カエル少年事件の真相!映画での犯人と見所~あらすじも総まとめ

はじめに

韓国3大未解決事件の1つに数えられる「カエル少年事件」ですが、映画化され再び話題を集めています。

 

今回は映画「カエル少年失踪事件」のあらすじや犯人など見所、実際の事件の経緯、子どもたちの死因など真相を紹介します。

 

韓国3大未解決事件の1つが映画化された『カエル少年失踪殺人事件』とは

 

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

映画『カエル少年失踪殺人事件(原題:아이들)』は、2006年に時効を迎えた韓国3大未解決事件の1つである「カエル少年失踪殺人事件」を題材にしているサスペンス映画です。

 

1991年3月26日、カエルを捕まえるといって出掛けたまま行方不明になってしまった5人の少年の謎を追っていくストーリーとなっています。

 

 

ある日、大邱のある小さな村で「カエルを捕まえに行く」と言って出掛けた小学生5人が行方不明になってしまいます。

 

特ダネをスクープしようとするMBS放送のカン・ジスン、犯人像を分析しだしたファン・ウヒョク教授、子どもたちを必死になって探し回るキョンシク刑事らが、事件を追いかけます。

 

そんな彼らの目が、次第に被害者である少年の父親に向けられるようになっていく過程がサスペンスフルに描かれています。

 

サスペンスやスリル映画で高評価を得ている韓国映画が贈る、ゾッとするような残忍でハラハラするミステリアスな展開にくぎ付けになること間違いなしです。

 

<監督・キャスト>

 

・監督…イ・ギュマン

・カン・ジスン役…パク・ヨンウ

・ファン・ウヒョク教授役…リュ・スンリョン

・パク・キョンシク刑事役…ソン・ドンイル など

 

 

 

映画化『カエル少年失踪殺人事件』のあらすじ 【主人公や映画の中での犯人も紹介】

 

小学生行方不明事件を調べる主人公が登場

 

出典:https://thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp/

 

映画冒頭で、田舎町に住む5人の少年たちが、遊んでいる最中に消えてしまいます。

 

そして、彼らの家族は警察やら霊媒師などに頼って必死で子どもたちを捜すのですが、手がかりが皆無でした。いたずらに時が過ぎるだけで、数年後、事件は風化しかかっていました。

 

 

その町にテレビ局で番組制作をしている主人公のカン・ジスンが訪れます。

 

カン・ジスンは、中央の局でドキュメンタリー番組を撮って賞を受賞したやり手の番組制作者でしたが、ヤラセだったことがバレて、左遷されてきたといういわくつきの人物でした。

 

自分のことを有能だと思っていて、出世欲でギラギラしている人物でもあり、面白くて視聴率が高い番組が撮れれば、ヤラセだろうがなんだろうが、関係ないという感じの主人公です。

 

 

犯人の捏造

 

出典:https://movie.jorudan.co.jp/

 

この主人公とタッグを組んで事件を暴いていくのが、心理学者で大学教授のファン先生です。

 

ファン先生はなかなか有能な人のように見えるのですが、自分の分析の正しさに固執しすぎているのが問題点であり、考え方が主観的で独断的な、こちらも一癖も二癖もある人物です。

 

そして、事件の犯人を失踪した男の子の父親という仮説を立てて、取材というよりもまるで捜査のような調べ方をしていきます。

 

こうして、父親=犯人説を証明するため、2人は証拠探しに奔走しますが、なかなか証拠は出てきません。

 

なぜなら、カン・ジスンとファン先生がそう思い込んでいるだけで、当たり前なのですが、実際父親は犯人でも何でもないのです。

 

しかし、2人は完全に父親を犯人だと決めつけ、さらに父親の家に子どもたちの遺体が埋められているはずだと断定し、警察まで呼んで家のトイレや床やらを掘り返していきます。

 

 

取材の失敗と再び調査を始める主人公

 

出典:https://cdn.store-tsutaya.tsite.jp/

 

ファン先生はその後、名声を失い落ちぶれていってしまいます。しかし、なぜかカン・ジスンの方は中央の局に復帰することになります。

 

なぜ戻れたかははっきりとは描かれてはいませんが、失敗したけれど話題性がある映像が撮れたからかもしれません。

 

ただ、復帰したもののカン・ジスンはいろいろと後悔をして、事件を引きずっていました。

 

カンはファン先生に偶然再会し、先生から「お前は俺を盾にして責任を負わせたから生活が壊れなかっただろうが、俺は台無しになったんだぞこの野郎!」など非難される場面もあります。

 

そして数年後、少年たちの遺体がついに発見されたことをきっかけに、再びカン・ジスンは1人で事件を調べることになります。 

 

 

犯人との直接対決

 

出典:https://movie.walkerplus.com/

 

カン・ジスンは知り合いの刑事などを頼りながら、時には不法侵入までして独自に事件を追い続けていくのですが、なんと犯人らしき人物を特定するところまでたどり着くことができます。

 

そして、その人物と直接会うところまでこぎつけるのです。

 

ただ、カン・ジスンはその過程で容疑者に身元がばれて、自分の娘を誘拐されかけています。

 

容疑者がなぜカン・ジスンの娘を殺さなかったのかは謎ですが、カンはその後、単独で容疑者を追い詰めていき、そして取っ組み合いの喧嘩を繰り広げることになります。

 

 

映画での結末

 

出典:https://cdn.store-tsutaya.tsite.jp/

 

容疑者は牛を解体する仕事をしている人物でした。

 

そして、牛の返り血を浴びた状態でカンと喧嘩するのですが、この時の容疑者役の俳優の眼がやば過ぎると、その迫真の演技が話題になっていました。

 

絶対に人を殺している、と思わせる眼つきでカン・ジスンを凝視しているような感じです。

 

そして、この容疑者なかなかパワフルであり、カン・ジスンは手も足も出ずにボコボコにされてしまいます。

 

容疑者はカン・ジスンに向かって、自分が少年たちを殺したことを認めるような発言をするものの、「だが、証拠がないだろう」と言って去っていきます。

 

事実の話を基にしている映画だけに、犯人を勝手に作り上げることもできないため、映画の最後に「~年に時効が成立した」と解説を入れて終わりになります。

 

 

エンディングでは、失踪した少年たちが再び臥竜山に向かう回想シーンが登場します。

 

そこで少年たちを山に行かせないよう、制止する人物が現れます。一瞬、容疑者かと思いきや、それは少年のうち1人の父親であり、カン・ジスンらによって当初犯人扱いされた男性でした。

 

この父親は映画の中で、息子を失っただけでなく、犯人と疑われた心労から病死していました。

 

最後の回想シーンで、少年たちを山に行かせないように守ろうとする場面で泣いた、という視聴者も続出しています。

 

 

韓国3大未解決事件の1つ「カエル少年事件」の経緯 【映画化との違いも解説】  

 

手がかりすら見つからない失踪事件

 

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/

 

ここからは、映画ではなく、実際に韓国で起きた「カエル少年失踪事件」について紹介していきたいと思います。

 

 

1991年3月26日、大邱の城西(ソンソ)国民学校(小学校)に通っていた5人は、臥竜山に実際にはカエルではなく、オオサンショウウオを捕まえに行く、と家を出ていきました。

 

しかし、それっきり5人は戻って来なかったため、親たちは失踪届を出しました。

 

失踪した子供の両親たちもビラを作って配布したり、軍や警察も動員されるなど、必死の捜索活動にも関わらず、小学生5人の行方は誰も分からず、手がかりさえ見つけられませんでした

 

そして、当時韓国ではこの不可解な行方不明事件が報道されると大騒ぎになり、カエル少年を題材にした歌まで作られたと言われています。

 

また、今回取り上げた映画『カエル少年失踪殺人事件』とは別に、1992年11月に「帰ってこいカエル少年(原題:돌아오라 개구리 소년)」という映画が製作されています。

 

ちなみに、「カエル少年」という少し変な響きは、少年たちが最後に残した、カエルを捕まえに行くという言葉が脚光を浴びたことによりつけられたと言われています。

 

 

事件から11年後、事件は急展開する

 

出典:https://movie.walkerplus.com/

 

事件発生から11年が経過した2002年9月、失踪小学生のものと思われる5体の白骨死体が臥竜山で発見されたと報道されました。

 

検死の結果、5人は道に迷っての遭難や転落などの事故ではなく、何者かにより殺害されたことが判明しました。

 

遺体が発見された現場付近には軍の射撃場があったことから、軍の関与が疑われて捜査が開始されました。

 

しかし、事件発生から既に11年経っていたこともあり、捜査に進展がないまま、2006年3月26日に時効が成立しました。

 

 

「カエル少年事件」の真相① 国全体を巻き込む大事件に発展

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す