韓国人が嫌われる理由TOP10!文化や風習などの特徴を徹底解説

はじめに

日本にはK-POPファンも多くいますが、韓国の人たちを嫌いという日本人も少なくありません。

 

何故、韓国人が嫌われる場合があるのか、韓国人が嫌われる理由TOP10をその文化や風習から分析しました。

韓国人が嫌われる理由10:競争ばかりの社会

出典:https://rr.img.naver.jp/

 

韓国では、実は日本側から見た視点や意見をキチンと理解している人も多いのですが、超学歴社会で、しかも就職も限られた大企業か、それ以外といったように、キッチリと階層が別れているため、同世代同士で、「追い越せ、追い抜け」という強い競争力を求められます。

 

また、大企業の多くも同族企業で権力も一極集中で、非常に運営は機転が効いて、素早い社会に柔軟に対応する力がある反面、個人レベルでは必死にそれについていかないと、社会人として成り立たないという、極めて厳しい社会でもあります。

 

出典:https://onnasyakai.com/

 

同じ年齢なら、誰でも立場を越えて同一に思うところは少なく、序列を常に気にして敬語を使い分けるというのも、韓国独特の文化です。

 

そのため、競争より協調や周囲と歩調を合わせて同調していれば、一応暮らしていくには不便がない日本のことは、韓国人の中でも若い人の個人レベルでは、嫌いという感情を抱いている人も、日本の社会自体は大好きという方も多いわけです。

 

 

韓国人が嫌われる理由9:世代によって意識が違いすぎる

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/

 

韓国社会は、非常に上下関係が厳しい家族主義の社会が特徴です。目上の人は絶対で、年下思いというのが芸能人でも好まれます。兄弟でも兄や姉を尊敬し、父親や母親の両親が少々乱暴でも、子供が親の悪口を言うなどは、まずあり得ないのです。

 

この事から、上司や先輩などの世代から指示される立場の場合は、総じて世代間ギャップが生まれやすく、目上を自然と敬うというよりも、義務としてそうしていることから、違う世代同士の交流が、あまりありません。

 

出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

 

若者は高齢者に対しては、見守るというより、視界に入っていないような間隔で、これが韓国人の場合は、同世代の人が周辺にいないと孤立しやすいことになっています。日本では、なんとなく、言われなくとも周囲を見ながら、状況に合わせていったり、欧米の場合はあくまで個人は個人のすることと、周囲に干渉しないのが普通です。

 

これが、本国以外のところに行くと、同世代の団結力があまりに強く、浮いた存在に見えてしまう場合があるようです。

 

韓国人が嫌われる理由8:リスクを気にしない思い切りが良すぎる

出典:https://blog-imgs-105.fc2.com/

 

韓国人から見ると、日本のよくある物事への慎重な姿勢、所謂「石橋を叩いて渡る」ということわざのような気遣いは、「なんで、そんな無駄なことをするの?」という意識が強いようです。

 

例えば、韓国の世界的企業であるサムスン電子は、かつて自動車産業を始めた事がありますが、独善的な家族主義の同族経営であるために、無謀な経営を続けて会社が傾きかけた事があります。

 

出典:https://img.recordchina.co.jp/

 

諸外国の場合は、こうした経営失敗はメディアや国民から非難されるのですが、「失敗は失敗だ。」とアッサリ気持ちを切り替えて、事業の失敗は過去の事として、さっさと新しい事業を始めるということがよくあるのです。

 

日本人だと”反省”や”謝罪”から、責任者の辞任に至るケースもありますが、一度や二度の失敗があったとしても、果敢にやった方が立派という意識が韓国では強いのです。良く言えば結果重視で、終わり良ければ全て良しなのですが、経過はそれほど慎重にせずに、大胆なところが、他の国の人からはちょっと特殊に見えるようです。

 

 

韓国人が嫌われる理由7:他人の目を気にせず突っ走るところ

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す