韓国語の自己紹介の注意点3つ・フレーズ集!あいさつ/名前/年齢/出身や居住/職業/趣味など

はじめに

韓国語で自己紹介できれば、韓国人の友達を作ったり、旅行したり、SNSでつながったりと活動範囲が格段に広がることは間違いありません。 

 

今回は韓国語での自己紹介の注意点3つ、必ず使えるフレーズを紹介します。

韓国語で自己紹介してみたい人が急増中

 

出典:https://miima.jp/

 

韓国語でも日本語でも、基本的な自己紹介の仕方は同じです。

 

名前、仕事、住んでいる場所、趣味など、日本でも一般的に使われる項目を押さえて自己紹介すれば問題ありません。

 

もちろん、韓国語による自己紹介ですので、韓国の言葉を覚えておくことが一番重要です。

 

不安であれば、翻訳機やポケットサイズの辞書や本などを忍ばせておけば安心できるので、お守り代わりにもなるでしょう。

 

 

韓国語と日本語の自己紹介の違い・注意点3つ

 

出典:http://joah-girls.com/

 

日本と韓国で、自己紹介の基本的な部分は同じなのですが、注意すべきポイントがあります。

 

それはズバリ、お国柄の違いによるものです。

 

韓国人はご存知の通り、外見は日本人とよく似ていますが、感情、表現、距離感、上下関係など日本人とは違った感覚を持っています。

 

それらをわきまえて、韓国人と接し、自己紹介をするようにして下さい。

 

 

韓国人は親近感が強い 【突っ込んでくることも】

出典:https://www.nichibeieigo.jp/

 

自己紹介は初対面の人に対してするものなので、基本的にはあまり突っ込んだ内容を聞かない、というのが日本人の認識ではないでしょうか。

 

しかし、韓国人は日本人よりも親近感を出してくることが多いのです。

 

韓国人の場合、例えば、女性に対して「彼氏いる?」「もう結婚している?」といった内容を平気で突っ込んできます。

 

つまり、具体的なことをたくさん聞いてくるのです。

 

日本人同士では、このようにプライベートのことを初対面で聞かれることはあまりありません。

 

なぜなら、相手に対して気を遣い、そのような内容は初対面で聞くことを避けるようにしているからです。

 

 

しかし、韓国ではそういったプライベートな質問をすること自体が親近感の表れなのです。

 

韓国人は欧米人に近いとよく言われますが、心を許せばフレンドリーに接してくるのが韓国人です。

 

間違っても、嫌な顔をしないようにしましょうね。

 

仲良くなりたいから、もっと色々と知っておきたい!という感情の表れと受け取りましょう。

 

 

年齢は初対面では聞かない方がベター

出典:https://whitekey.co.jp/

 

日本人でも同じですが、男性が女性に年齢を聞くのは失礼にあたります。

 

特に、初対面で自己紹介の時に相手の年齢をストレートに聞くことは避けたいものです。

 

 

韓国人は手の使い方が重要

出典:http://芸能人在日韓国人カミングアウト.com/

 

韓国は、儒教の国で目上の人に対するマナーが徹底しています。

 

幼い頃から、目上の人からは両手で物を受け取る、両手で手渡すことを教育されています。

 

何気ない物の受け渡しであっても、年上の人に対しては必ず両手を使いましょう。

 

そして年齢に関係なく、両手を使うしぐさは相手に対する敬意や配慮と受け止められます。

 

 

韓国では挨拶代わりに握手をすることがよくあります。

 

この際、初めての相手であれば、年下であっても両手で握手するか、左手を右手の肘か右脇腹辺りに当てて握手するのが相手に対する礼儀となります。

 

また、相手が目上の場合は、相手が手を出す前に先に手を出さないように気を付けましょう。

 

お酒等を注いだり注いでもらったりする際も、必ず両手でコップやボトルを持つか、片方の手を右胸辺りに当てるのがマナーの良い振る舞いとなります。

 

手の使い方は、韓国のマナーを理解する上でとても重要なことなのです。

 

 

韓国語での自己紹介① あいさつ 

 

出典:http://kpoptekina.blog.fc2.com/

 

まずはあいさつからです。

 

朝昼晩いつでも使える韓国語のあいさつ言葉を覚えましょう。

 

おはようございます こんにちは こんばんわ

韓国語のあいさつの基本で、とても便利な言葉です。

 

안녕하세요.
アニョハセヨ.

おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

 

そして、より丁寧なあいさつをする場合は、

 

안녕하십니까.
アンニョンハシムミッカ.

おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

 

 

はじめまして

自己紹介をするならば、ほとんどが初対面なので必ず使う言葉です

 

처음       뵙겠습니다.
チョウム  ペッケスムミダ.

はじめ  まして

 

直訳するとはじめましての意味ですね。

 

 

お会いできてうれしいです

はじめましてと同様によく使います。

 

만나서       반가워요.(へヨ体)
マンナソ    パンガウォヨ

お会いできて うれしいです。

 

만나서       반갑습니다.(ハムニダ体)
マンナソ   パンガプスムニダ

お会いできて   うれしいです。

 

 

ハムニダ体の方が、かしこまった表現でより丁寧な言い方です。

 

ヘヨ体とハムニダ体の使い分けですが、相手が年上の場合はハムニダ体でまずは自己紹介したほうが無難です。

 

 

韓国語での自己紹介② 名前 

 

出典:https://youtuberlabo.com/

 

次に自分の名前を伝えましょう。

 

私は○○です (名前にパッチムなし)

저는      〇〇예요.

チョヌン 〇〇エヨ

私は       ○○です。

 

 

저는(チョヌン)+名前(○○)+예요(エヨ)となります。

 

名前にパッチムがない場合は、+예요(エヨ)と覚えましょう。

 

 

私は○○です (名前にパッチム有り)

 

저는    ○○이에요.
チョヌン○○ イエヨ

私は      ○○です。

 

 

저는(チョヌン)+名前(○○)+이에요(イエヨ)となります。

 

名前にパッチムがある場合は+이에요(イエヨ)と覚えましょう。

 

 

パッチムとは、音の最後に子音があることです。

 

例えば、韓国人で多い名前のキムさんやパクさんをハングル表記、英語表記してみると、

 

キム→김→kim
パク→박→park

 

となり、ハングル表記、英語表記ともに子音字で終わっています。この最後の子音が、パッチムです。

 

日本語の場合は子音で終わる言葉はありません。

 

しかし、ハングルでは「ン」を表す文字がなく、ハングル文字のㄴとㅇがパッチムで使われると「ン」の音になっていますので、「ン」と訳される名前で終わればパッチムになります。

 

なので、かのん、しおん、かりんなど、「ン」で終わる名前はパッチムありとなります。

 

 

私の名前は○○です

 

제    이름은    ○○입니다.
チェ イルムン ○○イムニダ

私の  名前は   ○○です。

 

 

저는(チョヌン)は「私は」、제(チェ)は「私の」という意味です。

 

 

韓国語での自己紹介③ 年齢 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す