世田谷一家殺人事件の犯人は韓国人の李仁恩?黒幕など真相も総まとめ

はじめに

世紀末の大晦日に起こった「世田谷一家殺人事件」は未解決事件として知られていますが、韓国人の李仁恩という人物が犯人だとも言われています。

 

今回は世田谷一家殺人事件について経緯、犯人の行動や特徴、真相や現在をまとめてみました。

世田谷一家殺人事件とは

出典:https://dot.asahi.com/

 

世田谷一家殺人事件は、2000年(平成12年)12月30日~31日、東京都世田谷区で起こった殺人事件です。警視庁の正式名称は、「上祖師谷三丁目一家四人強盗殺人事件」です。

 

被害者は、父親(当時44歳)・母親(41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)でした。

 

20世紀最後の日に発覚したこの事件は、年の瀬の犯行・数多くの遺留品(指紋や足跡など)・残忍な犯行・犯行後の犯人の異常な行動、そして未解決事件として今も注目されています。

 

被害者が殺害された状況とは?

出典:https://stat.ameba.jp/

 

犯人はまず、2階の子供部屋で寝ていた長男を殺害しています。

 

長男は手で首を絞められたことによる窒息死で、その時にできた圧迫痕・鼻からの出血などの他には、外傷などは見つかっていません。

 

次に、異変に気づき階段を上がってきた父親が襲われ、足や尻などを切られており、さらに報道では頭部に柳刃包丁の破片が残っていたと言われています。

 

そして、屋根裏部屋で寝ていた母親と長女を襲います。

 

母親と長女は顔や首を中心に何度も刺されており、死んでからも執拗に刺していることも判明しています。

 

犯人は、子供部屋の二段ベッド付近や階段の移動時に、壁に背中をつけて横歩きをしていることが足跡から分かっています。この歩き方は軍隊などで習うようです。

 

犯人の入出経路は?

出典:data:image/jpeg;base64,/

 

犯人は、被害者宅の公園側にある2階の浴室窓から出入りしたとみられています。

 

浴室の真下の地面辺りに犯人の靴跡と思われる足跡が発見され、さらに浴室の窓は開いていました。網戸は外に外れて落ちていたそうです。

 

また、窓の真下にある公園のフェンス付近の木の枝も折れており、若者なら無理なく侵入できることが検証の結果分かったようです。

 

 

しかし、犯人が着用していたと思われるジャンパーに擦った痕がなく、浴室の窓から繊維痕や擦れた跡が発見されていないとの報道もあり、普通に玄関から入った可能性も指摘されています。

 

発見時、玄関の鍵は閉まっていたようで、玄関のドアノブなどからは指紋や血痕は発見されなかったようです。

 

また、被害者宅に残っている血が付いた足跡は階段の途中から上りの一方向のみだったそうです。

 

そのため、玄関から靴を脱いで侵入した後に犯行に及び、そして床が血だらけになったため、犯人は階段の途中で靴を履いた、と考える警察幹部もいるようです。

 

世田谷一家殺人事件の犯人とは① 犯行後の行動が異常だと話題に

異常な行動① 傷の手当?

出典:http://blog-imgs-76.fc2.com/

 

どのような経緯で犯人が怪我をしたのかは発表されていませんが、犯人は右手を負傷したようです。

 

その右手の怪我の手当をするためなのか、救急箱を漁った跡や血痕がついたタオル2枚が台所に散乱していたようです。

 

怪我に絆創膏を貼ろうとしたものの、大きさが合わなかったようで剥がし、居間にあったノートの裏に絆創膏が張り付けられていました。

 

そして、生理用品で止血をした痕跡も残っていたようです。

 

負傷した傷はかなり深かったようで、骨が見えるほどの傷だったのでは、と言われています。

 

 

その後、栃木県日光市にある「東武日光駅」で、警察が指名手配した犯人像と酷似している男が右手の治療をしていたという目撃証言がありました。

 

さらに、傷を負った詳細を話さなかったことからも犯人の可能性が高いと指摘があったものの、なぜか警察は現地調査に行きませんでした。

 

翌日、犯人は羽田空港から台湾に逃亡しており、この男が犯人だったのかは分からずじまいになってしまいました。

 

異常な行動② 被害者宅でくつろいだ?

出典:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/

 

驚くことに犯人は、一家4人を残殺した後に被害者宅の冷蔵庫からお茶やメロン・アイスクリームを食べていたようです。

 

2階の浴槽と居間の座布団の上からアイスの容器が1つずつ発見され、1階のパソコンの横には2個重ねられた状態で置いてあったそうです。(紙袋に2個入っていたとの報道もあるようです)

 

また、アイスをスプーンではなく、カップごと握り潰して食べていたようで、さらに直接アイスにかぶりついたため歯型も残っていたそうです。

 

 

殺人後に食事をしただけでなく、さらに犯人は被害者宅のトイレも使用したそうです。

 

しかも大便をしたようで、トイレに一部残っていた大便からはインゲンとゴマが検出されました。被害者家族の胃の内容物や食事とは異なっていたようです。

 

さらに、2階の居間にあるソファで仮眠もしたようです。

 

異常な行動③ パソコンで劇団四季の舞台を予約?

出典:https://cdn.images-dot.com/

 

事件当日の午後10時20分から50分頃まで、被害者がパソコンを触った形跡が通信記録の解析の結果分かっており、この時にはまだ被害者一家が生存していたことが確かなようです。

 

しかし、被害者の死亡推定時刻以降の31日午前1時18分頃と午前10時5分頃にもインターネットに接続していたことが判明しています。ただし、接続時間は5分ほどと短かったようです。

 

また、犯人の指紋がマウスから検出されています。

 

 

犯人はパソコンで、劇団四季の舞台チケットの予約を試みたようですが、失敗していたようです。

 

その他には、被害者の会社や大学の研究室、科学技術庁(現文部科学省)などのサイトを閲覧していたことが分かっています。

 

 

事件当初はインターネットを見ていたのは犯人ではなく、自動的にサイト情報を拾ってくる巡回ソフトによるものだと思われていました。

 

しかし、同ソフトが機能上アクセスできるのは各サイトのトップページのみで、サイト内のコンテンツの閲覧履歴が認められたことで、犯行後犯人がパソコンを使用したのは確実なようです。

 

異常な行動④ 浴室で仕分け作業?

出典:https://cdn.images-dot.com/

 

犯人は、家の中を物色していたり、仕分けなどの作業も行っていたようです。

 

まず2階の居間のソファでは、キャッシュカードなどカード類や手帳・預金通帳・運転免許証などの書類が仕分けされていました。

 

次に浴室では、父親の仕事関係の書類や領収書・母親の塾の書類・止血に使用した生理用品・アイスのカップなどが散乱していました。

 

なぜか浴槽に散乱していた書類は、手やハサミで引きちぎられていました。

 

この浴槽の中のものは、犯人にとって不必要なものを棄てたか、浴室の中で仕分けをしていたということが考えられます。

 

空き巣特有の手口のようですが、犯人も被害者宅を物色する際、戸棚や机などの引き出しは下から順番に開けていた形跡があったようです。

 

 

世田谷一家殺人事件の犯人とは② 犯人が残した遺留品 

出典:http://blog-imgs-76.fc2.com/

 

世田谷一家殺人事件では、犯人の遺留品が数多く残っていたため、当初警察も世間も事件解決に時間はそうかからないだろうと思われていました。

 

しかし、遺留品の多くが大量生産品で、量販店やスーパーなどで購入することができるものばかりだったため、捜査が難航したようです。

 

 

トレーナー(ラグランシャツ)

 

大量の返り血がついていたのにもかかわらず、2階の居間から畳まれている状態で発見されました。

 

胴の部分がグレーで両腕・丸首の部分が紫色のデザインで、サイズはLでしたので犯人の身長は175~185cmだと思われます。

 

犯人が着ていたものは、何度も洗濯したのか、色がクリーム色になっていたそうです。

 

 

ダウンジャケット

 

袖口に犯人の血と同じA型の汗が検出されたこのダウンジャケットは、事件直前に販売され、すぐに完売になったユニクロ製の「エアテックジャンパー」です。

 

販売数は8万2000着で、このうち都内では1万194着売れたそうです。

 

色は黒で、こちらのサイズもLサイズでした。

 

ポケットの中からは、神奈川県横須賀市にある三浦半島の海岸の砂ケヤキヤナギの枯葉ケヤキの花粉スズメより小さい鳥の糞などが検出されました。

 

 

スニーカー(テニスシューズ)

 

現場に足跡が残されており、その足跡から「Slazenger(スラセンジャー)」という英国のブランドのものだということが判明しています。

 

1998年10月~2000年11月にかけて、韓国のメーカーが4530足を製造・販売をしていました。

 

犯人の靴のサイズは、残されていた足跡から韓国サイズで28cm、日本サイズで27.5vmです。

 

 

マフラー

 

緑色地で赤と橙色で濃い緑の格子模様が入った、小さめのタイプのマフラーも現場に残されていました。長さは約130cm、縦30cmです。

 

毛玉やほつれががあり、長い期間に渡って犯人が使用していた可能性があるようです。

 

 

柳刃包丁

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

福井県のメーカーの柳刃包丁で、刃渡り21cm、全長約34cmの一般的な刺身包丁です。

 

凶器として犯行に使用した際、刃が欠けたようです。

 

 

ヒップバッグ

 

深緑色で、ベルトの長さは83cmに調節されていました。

 

バッグの内側と外側には、刃物による20数か所の傷がありました。

 

バッグの中からは砂や石英が入っており、この砂はカリフォルニア州のものの可能性が高いようです。

 

また、犯人とDNA型が一致している毛髪も発見されています。

 

この他にも、たくさんの遺留品が発見されています。

 

 

世田谷一家殺人事件の犯人とは③ 判明している特徴

出典:https://gendai.ismedia.jp/

 

犯人の特徴については、現場に残されたもの等からいくつか判明していることもあります。

 

 

前述の通り、犯人は犯行時に負傷したようで、現場に犯人の血液が残っていました。

 

そのため、血液型がA型であることが判明しており、犯人の性別は男性だということです。

 

さらに、向精神薬・風邪薬・覚せい剤などの薬物の反応も血液から出てきておらず、たばこも吸わない人物のようです。

 

ちなみに、被害者の4人の中に血液型がA型はいなかったようで、明らかに犯人のもののようです。

 

 

また、被害者の傷跡などから犯人は右利きの可能性が高く、身長は170cm前後のやせ型と推定されています。

 

犯人の指紋は被害者の家から複数見つかっており、その指紋から親指は渦状紋であり中心に豚の鼻のような2本の線があります。

 

さらに、警視庁の2,000を超える犯罪者指紋データでは犯人が特定できていないことから、犯人には犯罪歴がない可能性があります。

 

警視庁は事件当時、15歳~20代の細身の男性、と犯人像を絞りました。

 

この年齢は、2階の浴室の窓から侵入したことを想定し、公園のフェンスから2階の窓から上ることができる身体的能力が理由だそうです。

 

 

出典:https://up.gc-img.net/

 

現場には犯人と思われる血液が残されていました。その血液をDNA鑑定したところ、犯人の父親系がアジア系民族、母親系には欧州系民族のルーツが含まれていることが判明しています。

 

2006年のDNA鑑定では、母親系はミトコンドリアDNAのハプログループはアドリア海や地中海の南欧系民族に見られ、アジア民族には見られない「アンダーソンH15型」。

 

父親系を示すY染色体では、日本人以外のアジア系民族に多い「ハプログループ02a2b1」であることが判明しています。

 

この02a2b1の分布頻度は、日本人 (東京) の約33人に1人、中国人の約10人に1人、韓国人の約5人に1人だそうです。

 

この結果を受け、特別捜査本部では「アジア系を含む日本国外の人」「混血の日本人」の可能性もあるとし、国際警察機構(ICPO)を通じ日本国外の捜査機関に捜査の協力を求めています。

 

しかし、ずっとさかのぼった祖先が混血という可能性もあるため、純粋な日本人である可能性もあることから、国内でも幅広く捜査する方針を出しています。

 

 

世田谷一家殺人事件の真相① 韓国人「李仁恩」犯人説

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す