エベンキ族は韓国人のルーツ?現在の生活・顔の特徴・韓国の反応まとめ【画像/動画あり】

はじめに

ロシアや中国・モンゴルなどに住むエベンキ族ですが、韓国人のルーツ説や現在の暮らしぶりが話題です。

 

今回はエベンキ族と朝鮮半島の歴史、顔や文化の特徴など韓国人との共通点、韓国の反応、エベンキ族の現在をお届けします。

エベンキ族とは

 

出典:https://w.atwiki.jp/

 

「エベンキ族」とはツングース系民族の一つで、主にロシア・シベリアのクラスノヤルスク地方にある旧エヴェンキ自治管区地域や、中国、モンゴルに住む民族です。

 

「エベンキ」とは「森に住む人」の意味で、森林での狩猟やトナカイの遊牧を生業としていました。


肉や内臓を食用にしたり、皮革を採取したりするために鹿類やテンなどの動物を狩り、また食用の他にも狩猟のための騎乗や荷物運搬のためにトナカイを飼育して生活をしていました。

 

住居はシラカバの木の幹を組み、冬はトナカイの毛皮、夏は樹皮で外側を覆った円錐形の天幕式住居が古来よりの伝統的な住居とされています。

 

元々はトナカイと共に移動を繰り返す遊牧民でしたが、近年は定住化が進んでおり、ロシアや中国の住居と同様のものが現在のエベンキ族の住居になっています。

 

そんなロマンのあるエベンキ族ですが、近年このエベンキ族が韓国人のルーツという説が話題となり、広く注目されるようになりました。

 

ここでは、DNA解析や歴史の情報をもとに、エベンキ族が韓国人のルーツかどうかをまとめていきます。


エベンキ族と朝鮮の歴史、似ていると言われるエベンキ族と韓国人の顔の特徴、エベンキ族がルーツという説に対する韓国の反応、エベンキ族の現在の生活についてもお届けします。

 

 

エベンキ族の歴史

 

出典:https://pixabay.com/

 

かつてエベンキ族は、現在のロシア・シベリアの全域やアムール川流域に分布していたとされています。

 

紀元前2千年前頃からシベリア〜中国の広大な土地で生活し、森林を拠点に狩猟、漁猟、トナカイの遊牧などの多様な生業で独自の生活文化を確立してきました。


森林を移動しながら他民族との交流を持ち、移動した土地の歴史や文化にも影響を与えてきたと言われてます。

 

自由な民族ではあったものの、次第に国家の支配下に置かれるようになり、17世紀〜20世紀初めまでは清朝の支配下に置かれました。


強制的に現在の中国の土地へ移住させられ、当時の清朝の軍事・社会組織「八旗(はっき)」に組み込まれ、牛や馬などの家畜・牧畜業に従事しながら、数々の戦にも出陣していました。

 

戦による侵攻、そして猟場や遊牧地などの土地を得るためにロシア・シベリアからモンゴル、中国へと南下して生活していたエベンキ族。

 

当時、朝鮮半島のほとんどは中国の領土でした。日本でも有名な「白村江の戦い」にも参戦していたエベンキ族は、戦に勝利して朝鮮半島の地でも子孫を残すように


それが近年、韓国人のルーツがエベンキ族であると言われるようになった理由の1つとされています。

 

実際、エベンキ族と韓国人の写真を比較すると、顔の特徴がよく似通っており、歴史的な文化の部分でも共通点があることが判明しています。


次からは、韓国人のルーツがエベンキ族というのは本当なのか、顔の特徴やDNAの情報について見ていきましょう。

 

 

エベンキ族が韓国人のルーツ説の根拠① 顔の特徴

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

現在、日本でもネット上でエベンキ族が韓国人のルーツだったという説が拡散されて話題になっています。

 

個人ブログから大型掲示板、情報メディアまで、こぞってエベンキ族と韓国人の関係について触れていますが、実際にエベンキ族は韓国人のルーツなのでしょうか。

 

顔が似ていると言われるエベンキ族と韓国人。ここでは、エベンキ族と韓国人の顔の特徴について詳しくお届けします。

 

エベンキ族の顔の特徴は、まず切れ長の細い目です。韓国人も顔の特徴の1つに切れ長の目が挙げられ、この典型的な特徴が共通点です。

 

また、エベンキ族はシベリアなどの極寒の地で硬い食べ物を食べていたことから、頬と顎が発達し、エラが張った顔立ちをしています。

 

これも一部ではあるものの、韓国人の顔の特徴と一致すると言えるでしょう。

 

さらに、エベンキ族は極寒の地で暮らすのに適した顔立ちであり、鼻と鼻の穴が小さいのが特徴です。寒い土地に適応すべく、顔のパーツが長い年月をかけて変化したと言われています。

 

では実際に、エベンキ族と韓国人の顔の特徴を写真で比較していきましょう。

 

上の写真がエベンキ族の男性、下の写真が韓国人の男性です。

 

 

出典:https://japaneseclass.jp/

エベンキ族

 

 

出典:https://www.koreaboo.com/

韓国人

 

近年、韓国は美容大国の1つに数えられるように、男性であっても美しさが魅力の1つとされています。

 

そのため、上記に挙げた特徴を持たない韓国人男性も増えていますが、それでもエベンキ族に似た特徴を持つ韓国人は多くいます。

 

韓流ドラマやK-POPアイドルを見ているだけではあまりこういった特徴の韓国人は見かけませんが、韓国の地を歩けばこの系統の顔の韓国人とすれ違うことは多々あるでしょう。

 

これら顔の特徴が一致することで、韓国人にはエベンキ族をルーツに持つ人々がいるという説は一理あるのではないでしょうか。

 

 

エベンキ族が韓国人のルーツ説の根拠② 文化の特徴

 

出典:https://japaneseclass.jp/

 

エベンキ族と韓国人の共通点について調査すると、顔の特徴以外にも文化的な共通点があることが判明しました。

 

エベンキと韓国のトーテムポール

 

出典:https://ameblo.jp/

 

かつて朝鮮半島では、病気や厄災から村を守るために魔除けとして、鳥を象った神竿のソッテ、チャンスンと呼ばれる木製標(トーテムポール)を村落の入口に設置していました。

 

これはエベンキ族の風習にも見られる文化で、韓国と似た形状のトーテムポールが建てられているエベンキ族の資料があります。


これらの共通風習から、エベンキ族と韓国人は同じ民族であるという根拠になっています。

 

 

エベンキ族が韓国人のルーツ説はDNA解析で否定されている

DNAから見るエベンキ族と韓国人

 

出典:https://pixabay.com/

 

かつて南下してきたエベンキ族の歴史を見るに、朝鮮半島にエベンキ族が辿り着いたことで血の交雑が起こった結果、現在の韓国人にエベンキ族の遺伝子が受け継がれていると考えられます。

 

顔の特徴や文化的共通点を見ると、確かにエベンキ族が韓国人のルーツ説に頷けます。

 

ですが、実際にルーツであるか否かは、DNA解析によりほぼ否定されています。

 

ミトコンドリア解析によると、ツングース民族をはじめ北方アジアの遺伝子はY染色体ハプログループGである一方、韓国人のGの比率は6%未満と、限りなく北方漢民族に近いのです。

 

このように、遺伝子情報からは韓国人の主なルーツがエベンキ族だという確証は得られておらず、「韓国人のルーツはエベンキ族!」と断言するには、少々根拠が弱いのが現状です。

 

ただ、古来からエベンキ族が朝鮮半島で生活していたことは事実なので、韓国人の先祖の1つとしてエベンキ族が挙げられることは間違いありません。

 

 

エベンキ族ルーツ説に対する韓国の反応とは?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

  1. 全韓国人の遺伝子調査が進んでない以上はっきり言えない話題である。 北の異民族である鮮卑族は数千年以上、北中国を征服してきて北中国人の遺伝子は大きく変わった。 満洲族と一番近いのが韓国人であろう。 エベンキ族も鮮卑族の支配下にいたが韓国とは遠いところにいて遺伝的には差がある。 重要なのは今は北中国にいる人たちが漢族を名乗っているが、漢族とは全然違う北の異民族である鮮卑族と満州族が北中国を数千年以上支配してきたんだから北中国の人々の遺伝子と南中国の漢族と遺伝的に大差があるようになったわけだ。
  2. わかったよ

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す