大韓空港ナッツリターン事件

ナッツ姫の現在!父と母や妹・旦那や子供・大韓空港リターン事件も総まとめ

はじめに

大韓航空の元副社長・ナッツ姫こと趙顕娥(チョ・ヒョナ)が起こした事件は日本でも大きく取り上げられましたが、ナッツ姫一族の現在も話題です。

 

今回は事件詳細、ナッツ姫の人物像、父母や妹・旦那や子供情報、現在を紹介します。

ナッツ姫が起こした「大韓空港ナッツリターン事件」とは 

 

離陸直前の航空機をナッツを理由に戻した珍事件

 

「大韓空港ナッツリターン事件」と呼ばれる珍事件が起きたのは、2014年12月5日でした。

 

現場となったのは大韓航空86便機内で、当時ジョン・F・ケネディ国際空港で離陸のために滑走路に向かい始めた最中に起こりました。

 

ファーストクラスに乗っていた当時大韓航空副社長だった趙顕娥(チョ・ヒョナ)が、CA(キャビンアテンダント)に出されたナッツが袋入りだったことに激昂。

 

機内サービス責任者であるチーフパーサーを呼びつけて叱責し、機内から降ろすために機長に命令して搭乗ゲートまで機体を戻させました。

 

機体や機内のトラブルで搭乗ゲートに戻ることを「ランプリターン」と言いますが、ナッツを理由に戻らせたことで「ナッツリターン」とメディアに揶揄されるようになりました。

 

そして、この事件を皮切りに創業者一族の傲慢な体質が明らかにされ、数々の犯罪が芋づる式に暴かれて行きました。

 

 

ナッツ姫が起こしたトラブルの詳細

 

ナッツの提供の仕方が悪いと激昂したナッツ姫

 

CAが袋のままマカダミアナッツをチョ・ヒョナに提供したため、「機内サービスがなっていない!」とチョ・ヒョナは大声で叫び激昂しました。

 

CAは機内マニュアルにある「ナッツアレルギーを持っている乗客へ配慮した行動」に沿ってナッツを渡したと説明。

 

しかし、チョ・ヒョナの怒りはさらにエスカレートし「マニュアルを見せろ!」と怒鳴りつけました。

 

そのチョ・ヒョナの叫び声は、ファーストクラスの後方にあるエコノミークラスにまで届いていたようで、その声を聞きつけたチーフパーサーが駆けつけて事情を聞くことになりました。

 

しかし、CAの代わりにタブレット端末で機内マニュアルを見せようとしましたが、ログインパスワードが分からず見せることができませんでした。

 

そうした不手際にチョ・ヒョナの怒りは頂点に達し、チーフパーサーに対して「飛行機から降りろ!」と絶叫しました。

 

 

ナッツ姫の指摘は間違いではなかった

ナッツ姫の間違いの指摘自体は合っていた

 

チョ・ヒョナはCAがナッツをお皿に盛って提供しなかったことに激怒しましたが、大韓航空の機内マニュアルはどうなっていたのでしょうか。

 

マニュアルによれば、CAはナッツアレルギーを持っている乗客を考慮し、まず袋のままでナッツを乗客に見せ、欲しいのであればナッツを専用の紙に盛って提供することになっていました。

 

チョ・ヒョナの主張は実は間違いではありませんでしたが、かと言ってナッツ程度のことで多くの乗客に迷惑をかける行為をしたチョ・ヒョナにどこにも正当性は無いでしょう。

 

 

ナッツ姫の命令で機長は搭乗ゲートに機体を戻した

副社長という権力を濫用したナッツ姫

 

チョ・ヒョナは滑走路に向けて動き出していた機体を搭乗ゲートに戻すように機長に命令しましたが、機長は初め、戻ることはできないと拒否していました。

 

しかし、チョ・ヒョナは副社長命令だとして「関係ない、止めろ!」と激怒し、機長はチョ・ヒョナが怒っている原因が分からないまま、ただならぬ形相に命令に従うしかありませんでした。

 

機長は機体が搭乗ゲートから17メートルほど進んだところで一度停止させ、3分2秒後に搭乗ゲートに戻しましたが、管制塔に状況を伝えていた時間だと思われます。

 

このチョ・ヒョナの「ナッツ・リターン事件」を皮切りに、創業一族の不正が次々と暴かれていくことになりました。

 

 

ナッツ姫の人物像とは

元同級生からの評判は悪くなかったナッツ姫

 

チョ・ヒョナが通っていたコーネル大学ホテル経営学部の元同級生によれば、チョ・ヒョナは「目的意識が明確でリーダーシップがあり、自分の意見をはっきり言える人間」だったそう。

 

また、チョ・ヒョナは財閥令嬢にも関わらず大学時代は質素な生活をしていたようで、事件で言われているような傲慢さは無かったと言われています。

 

 

同大学は富裕層が多く、親に一軒家を買ってもらったり、家賃が月2000ドルの部屋に住む学生がいる中、平均的な家賃のアパートを3人でシェア、目立ったブランド品も買うことなく堅実な生活ぶりだったという。また彼女は、裕福だからといって自分より下の人を見下す人ではなく、プライドを持って仕事をしており、後述の事件について彼女を怒らせるよほどのことがあったのではないかと述べている。

 

引用:Wikipedia – 趙顕娥

 

どこでチョ・ヒョナが傲慢な体質になっていったのかは分かりませんが、大韓航空に就職して一族の権力によりスピード出世をする中で培われていったものでしょう。

 

その元凶とも言えるチョ・ヒョナの父親で当時会長の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)と、母親の李明姫(イ・ミョンヒ)はとんでもない人物でした。

 

 

ナッツ姫の家族① 父親・趙亮鎬(チョ・ヤンホ)

不正に不正を重ねていた韓進グループ会長のチョ・ヤンホ

 

チョ・ヤンホの父親、つまりナッツ姫の祖父は、韓国の大財閥・韓進グループの創業者である趙重勲(チョ・ジュンフン)です。

 

チョ・ヤンホは父親の後を継いで大韓航空社長、韓進グループ副会長、大韓航空会長などを経て2003年に韓進グループ会長となりました。

 

また、2014年~2016年まで平昌冬季五輪の大会組織委員長を務めるなど、韓国国内で多大な影響力を持った人物でした。

 

 

しかし、チョ・ヤンホは2018年5月31日に脱税や横領の容疑で逮捕され、ソウル南部地検に大韓航空の本社などを家宅捜索されて公判中の身となっていました。

 

詳しくは後述しますが、チョ・ヤンホは刑の確定を待たずして、2019年4月7日に滞在先のアメリカ・ロサンゼルスの病院で死去しました。享年70歳でした。

 

 

ナッツ姫の家族② 母親・李明姫(イ・ミョンヒ)

ナッツ姫は母・イ・ミョンヒのヒステリーを受け継いでいた

 

韓進グループ会長だったチョ・ヤンホの妻であるイ・ミョンヒもまた、運転手や工事作業員らへの暴言や暴行をした容疑で警察から事情聴取をされていました。

 

2018年5月6日、イ・ミョンヒは暴行と業務妨害の疑いで警察に立件されたことが明らかになりました。

 

 

動画が撮影されたのは、グループ内のホテル建設現場だとされる。李氏とみられる女性は、女性スタッフの腕をつかんで引きずり回し、さらには逃げる彼女を追い掛けようとするのを男性作業員が必死にとどめた。すると怒りが収まらないのか、揚げ句の果てには作業員が持つ大量の書類を床にぶちまけた。

 

引用:Yahoo!ニュース – 「ブチ切れ大暴れ動画」の母も立件…ナッツ姫一家と日韓政治の闇

 

警察はイ・ミョンヒに対して逮捕状を請求していましたが、ソウル中央地裁が本人から直接事情聴取をした結果、逮捕状は棄却されたためこの件について逮捕はされていません。

 

しかし、詳しくは後述しますが、娘のチョ・ヒョナと共に密輸容疑で逮捕されて2019年現在に判決結果が出ています。

 

 

ナッツ姫の家族③ 妹(次女)・趙顕旼(チョヒョンミン)

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す