レーダー照射問題

韓国レーダー照射の場所や真相!海外の反応・韓国の反応・日本の反応も総まとめ

はじめに

2018年12月20日に日本の哨戒機が韓国海軍駆逐艦に火器管制レーダーを照射される事件が発生しました。

 

この「レーダー照射問題」について場所や詳細、国内の反応や韓国・海外など世界の反応を含めて詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

韓国海軍駆逐艦による「レーダー照射問題」の場所や詳細などの真相

韓国海軍駆逐艦が日本哨戒機にレーダー照射した場所は?

能登半島沖で警戒監視中にレーダー照射を受けた

神奈川県の第3航空隊は海自厚木基地に所属する最新鋭のP1哨戒機を約15機運用して他国の軍艦艇の監視や情報収集をしていますが、その内1機が2018年12月20日に日本海の能登半島沖を飛行中に韓国海軍駆逐艦からレーダー照射を受けました。

 

日本海において、韓国の駆逐艦と警備救難艦、そして漁船を発見しました。この模様を詳しく調べるために近づいたところ、レーダー照射されました。

 

日本の防衛省は韓国駆逐艦からレーダー照射を受けた翌21日にその事実を公表しました。

 

韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、同機が所属する海自第3航空隊司令の藤澤豊1佐が毎日新聞などの取材に応じた。藤澤1佐は韓国側が否定する照射について「レーダー波の特性はすべて解析できている。火器管制レーダーの照射に間違いない」と改めて断言し、韓国が「威嚇飛行」と非難している点にも「危険な行為はなかった」と反論した。

 

引用:毎日新聞 – 海自哨戒機部隊司令「レーダー照射は間違いない」 危険な飛行も否定

 

日本の哨戒機に火器管制レーダー照射を行った韓国の駆逐艦は「広開土大王(クァンゲト・デワン、DDH-971)」ですが、そもそも「火器管制レーダー」とは何なのかご説明しましょう。

 

「火器管制レーダー照射」とは?

「火器管制レーダー照射」は事実上の軍事攻撃

駆逐艦から発せられるレーダーには様々な種類がありますが、今回日本の哨戒機に照射されたレーダーは「火器管制レーダー」といういわゆる攻撃するための”ロックオン”になります。

 

駆逐艦にはミサイルや対空砲が搭載されていますが、「火器管制レーダー」はこれらの照準を対象物に合わせ”ロックオン”するための装置であり、日本の哨戒機は韓国駆逐艦に銃口を突きつけられ引き金を引かれ攻撃される可能性があったということです。

 

つまり、日本と韓国は戦争に発展する瀬戸際まで行ったということであり、これが日本ではなくロシアやアメリカの戦闘機などにレーダー照射をしていたなら韓国駆逐艦は即座に反撃に遭い戦争に発展したことでしょう。

 

日本のレーダー照射問題はこれが始めてではなく、2013年に中国海軍が日本の護衛艦に向けて「火器管制レーダー」を照射した事件がありました。

 

この事件を受けて国際法上で「CUES(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)」が定められ、「火器管制レーダー」の照射はたとえ攻撃の意思が無くても”模擬攻撃”に当たるため慎むべきだとされていました。

 

 

哨戒機操縦者は「レーダー照射」されて攻撃を恐れた

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す