火病の意味や読み方・原因や症状・韓国人の割合まとめ!有名芸能人も発症?

はじめに

日本ではめったにかかった人を聞かない「火病」という病気ですが、韓国の芸能人や著名人の間でもこの病気を発症している人がいるとの噂もあります。

 

今回は火病の意味や読み方、原因や症状、韓国人の火病の割合をまとめました。

「火病」の意味&読み方 【韓国人との関連性も解説】

 

 

火病とはいったい何なのでしょうか。火病の意味や読み方・韓国人との関連性について解説します。

 

 

読み方

火病とは精神疾患です。日本語での読み方は「かびょう」や「ひびょう」「ファッピョン」など。

 

または鬱火病と書き、「うっかびょう」「うつひびょう」「ウラッピョン」と呼ばれることもあります。

 

 

朝鮮民族特有の病気

火病は朝鮮民族特有の病気だといわれています。つまり、北朝鮮と韓国(南朝鮮)のことです。

 

 

日本ではネットスラングとして使われることが多い

日本では、インターネットスラングとして「火病」「ファビョン」「ファビョる」という言葉を使うことが多いようです。

 

ちなみにインターネットスラングとはネット上で使われている俗語のことです。

 

例えば、顔を真っ赤にして怒っているように見える書き込みに対して、侮辱的な意味合いで「ファビョる」という言葉を使うことが多いようです。

 

 

意味

一般的な日本語であれば、「激怒」や「癇癪」、「ヒステリー」という言葉たちが近いでしょうか。

 

北朝鮮や韓国の人たちは、些細な出来事やどうでも良いような小さな出来事・議論で図星をつかれ、反論が出来なくなった場合などに、「火病」の症状があらわれることが多いとのこと。

 

 

広まったきっかけはネット掲示板

「火病」という言葉が広まったきっかけは「2ちゃんねる」などのネット掲示板です。

 

SNSでたびたび、「火病」という言葉が使われたことから、この言葉が大々的に広まっていったと言われています。

 

当初はネット掲示板で、反日発言をする人や度を過ぎた反日運動を指す言葉として使われていた火病。しかし、「理不尽なほどに激怒する人・癇癪を起こす人」を指す言葉に。

 

さらに、2002年頃からはネット上で、見苦しい反論や中傷、荒らし行為などを行う人たちを指す言葉としても使われています。

 

 

火病の原因5つ 【ネットでの声も紹介】

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す