韓国人の平均年収!企業別年収ランキング10選・日本人の年収との比較も総まとめ

はじめに

最近は日韓の間で経済問題など何かと緊張関係が続いていますが、韓国人の経済レベル、つまり年収はどれくらいなのか気になりますよね。

 

今回は韓国人の平均年収、企業別年収ランキング10選、日本人の年収との比較をまとめました。

韓国人の平均年収とは【韓国経済研究院が発表】

 

出典:http://wedge.ismedia.jp/

 

韓国の雇用労働部が労働者1519万人を対象に2017年度の年収を調査した結果が、2018年11月に発表した「雇用形態別労働実態調査」です。

 

それによると、韓国の労働者の平均年収は3475万ウォン(約320万円)で、中央値は2720万ウォン(約250万円)、前年度より80万ウォン増加しました。

 

この内訳は、

 

年収1億ウォン以上は44万人で全体の2.9%

8,000万~1億ウォン未満は51万人(3.4%)
6,000万~8,000万ウォン未満が108万人(7.1%)
4,000万~6,000万ウォン未満が234万人(15.4%)

 

という結果になりました。

 

 

また、正規職の労働者だけをみると、大企業の平均年収は6460万ウォン(約594万円)に対して、中小企業では3595万ウォン(約331万円)でした。

 

日々変動しますが、2019年8月現在では1ウォンは約0.09円です。

 

 

韓国人の本当の平均年収とは

出典:http://ord.yahoo.co.jp/

 

「日本に追いつき追い越せ」が根底にある韓国ですが、GDPは1人当たり3万ドルを上回り、4万ドル台の日本を超えるのは時間の問題だと息巻いています。

しかし、最近の国内の就業状況を見ると正式な失業者が4%、低賃金や短時間労働の実質失業者が13%も存在します。

韓国の労働賃金の平均値を出したのは韓国経済研究院ですが、調査した「全労働者」の総数は1519万人に過ぎませんでした。
 

実際の韓国の労働人口は2774万8千人なので、1519万人だと約55%だけの平均の数字になるわけです。


この数字は、失業者はもちろん、非正規労働者や低賃金所得者も調査から除外し、最低賃金以上の正社員だけを集計したと考えられています。
 
それゆえに、実際の平均年収は先ほどの約320万円より低くなるのは確実で、年収300万円を下回っていることも多いようです。
 

 

韓国人の企業別年収ランキングTOP10  

出典:https://www.zakzak.co.jp/

 

韓国では急速な経済成長をした裏で、貧富の差が問題になっています。

 

大企業などに勤めていて、その中でも高収入であれば、年収1000万円超えも少なくないようです。

 

 

韓国企業別年収ランキング

 

1位 ハナ金融持株(金融)…11,100万ウォン(約1,021万円)

2位 S-OIL(石油/化学/エネルギー)…11,080万ウォン(約1,018円)

3位 KB金融持株(金融)…11,000万ウォン(約1,010万円)

4位 サムスン電子(電気/電子/半導体)…10,700万ウォン(約983万円)

5位 SKテレコム(IT/インターネット/通信/メディア)…10,200万ウォン(約937万円)

6位 SKディーアンドディー(その他サービス)…9,800万ウォン(約900万円)

7位 LG(その他サービス)…9,700万ウォン(約891万円)

8位 SKハイニックス(電気/電子/半導体)…9,615万ウォン(約883万円)

9位 サムスンカード(金融)…9,500万ウォン(約872万円)

10位 現代自動車(自動車/自動車部品/造船/重工業)…9,400万ウォン(約863万円)

 

 

今、話題のサムスン電子やSKハイニックス、現代自動車、LGなど、韓国の大企業はさすがに高年収です。

 

日本の平均的な大手企業よりも、高い年収の韓国企業も多々あります。

 

 

日本人の平均年収とは

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す