トンスル

韓国の酒・トンスルの効果や味と作り方!デマ拡散の理由や海外の反応も紹介

はじめに

韓国の家庭で愛飲されている伝統的なお酒として紹介された「トンスル」ですが、実は原材料が人糞ということで多方面で話題です。

 

今回は韓国の酒・トンスルの効果や味、作り方、デマが拡散した理由、海外の反応などまとめてみました。

韓国の酒・トンスルとは

 

韓国に伝来してきた人糞酒・トンスル

 

 

トンスルは、古来から韓国に伝統的に飲用されてきたと記述が残る薬用酒・韓方薬です。

 

「トン」は韓国語で人糞、「スル」は酒を意味しています。その名のとおり人糞を原材料に使ったお酒になります。

 

トンスル(人糞酒)の起源について

中国に古来から伝わってきた漢方薬には人や動物の糞尿を原材料に用いたものが多くありますが、中国から漢方薬が伝来した韓国(朝鮮半島)でも薬として飲用されてきました。

ユネスコ世界記録遺産に指定されている古文書『東醫寶鑑』には「破棺湯(野人乾水)」の名前でその作り方が記されており、昔は乾燥させた人糞を水で溶いたものでお酒ではありませんでした。

 

 

韓国の酒・トンスルの効果とは

トンスルは漢方薬から発展した民間療法で、骨折・打撲・腰痛に効果がある他、切り傷などからウイルスが入り込んだ感染症や胃痛などにも効果があるとされています。

高い生薬を買えない貧しい農村部などでは、怪我によく効く唯一の薬として愛飲されていたと言われています。

 

 

トンスル(人糞酒)の現代での飲用について

韓国でのトンスルの製造は1960年代を最後に途絶えたとされています。

 

しかし、現代でも一部の人々が好んで愛飲しているという動画が日本のWEBメディア「VICE Japan」により紹介され、イギリス紙「デイリーメール」にも取り上げられました。

また、日本国内でトンスルの話題が広まるきっかけとなったニュースサイトは「ロケットニュース24」です。

 

2012年11月9日に、トンスルの売人を発見して購入したことを紹介する記事が公開されました。店頭での販売はなく、売人から直接購入するしか方法が無いということでした。

 

 

トンスルが蛇口から出てくる?

韓国で飲用の水源に人糞が流されていた

 

 

韓国の南部にある100万人都市の昌原市で、川に人の糞尿や生活排水が流されていたことが分かり問題になったことがあったようです。

 

 

韓国南部、昌原市民100万人の水源となっている洛東江取水場のすぐ横の川に、人糞や生活排水が混ざった汚廃水がそのまま流されていることが判明した。1年以上もこの違法排水を続けてきた張本人は、なんと行政官庁である昌原市だった。

現場は韓国4大河川の一つである洛東江の支流。上流に温泉を利用した団地が近年造成され、汚廃水は主にそこから流れてくる。汚水が流れた川底には1メートル以上も汚物が堆積し辺りには悪臭が漂うほか、浮いた魚があちこちに見える。

 

引用:NEWS U.S. – 【韓国発狂】韓国では蛇口をひねるとトンスルが出てくることが判明www クッッッソワロタwww

 

さすがに家庭への水道は水道局で濾過されたものが通っていたと思いますが、ソウルは国際基準の水道水が出るようですが、その他の地域は不明です。

 

 

 

韓国の酒・トンスルの作り方とは 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

  1. トンスル飲んでも胃酸で菌が死滅するし、便移植も原則経口投与しないから、トンスルって結局訳に立たなさそう。(詳しくは知らないけど)←これ重要
  2. トンスルは世界遺産に推薦できる素晴らしい韓国文化だと思います。 Ttongsul是一种美丽的韩国文化,应被推荐为世界遗产。 Ttongsul is a wonderful Korean culture that should be recommended as a World Heritage

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す