セウォル号沈没事故

韓国船・セウォル号の現在と真実!沈没事故の生存者・遺族・船長・引き揚げなど情報を総まとめ

韓国の大型旅客船「セウォル号」が全羅南道珍島郡の観梅島沖海上で転覆、沈没する事故が2014年4月16日に発生し世間に衝撃を与えました。

 

この「セウォル号沈没事故」についての原因や死者・生存者、早々に逃げた船長の現在や引き揚げについてなど真実について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

「セウォル号沈没事故」とは

 

セウォル号は鹿児島~沖縄航路で「フェリーなみのうえ」として航行していた

セウォル号は1994年6月に長崎県で造船され、鹿児島の海運会社・マルエーフェリーの所有で「フェリーなみのうえ」として鹿児島~沖縄間を航行していました。

 

旅客船として船体の改造が行われ、「セウォル号」として2013年3月15日から仁川と済州を結ぶ航路を週2往復していました。

 

そして、その約1年後となる2014年4月16日に、済州島へ向かう全羅南道珍島郡の観梅島沖で「セウォル号」は転覆し、乗員乗客合わせて299人が死亡する最悪の事故が発生し、これは韓国で1993年10月に発生した「西海フェリー沈没事故」の292人の死亡者を上回る韓国史上最大の海難事故となりました。

 

 

 

「セウォル号沈没事故」の詳しい状況について

 

積載量オーバーではなく沈没したセウォル号

セウォル号は2014年4月16日午前8時58分頃に、韓国・仁川市の仁川港から済州島に向かう途中にある全羅南道珍島郡の観梅島沖の海上で転覆しました。

 

当時、セウォル号には修学旅行中だった京畿道安山市にある檀園高等学校2年生325人と引率教員14人の他に、一般人客108人、乗務員29人の計476人が乗船しており、150台も車両あまりが積載されていましたが、設計上は921人まで乗れることから半分程度の人数しか乗船していませんでした。

 

セウォル号が沈没した海域は27~50メートル程度の深さで暗礁も無かったことや、当時は風も穏やかで波も1メートル程度と立っておらず到底大型船が沈没するような自然条件ではありませんでした。

 

しかし、2014年4月16日午前8時52分頃に船が大きく右に舵を取り始め、その直後に「ドン!」という大きな音を聞いたことを男子高校生が証言し、乗組員が「船体の前部に大きな衝撃を受けた」と証言しており、船体が90度に傾くと水が浸水し始めました。

 

そしてセウォル号は沈没をし始めますが、その沈没事故初日の経緯についてまとめると以下の通りになります。

 

8時52分頃…乗客の少年が初めて消防に事故が起きたことを通報する。
8時54分頃…消防から海洋警察に通報が転送される。
8時55分頃…セウォル号が遭難信号を発信し珍島の管制センターに伝達される。
8時55分頃…セウォル号が済州島の海上交通管制センターに海洋警察に連絡を取るように要請し、56分に海上交通管制センターがセウォル号の位置を把握する。同時に乗客に救命胴衣を着けさせて避難準備に入る。
8時58分頃…セウォル号の遭難信号を海洋警察が受信。
9時17分頃…セウォル号が海上交通管制センターに救助を要請する。
9時24分頃…海上交通管制センターがセウォル号に乗客の船外避難の最終決断を促すように伝える。
10時10分頃…セウォル号が船内放送で「沈没が差し迫っているため乗客は海に飛び降りろ」と避難を促す。
10時17分頃…セウォル号が船首底部を残して沈没し、スマートフォンに発信されていた緊急メッセージが途絶える。
11時過ぎ頃…京畿道教育庁が壇園高校の生徒全員を救助したというメールを保護者に一斉に送信するも、同日午後になって安全行政部と海上警察が正式な行方不明者を発表。
11時24分頃…海軍の海難救助部隊や大韓民国海軍特殊戦旅団、陸軍特戦司令部の潜水要員などを投入して大規模救助作業を開始。
午後…海軍駆逐艦「大祚栄」の乗組員が作業中の事故で死亡。

 

翌4月17日以降も救助作業が続けられましたが、悪天候に見舞われる中無人ロボットでの探索や、クレーン船を使っての作業は船のバランスを壊して船内に水が浸入し沈没が加速する可能性があったため難航していました。

 

19日には作業中の海軍兵士が事故に遭い、救助要因として二人目の死亡者を出してしまいました。

 

 

「セウォル号沈没事故」での死者・生存者と船長について

 

船長と乗組員が先に逃げたため被害が拡大した

20日からは死亡者の発表がされていきましたが、6月24日までの間に293名の死亡者が確認され、残りの11人の行方不明者の捜索が続けられましたが、最終的に304名の死亡者と9人の行方不明者で捜索は打ち切られており、292名の死亡者を出した「西海フェリー沈没事故」を上回る韓国史上過去最悪の海難事故となりました。

 

なお、304名の死亡者の内295名は修学旅行中の高校生だったと言われています。

 

事故発生後に乗客に船内放送で船内に留まることを促し、先に逃げたイ船長は本来の47歳の船長の代わりを務めた非正規雇用の社員で経験が十分ではなく、操舵手の女性も新人でこの航路を操舵するのは初めてだったという驚きの事実も明らかとなりました。

 

「朝鮮日報」が報じたところによれば、生存者の証言でイ船長をはじめとする乗組員から何の避難指示もされなかったということです。

 

乗組員の証言でイ船長は事故直前に船長室でゲームをしていたと言われていますが、本人は携帯でメッセージを見ていただけだと反論しています。

 

日本を始め先進国にしてみればこの韓国での「セウォル号沈没事故」の発生から事故処理まで信じられないことばかりですが、修学旅行中の高校生がほぼ全員死亡してしまった直接的な原因は船内に留まるようにアナウンスして先に逃げた運行会社のイ船長や乗組員の行動でしょう。

 

 

 

「セウォル号」が沈没した原因

 

セウォル号の沈没理由は解明されていない

「セウォル号船体調査委員会」が救助作業が打ち切られて以降沈没原因の調査が続けられてきましたが、2018年8月6日に結論を出さないまま打ち切られました。

 

セウォル号の沈没理由について韓国の各機関で議論が続けられてきましたが、最初に仮設を立てたのは検察でした。

 

最初に沈没原因に対する公式結論を下したのは検察だ。最高検察庁は2014年10月、セウォル号が無理な構造変更と過剰積載により復原性が弱まった状態で、操舵の未熟により船が片側に傾き、きちんと固定されていない貨物が片寄って沈没したと明らかにした。だが、光州(クァンジュ)高裁は2015年4月、操舵の未熟ではなく機関の故障でセウォル号が沈没した可能性を提起した。また、船体を引き揚げてこそ正確な事故原因が把握できると付け加えた。

 

引用:HANKYOREH – セウォル号沈没原因、明らかにできぬまま“二つの結論”

 

2015年3月には「4・16セウォル号惨事特別調査委員会」が発足して調査を進めていましたが、当時の朴槿恵政権にとって事故の解明は都合の悪いことだったため圧力をかけられて妨害され、2016年9月30日に解散に追い込まれました。

 

そして「セウォル号船体調査委員会」が調査を引き継いで、セウォル号が引き上げられた2017年3月28日から調査をスタートさせましたが、1年4ヶ月あまりで信ぴょう性のある結論を出さないまま解散してしまいました。

 

とはいえ、「セウォル号船体調査委員会」は内因説と外因説の両側面から調査をしており、内因説についてはセウォル号は「出航してはならない状態だった」としています。

 

船体調査委がこの日出した内因説と“カ”説は、船の“復原性”を意味する“GoM値”に対する判断で交錯した。船の重心(G)と浮力の中心がずれて船が傾いた時、再び本来の状態に戻そうとする性質を復原性と呼ぶが、GoM値はこれを数値化したものだ。一般的にGoM値が高いほど安全で、低いほど危険と見る。内因説は、セウォル号の出港当時と事故時のGoM値を0.406mと0.306mと見た。それだけ船の復原性が良くない状態だったとの判断だ。内因説を支持するキム・チョルスン船体調査委員は、この日の記者懇談会で「セウォル号は当初から出港してはならない危険な船」だったと話した。

 

引用:HANKYOREH – セウォル号沈没原因、明らかにできぬまま“二つの結論”

 

この内因説が有力だとされており、沈没時のセウォル号のGoM値からすると航行に支障が出るレベルで危険な状態であり、ソレノイドバルブと呼ばれる船後方の方向舵を調整するための機関が故障してしまい操舵不可能な状態にあったと見ています。

 

セウォル号の沈没直前の2014年4月16日午前8時48分57秒にソレノイドバルブが故障したと分析した。機関の故障が、当時操舵手が5度だけ操舵機を回したのに、方向舵が右に曲がり続ける現象が発生した原因であるわけだ。そのためにこの日午前8時49分13秒から8時49分39秒までの約26秒間に船の進行方向が34度急旋回し、結局セウォル号が左に20度近く傾いたと明らかにした。船が傾くと、きちんと固定されていなかった貨物が片寄り、セウォル号は急激に傾き、すぐに沈没したという結論だ。

 

引用:HANKYOREH – セウォル号沈没原因、明らかにできぬまま“二つの結論”

 

まとめると、セウォル号が出航時にGoM値がすでに危険な値にあり、それが原因で船体の傾きを戻す復原性が弱く、過剰な負荷がソレノイドバルブにかかったことで故障し、それに気づかずに操舵手が右に5度操舵機を回してしまったことから戻る力を失い右に回り続けてしまってセウォル号が急速に傾いてしまったようです。

 

 

 

「セウォル号」が沈没した外部的な原因

 

セウォル号の内因的な理由では全てを説明できない

前述したようなセウォル号のGoM値の低さやソレノイドバルブの故障などでは急速に傾いたことの原因としては100%説明がつかないということで外因説も合わさっていた可能性が指摘されています。

 

“カ”説は、ソレノイドバルブの故障自体については同意したが、これによって全舵(方向舵が押そうとした側に最大値に回ること)が発生して、船が急旋回したことに対する検証が不十分と見た。また、セウォル号に積まれていた車両のブラックボックス映像などの分析で、惨事当日午前8時49分頃「キイッ」という騒音と共に1秒間に3度以上の速度で船が急激に右側に旋回する現象に注目した。こうした現象は、オランダの海洋研究所「マリン」に依頼して実際の船の模型を作り実験した数百回の過程でも確認できない急激な変化だったと判断した。結局、機械欠陥、復原性不足などでは沈没過程を100%説明できないので、外力など他の要因も考慮しなければならないという立場だ。

 

引用:HANKYOREH – セウォル号沈没原因、明らかにできぬまま“二つの結論”

 

セウォル号の復原性を決定づけるバラストタンクと呼ばれる水のタンクの4番と5番について、内因説では出航時から95%しか水が入っておらず危険な状態にあったためGoM値が低くなっていたと見るのに対し、外因説では水は満タン状態だったためGoM値は危険というレベルには無かったため、外部から加わった力でセウォル号が急速に傾いたと仮設を立てていました。

 

しかし、注目された海軍の潜水艦も当時はセウォル号の100海里以内には接近していなかった事実が証明されおり、外因説を立証するには材料が無いものの「セウォル号船体調査委員会」のクォン・ヨンビン船体調査委第1小委員長は「外的要因が見つからないからと言って外因説を否定する理由にはならない」とし、「セウォル号の船内で外部からの力だと思われる大きな破損を見つけた」と発表しました。

 

これに対して内因説を主張していたキム・チョルスン船体調査委員は、「セウォル号の外壁に目立った破損が無いのに、内部の破損だけで外部からの力を疑うのは非常識だ」と反論しており、結局現在までに結論は決定づけられていないようです。

 

 

「セウォル号」の引き揚げに3年かかった原因

 

セウォル号の引き揚げ自体は沈没事故直後から動いていた

「セウォル号沈没事故」が起きた2014年4月16日に海洋警察は「乗客全員の生死の確認が取れるまでは船の引き揚げはしない」と発表しましたが、朴槿恵政権はそれを無視して翌日から海洋警察に引き揚げ計画書を作成するように指示し実行に取り掛からせました。

 

政府が引き揚げを急いだのは、セウォル号乗客らの救助に失敗し、悪化した世論に対応するためとみられる部分もある。2014年4月25日付の文書では、「引き揚げ計画・日程計画など先制対応を通じて、捜索・救助から引き揚げへ局面転換の過程において、提起されうる非難世論の防止」と書かれている。

 

引用:ハフィントンポスト – セウォル号引き揚げ、なぜ3年もかかったのか 技術的な失敗、そして韓国政府の混乱と迷走

 

朴槿恵政権は救助活動から船体引き揚げに移行する際に、予想される遺族や世間からの批難の声に対応するために先手を打ったようですが、セウォル号は韓国で最大規模の旅客船であり、船内に残されているであろう行方不明者の遺体を損傷させないために解体せずに引き揚げるという条件から、引き揚げまでに3年も要することになってしまいます。

 

セウォル号の引き揚げに3年もかかった主な理由は以下の通りです。

 

セウォル号は、韓国の旅客船の中でも最大規模の6825トン級の船だ。その巨大な船は水深44メートルの海に完全に沈んだ。流れが速いことで有名な「メンゴル水道」の海の下だ。
(中略)
セウォル号は堆積物を含めて1万トンを超えると推定される。長さ145メートルの超大型船舶だ。この規模の船舶を解体せずにタンデムリフティング方式で丸ごと引き揚げるのは前例がない。

 

引用:ハフィントンポスト – セウォル号引き揚げ、なぜ3年もかかったのか 技術的な失敗、そして韓国政府の混乱と迷走

 

また、こうした技術的な難しさに加えて、遺族は「船体引き揚げよりも行方不明者を全員先に捜索すべき」と一貫した声を挙げており、民意を得るために韓国野党の「新政治民主連合」も同調して声を挙げました。

 

 

「セウォル号沈没事故」は朴槿恵に都合が悪かった?

 

朴槿恵政権はセウォル号の真実解明を妨害しようとした

「セウォル号沈没事故」の翌日に現場を電撃訪問した当時の大統領・朴槿恵ですが、これ以降政府は事故の究明を妨害し始めることになります。

 

朴槿恵はセウォル号の真相究明を阻止するべく、「セウォル号特別調査委員会」の設置において遺族やその関係者の声は排除して韓国政府に都合の良いように操作し、メディア戦略を使って遺族間で分裂が起きるように仕向けていたことが分かりました。

 

朴槿恵大統領(当時)側近のキム・ジンテ議員(現・自由韓国党)が「子供たちは、(遺族の)胸に埋めるのです」とセウォル号を引き揚げないよう主張した。一部の「保守団体」が、セウォル号引き揚げ反対のデモをした。

 

韓国政府は、技術検討結果が発表されるまで、引き揚げの是非について沈黙を貫いたが、2015年4月8日、「セウォル号の引き揚げ費用」を発表した。セウォル号引き揚げに否定的な世論を形成しようとしていたのではないかと疑われた。

 

この疑惑は、朴槿恵氏を巡る様々なスキャンダルが吹き出した2016年の末になって、一部ではあるが、その真実が明らかになった。

 

青瓦台はセウォル号事故の真相究明を妨害し、遺族を隔離する「メディア戦略」を策定。「穏健な」遺族と「強硬な」遺族を分離して対応するよう注文していた。イ・ジョンヒョン青瓦台広報首席秘書官(当時)はKBSの報道局長に電話をかけ、報道に介入した。

 

引用:ハフィントンポスト – セウォル号引き揚げ、なぜ3年もかかったのか 技術的な失敗、そして韓国政府の混乱と迷走

 

ここまで朴槿恵がセウォル号の真相究明を恐れた背景には、2016年頃から明るみになる収賄スキャンダルが絡んでいたと言われています。

 

 

 

「セウォル号沈没事故」直後の朴槿恵”空白の7時間”が話題

 

朴槿恵はセウォル号沈没直後にヘアスタイリングをしていた

朴槿恵が「セウォル号沈没事故」発生から最後の指示を出した午前10時過ぎから対策本部に姿を現した午後5時過ぎまでの”空白の7時間”がありましたが、その間ヘアスタイリングをしていたことが分かりました。

 

「青瓦台は大統領のヘアメイクや化粧のために、総務秘書官室所属で2人を契約職で採用している。4月16日の出入記録によると、(彼らは)午後3時20分ごろから1時間ほど、青瓦台に滞在したと確認され、当事者に確認した結果、ヘアスタイルを整えるのにかかった時間は20分だ。大統領は15時に中央災難安全対策本部を訪問する指示を出し、警護が出動準備をする間、書面報告を受けてヘアスタイルを整えていた」

「セウォル号事故当日の大統領の業務に関連して、男性との密会説、巫女を呼んで祈禱していた説、整形手術説など、根拠のない疑惑として浮上した。今度は1時間半ヘアスタイルを整えていたという、とんでもない疑惑まで提起された」

 

引用:ハフィントンポスト – 朴槿恵大統領、セウォル号沈没直後にヘアスタイル90分? 「空白の7時間」一部明らかに

 

朴槿恵はヘアスタイリングを整えた後、青瓦台(大統領府)の「陰の実力者」と言われ収賄容疑でともに逮捕された崔順実(チェ・スンシル)と会議を行い、その後対策本部に顔を出したと言われています。

 

しかし、国の一大事件が起きている最中でこれだけのことに7時間も費やしていたことから、韓国では”空白の7時間”と呼ばれて様々な憶測を呼び、国民に対する態度について韓国政府を見直すきっかけになったと言われています。

 

朴槿恵は事故の責任を追求する名目で脱税や横領の容疑で逃亡中だったセウォル号の運航会社会長の兪炳彦(ユ・ビョンオン)に賞金5億ウォン(約4970万円)をかけて捜索しましたが、変死体で見つかったことも「死人に口無し」で政府に殺害されたと見られています。

 

兪炳彦は「逮捕できるものなら逮捕してみろ」と強気の発言をしていたようで、逮捕されれば朴槿恵が関わった収賄スキャンダルを洗いざらい話すつもりでいたようです。

 

◆兪炳彦前会長は、政界ばかりでなく官界、検察、司法とも癒着、
(中略)
 朴槿恵大統領とは、政治資金面のみならず、2012年12月19日に投開票の大統領選挙では、キリスト教福音浸礼会=通称:救援派の最高指導者として信者50万人を動かし、朴槿恵候補を当選に導くのに貢献している。


◆問題は、「セウォル号」が3階の「船員室」に載せていた「重い物」=「金塊(50トン)」の所有者が一体だれであり、済州島からその先どこに向けて運ぼうとしていたのかということである。金(キン)1グラム=3500円で売却しても、1750億円となる。

 

引用:板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 – 朴槿恵大統領は、「逮捕できるものなら逮捕してみよ」オカルト兪炳彦前会長から脅され、政権崩壊の危機

 

朴槿恵と崔順実がセウォル号沈没事故について真相究明が進むと、上記のセウォル号に積まれた金塊50トンの理由などから自身らの収賄スキャンダルなどへ発展することを恐れて全力で隠蔽工作をしていたようです。

 

韓国のネチズン(ネットユーザー)はこの朴槿恵と崔順実の事故後の対応について、様々な批判の声を挙げていました。

 

ついに明らかになった「空白の7時間」について、ネット上には大量のコメントが寄せられている。「ある程度予想はしてたけど、とんでもない」「悪魔」「どれだけ無能なの?一生刑務所で過ごして」など朴前大統領に対し大ブーイングが起こっている。 

崔被告に対しても「つまりセウォル号沈没事故も裏で崔順実が動いていたのか…。許せない」「(韓国国民は選挙で)朴槿恵じゃなく崔順実を選んだってことか」「第18代大統領、崔順実」とのコメントも。中には「結局はその時間に寝てたってこと」など、あきれた様子の声も多く見られた。

 

引用:レコードチャイナ – 韓国のセウォル号惨事、朴槿恵前大統領の「空白の7時間」がついに明らかに=「予想はしてたけど…」とネットは大荒れ

 

 

 

 

 

「セウォル号沈没事故」遺族に各2000万円の慰謝料

 

2018年7月19日に裁判に決着がついた

「セウォル号沈没事故」の被害者遺族が政府や運行会社に慰謝料を求めた裁判が2018年7月19日にソウル中央地裁で行われ、ひとりあたり2億ウォン(約2000万円)の支払いを命じる判決が降りました。

 

地裁は「清海鎮海運(セウォル号の運航会社)と国の過失で事故が発生したため、損害賠償責任を認める」と説明。具体的に「清海鎮海運は過積載と固縛不備の状態でセウォル号を出港させ、船員は乗客に船内待機を指示しながら自分たちだけ先に脱出した」と指摘。救助の指揮を執った木浦の海洋警備当局の艇長については「乗客の脱出措置をしっかり取らず、国民の生命と安全を保護する義務を果たせなかった」との判断を示した。

 また地裁は「犠牲者は具体的な状況を知り得ないまま船内で救助を待ち、死亡に至った」としながら、その間の恐怖と苦しみをおもんぱかった。遺族が精神的なショックから現在も心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでいることにも言及した。

 

引用:ライブドアニュース – セウォル号沈没を巡る裁判 犠牲者1人に約2千万円の慰謝料が決定

 

なお、若くして命を絶たれた高校生の被害者遺族には、韓国政府から賠償機として平均4億2000万ウォン(約4200万円)と5000万ウォン(約500万円)の慰労支援金が支給されています。

 

 

 

「セウォル号沈没事故」の真実と現在について

 

「セウォル号沈没事故」は教訓にされた?

「セウォル号沈没事故」から4年あまりが経った2018年12月24日に済州島付近の海上で再び旅客船事故が発生しましたが、乗客195人と船員4人の計199人は一人の死者も出さずに救出されました。

 

この海難事故では「セウォル号沈没事故」を教訓とするかのように、コ船長は乗客らを先に別の船に乗せて自身は船に残って最後まで現場指揮に残ったようで、海洋警察の迅速な救出とパニックを起こさなかった乗客らの冷静な行動もあり沈む可能性のある船から全員無事に脱出できたようです。

 

一部乗客の間では、(2014年4月に起きた)セウォル号事件と正反対の現場の状況を見て「クリスマスイブの奇跡を作り出した」という声も出ているという。座礁したブルーレイ1号のコ・スンホ船長は事故直後、船員らと共に乗客らを代替船に乗せた後、座礁した船に残ったという。後から行われる曳航(えいこう)作業と、原因調査などに携わるためだった。

 

セウォル号事件は、船長が船を捨て誰よりも早く脱出したことが大惨事になった原因の一つと言われている。ブルーレイ1号のコ船長は、事故直後から「加波島海域で座礁した」と救助を要請したのち、現場を指揮した。コ船長は「船に水がたまってきているという報告を聞き、乗客らを近くの船に移動させた。乗客が下船を手伝うほど落ち着いていたことも、事故被害を抑えられた要因だろう」と話したという。

 

引用:レコードチャイナ – 韓国で旅客船事故、「セウォル号と正反対」の対応で199人全員無事救出

 

間違いなくコ船長を始め乗組員は事故発生直後に「セウォル号沈没事故」を思い出したと思いますが、我先にと乗客に船内に残るように指示して逃げたセウォル号のイ船長を反面教師として行動したと思います。

 

「セウォル号沈没事故」は韓国史上で最悪の海難事故でしたが、その後の同じような事故ではこれからも教訓とされていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

「セウォル号沈没事故」について総まとめすると・・・

2014年4月16日に韓国で発生した「セウォル号沈没事故」の原因や事故後の処理について詳しく総まとめしてきました。

 

・「セウォル号沈没事故」はずさんな運行会社と船長らにより引き起こされた

・「セウォル号沈没事故」で朴槿恵は自身のスキャンダルに繋がるのを恐れた

 

朴槿恵は結局2016年以降に発覚したサムスングループなど大手企業との収賄スキャンダルで失脚して逮捕、現在は収監中ですが、韓国という国にとっては膿がひとつ洗い出されたきっかけになる事件だったのかもしれませんね。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

朴槿恵

朴槿恵(パククネ)の若い頃がかわいい!結婚せず独身・唯一の彼氏「崔氏」も紹介

文在寅

文在寅(ムン・ジェイン)はぼっち?海外の反応・暗殺の可能性まとめ

文在寅

韓国大統領・文在寅の娘が海外逃亡?嫁や子供など家族にまつわる疑惑まとめ

大韓空港ナッツリターン事件

ナッツ姫の現在!父と母や妹・旦那や子供・大韓空港リターン事件も総まとめ

朴槿恵

朴槿恵(パククネ)の家族!父や母の暗殺事件・妹の親日エピソード【韓国元大統領】

文在寅

韓国大統領・文在寅の親日精算とは?反日の背景や日本への影響まとめ

レーダー照射問題

韓国レーダー照射の場所や真相!海外の反応・韓国の反応・日本の反応も総まとめ

ファンハナとJYJジェジュンとの関係は?アイドルキラーの噂の真相も総まとめ【ミルク姫】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ナナ

AFTERSCHOOLナナの熱愛彼氏や性格&好きなタイプまとめ!ホンジョンヒョンやキムスヒョンとの関係は?

EXIDのメンバー人気順TOP5最新版!脱退メンバーと現在も解説

BoA

BoAの顔の整形を昔と現在の画像で検証!時系列で徹底比較【最新版】

ハンヒョジュは弟の自殺事件で女優生命の危機!事件その後も詳しく紹介

Highlightメンバーの整形を昔の顔画像で検証!ドゥジュン・ジュンヒョン・ヨソプ・ギグァン・ドンウン

パクヘジンの現在!彼女や結婚~身長や性格&兵役不正疑惑など総まとめ

美元の顔の整形を昔と現在の画像で比較検証!整形理由も告白【高嶋政伸の元妻】

韓国TAHITI(タヒチ)のメンバー人気順TOP5!解散理由や現在まで総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

美元と高嶋政伸の離婚原因3つ!子供情報など結婚から現在まで総まとめ

韓国歌手・K(ケイ)の人気曲ランキングTOP15【YouTube動画付き】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す