合いの帰りに殺害されたと見られ、遺体は用水路に足を折り曲げて全裸の状態で遺棄されています。

 

検死により、遺体からは細いもので刺したような傷が4か所見つかりましたが、直接の死因は首を絞められたことによる窒息死と推測されています。

 

同時に、現場からは前回は発見できなかった犯人のものと思われる毛髪が発見されています。

 

6本見つかった毛髪の内、4本がB型の血液型、現場に残された遺留品から採取された検査でも、同様の血液型が特定されています。

 

 

3人目の犠牲者

 

犯人の血液型までは特定されましたが、3人目の犠牲者が出てしまいます。

 

夫と食事に行き、夫は仕事に戻り、女性1人で帰宅する途中、24歳の女性が行方不明となりました。

 

行方不明になってから約4か月後、被害者の家から僅か50mしか離れていない田んぼの”あぜ”脇で、かなり腐乱した状態で遺体として発見されます。 

 

被害者の頭部から顔にかけて下着が被せられ、口にはガードルとストッキングの片方が押し込められていました。また、ストッキングが首に巻きつけられており、絞殺と推測されています。

 

 

4人目の犠牲者

 

さらに4人目の犠牲者が発見されます。

 

腐乱した遺体は、帰宅途中に行方が分からなくなっていた23歳の女性と判明しました。

 

女性の所有していた傘で陰部を何度も刺されて殺害されており、両手を後ろに回されてブラウスで縛られ、頭にはガードルが被せられて首にはストッキングが巻き付けられた状態でした。

 

そして、やはり田んぼのあぜ道の脇に遺棄されていました。

 

 

5人目の犠牲者

 

5人目の犠牲者は、学校帰りに友人と別れた後から行方が分からなくなっていた18歳の少女です。

 

マフラーで首を絞められ殺害されており、殺されたのは行方が分からなくなった翌日と検死で特定されました。

 

また、両手を後ろで拘束され、口には靴下が押し込まれている状態で、さらに衣類は一度脱がせた後、再び着せている痕跡が残っていました。

 

検死で犯人のものと思われる血痕と体液が見つかっており、やはり血液型はB型でした。

 

 

6人目の犠牲者

 

6人目の犠牲者は、夫を迎えに村の入口へと向かう途中で殺害されたと見られる、30歳の女性です。

 

迎えに来るはずの妻が待っても来ないことから、夫が捜索願を出し付近を捜索した結果、松の枝の下からブラジャーブラウスで首を絞められた状態で、上半身裸の状態で発見されています。

 

現場からは、犯人と思われるスニーカーの足跡が発見されました。

 

 

7人目の犠牲者

 

7人目の犠牲者は、クリスマスイブから行方が分からなくなっていた19歳の少女で、年が明けた1月14日に首を絞められた状態で発見されました。

 

手口がこれまでと同一であることから、7番目の被害者であるとされています。

 

 

8人目の犠牲者

 

さらに殺人事件は続き、54歳の主婦が息子の経営する食堂を手伝った後の帰宅途中に、何者かに両手を衣服で後ろに拘束され、農水路脇で遺体となって発見されます。

 

靴下とハンカチを口に押し込められて、リボンで首を絞められた状態でした。

 

被害者の陰部からは桃の欠片が発見されました。また、犯人と思われる人物の顔を、バスの運転手が目撃しています。

 

これで殺人は8人目となりました。

 

 

9人目の犠牲者

 

9人目の犠牲者は、学校からの帰宅途中殺害された14歳の少女です。

 

ストッキングで両手足を後ろで弓のようにそらした状態で拘束され、陰部には被害者の所持品と思われるボールペン・フォーク・スプーンが入れられているなど、凄惨な遺体で発見されます。

 

両胸には傷口が浅い傷が20か所ほどあり、口にはブラジャーが詰め込まれていました。

 

また、遺体からは、犯人の体液と白髪の毛髪を発見されています。

 

8人目の犠牲者から既に2年経過しての事件でした。

 

 

10人目の犠牲者

 

最後となる10人目の犠牲者は69歳の高齢女性で、長女の家からの帰宅途中、自宅からわずか100m付近の場所でストッキングで首を絞められて殺害されているのが発見されています。

 

上半身は裸で、下半身だけ下着を身に着け、陰部には靴下が挿入されていました。

 

 

 

華城連続殺人事件の詳細② 10件の犯行の共通点

 

出典:http://img.hani.co.kr/

 

事件には多くの共通点があり、被害者が全員女性、さらに女性に大きなトラブルなどなく、被害者同士の接点がありませんでした。

 

犯行現場にも共通点があり、畑か農水路もしくは山中であること、犯行が行われたのは雨の日か曇りの日ででした。

 

被害者が所持する物で陰部を刺したり首を絞めている手口や、被害者の衣類を畳んでいること、物的証拠を残していないこと、犯行の共通点が多いことから、計画的犯行と当初は思われていました。

 

 

 

華城連続殺人事件の詳細③ 警察が予想した犯人像

 

出典:http://img.hani.co.kr/

 

目撃情報や、犯行現場での様子から警察は犯人像を作成、身長165㎝~170㎝で、20代~30代の血液型がB型の男性としました。

 

また、犯行現場が華城で集中していたことから、華城の住人で、女性に対してなんらかの私怨を持っているのではないかと思われていました。

 

また、幾つかの目撃証言により、髪はスポーツ刈り、服装から機械や金属を扱った仕事をしている可能性が高く、犯行手口から、犯人の性格は残忍で冷酷な殺人鬼として見られていました。

 

 

 

華城連続殺人事件の詳細④ 容疑者5人の取り調べと悲惨な末路

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す