山葡萄原人は朝鮮人/韓国人のルーツ?特徴3つ・韓国の反応/海外の反応も総まとめ

はじめに

山葡萄原人(やまぶどうげんじん)と呼ばれるまだまだ謎が多い原人が発見され、韓国人や朝鮮人のルーツだと話題沸騰中です。


今回は山葡萄原人の基礎知識や韓国人・朝鮮人のルーツ説、特徴、韓国の反応や海外の反応をまとめてみました。

山葡萄原人とは

 

出典:https://twitter.com/

 

これまで、人類の起源は「ホモ・サピエンス」と呼ばれる人類だと思われてきましたが、近年では研究・解析テクノロジーの進化によって、人類史の様々な常識が覆されています。

 

その中には、朝鮮半島に暮らす人々の祖先は「山葡萄原人(やまぶどうげんじん)」という原人・類人猿だという説があります。「黒い山葡萄原人」とも言われています。

 

この山葡萄原人の存在は北朝鮮が主張しており、朝鮮民族の祖先だとされているため、韓国も含まれることになります。

 

 

 

そもそも、人類の祖先と進化については、今まで多くの研究がされてきました。

 

人類の祖先がアフリカで誕生したのは確かである。しかし,そこで何種類の人類が生まれたのだろうか? そして,彼らはいつアフリカを旅立ち,世界各地に広がったのだろうか?人類の祖先アウストラロピテクスはアフリカで生まれ,ホモ・エレクトスになってから,100万年ほど前にアフリカを出て世界中に広がった。その後,各地でホモ・サピエンス(Homosapiens,新人)へと進化したと考えられてきた。

 

引用:日経サイエンス~人類の祖先は何度アフリカを旅立ったか

 

そして近年では、解析テクノロジーが画期的に進歩していることから、それ以前ではわからなかった人類の歴史や発見が新たにされるようになったわけです。

 

全ゲノム解析のテクノロジーは驚くべき進歩をとげ、遺跡などから発掘された遺骨からDNAを解析する技術が急速に進歩し、歴史時代はもちろん、サピエンスが他の人類と分岐する以前の古代人の骨の欠片からDNAを読み取ることもできるようになった。「古代DNA革命」によって、従来の遺跡調査からはわからなかった人類の移動や交雑の様子が明らかになり、古代史・歴史の常識が次々と覆されている。

 

引用:ZAi ONLINE~今、ホモ・サピエンスのアフリカ起源説など人類史の常識が次々と覆されている[橘玲の世界投資見聞録]1

 

今まで韓民族のルーツは、アルタイ山脈から出発しモンゴルと満州原野を通って韓半島(朝鮮半島)に入ってきた北方民族だと推定されていました。

 

これらの地域の人々の言語や風習、顔つきなどに共通点が非常に多い、というのがその根拠でした。

 

しかし、「山葡萄原人」の存在によってこの説が根本から覆されました。

 

韓国人、朝鮮人の祖先が山葡萄原人だとすると、韓国人、朝鮮人は定説とは違うルーツを持つ…という可能性も出てきたのです。

 

 

山葡萄原人が韓国人や朝鮮人のルーツ?

 

出典:https://www.pinterest.jp/pin/

 

北朝鮮の歴史教科書では、「我らは人間ではない。人類の出てくる前に出てきた原人であり、それは山葡萄原人というのだ。人間よりも発達しているのだ」と教えているそうです。

 

しかし単なる伝説レベルの話ではなく、これには科学的根拠があるようです。次のような記事が、2017年2月2日の中央日報に載っていました。

 

蔚山科学技術院ゲノム研究所によると、韓民族は3万~4万年前に東南アジア~中国東部海岸を経て極東地方に流入して北方人になった南方系狩猟採取人と、新石器時代が始まった1万年前に同じルートで入ってきた南方系農耕民族の血が混ざって形成された。2009年、UNISTは韓民族が東南アジアから北東に移動した南方系の巨大な流れに属しているとサイエンス誌に発表したことがあったが、今回これをより具体化した。

 

引用:中央日報~韓国人のルーツは? 北方界でない混血南方系

 

蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)のゲノム研究所の科学的分析によって、今までの常識を覆す韓国人、朝鮮人のルーツが判明してきているようです。

 

そして、「悪魔の門(Devil’s Gate)」という洞窟から見つかった7700年前の20代と40代女性の頭蓋骨の遺伝子を解読・分析した結果、韓国人、朝鮮人に近い遺伝子が発見されたそうです。

 

 

山葡萄原人と悪魔の門(Devil’s Gate)の関係

 

出典:https://twitter.com/

 

山葡萄原人は、「悪魔の門(Devil’s Gate)」と深い関わりがあります。

 

悪魔の門とは、現在のロシア・ウラジオストクからやや北にあるアムール川流域にある洞窟のことで、この地域は韓国の歴史において、旧高句麗・東夫餘・沃沮だった場所です。

 

ここから発見された遺骨のDNAを調べたところ、近くに住む原住民と朝鮮民族につながりました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

DNA分析の結果、「悪魔の門」の洞窟人は3万~4万年前に現地に定着した南方系人で、韓国人との共通点が指摘されています。

 

すなわち、この「悪魔の門」の洞窟人が山葡萄原人だと言われています。

 

韓国人のように褐色の瞳と凹型の前歯をつくる遺伝子を持っていたと発表された。また、彼らは現代の東アジア人の典型的な遺伝特性を有していた。牛乳が消化できない、高血圧に弱く体臭があまりない、乾いた耳あかが出るなどの遺伝子が代表的だ。この洞窟人は現在近くに住むウルチ族の先祖と考えられている。周辺の原住民を除けば、現代人のうちでは韓国人が彼らに近い遺伝子を持っていることが判明した。

 

引用:中央日報~韓国人のルーツは? 北方界でない混血南方系

 

そして、蔚山科学技術院ゲノム研究所のパク・ジョンファ所長は次のように述べています。

 

「2つの人類間の時間的な開きを考慮しても、遺伝子が非常に似通っていると言え、悪魔の門の洞窟人は韓国人の先祖とほぼ同じだと言える」

 

悪魔の門の洞窟人と韓民族のDNAが完全一致したわけではないものの、この研究は国際学術誌「Science Advances(サイエンス・アドバンシズ)で発表され、信用性が高いと言えます。

 

 

山葡萄原人の特徴3つ

 

出典;https://www.pinterest.jp/

 

発見された山葡萄原人の骨のDNAからは、様々な事実が解明されています。山葡萄原人には驚くべき特徴もあったとされています。

 

少しずつわかってきた山葡萄原人のミステリアスな特徴を調べてみました。

 

 

ひっそりと生存

出典:https://www.pinterest.jp/

 

洞窟の住人だった山葡萄原人は、他の民族と深い関わりは持たず、ひっそりと単独で生存していたと言われています。

 

非常に力持ち

出典:https://www.pinterest.jp/

 

山葡萄原人はとても力持ちな人種だったことがわかっています。200キロ以上もの荷物を運ぶことができたそうです。

 

山葡萄原人は洞窟で発見されており、岩山で暮らしていた単独民族でした。そのために必然的に大きな力を持つようになったと考えられています。

 

粗暴で人食いの噂も

出典:https://twitter.com/

 

山葡萄原人は普段は洞窟の中でひっそりと暮らしていましたが、とてつもない力持ちでした。

 

また、洞窟へ近づく他の民族を食用として連れ去ってしまったり、洞窟から外へ出始めた時代には、他の民族を襲って殺してしまったりと、粗暴な行動が多かったと言われています。

 

 

山葡萄原人について韓国の反応

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す