韓流ブーム

韓流ブームは現在終わった?第1次~第3次の歴史&捏造や終了説を総まとめ

2003年のドラマ『冬のソナタ』を皮切りに日本で”韓流ブーム”が起こりましたが、2019年現在では「終わった」と言われています。

 

韓流ブームがいつからなのか、歴史やきっかけ、捏造だと言われる理由について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

第1次韓流ブーム(2003~2009) 韓流ドラマブーム

韓流ブームの歴史はいつから?

2003年の『冬のソナタ』に始まった”韓流ブーム”

韓流ブームとは韓国の芸能や音楽など大衆文化が東アジア圏をはじめとした世界に広がった現象を指しますが、日本での韓流ブームの始まりは2003年に放送されたドラマ『冬のソナタ』がきっかけでした。

 

『冬のソナタ』に出演した主演俳優、ペ・ヨンジュンさんや、ヒロイン役のチェ・ジウさんはそれぞれ「ヨン様」「ジウ姫」と呼ばれて中高年世代を中心に爆発的な人気を得ました。

 

『冬ソナ』として韓流ブームの火付け役になったこのドラマは、すでに台湾や香港など中国圏で人気を博しており”韓流”という言葉が生まれましたが、”ヨン様ブーム”にあやかってフジテレビやNHKはこれらの俳優を中心とした韓流スターのドラマを定期放送し始めます。

 

『冬のソナタ』の日本語吹替版でペ・ヨンジュンさんが務めたカン・ジュンサン役を務めた俳優・萩原聖人さんは当時の韓流ブームについて以下のように語っています。

 

空港からホテルまで人、人、人…。ヨン様の行く先々で中年女性の悲鳴が上がる。大スターを生み出した「冬のソナタ」は、韓国の俳優や作品に注目する人々を急増させ、日本のエンターテインメント界に韓流という新しいムーブメントを巻き起こした。

 

 その一端を担った萩原は「まさか、あんなブームになるとは…。韓国ドラマは当時、日本に全く浸透していなかったし、恋愛の価値観は国や文化によって変わると思っていたので、このドラマが当たったのはビックリしました」と本音を吐露する。

 

引用:SANSPO.COM – 平成16年「『冬ソナ』ヨン様と韓流ブーム」

 

この『冬のソナタ』をはじめとした韓流恋愛ドラマが中高年層にヒットした理由は、青春時代にハマった昭和の恋愛ドラマに通ずるものがあったからだと言われています。

 

 

韓流ドラマが中高年にヒットしたきっかけ

日本の男は情けない、韓国の男は素敵という構図

『冬のソナタ』でペ・ヨンジュンさん演じるカン・ジュンサンの自己犠牲愛は、異性に対して不器用な夫や日本人男性を情けないと感じていた中高年層の女性の乙女心に突き刺さりました。

 

それまでの欧米ドラマ・映画などにはない、”似た風貌を持つアジア人であり、海外のドラマ”という親近感と真新しさもミーハーな中高年層の心を動かしたのだと思います。

 

そして、やはり1970年代の昭和のメロドラマを彷彿とさせる展開に、当時こうしたドラマを観ていた人は懐かしさを感じながら韓流ドラマにはまってしまったようです。

 

「冬ソナ」は、山口百恵さん主演の「赤いシリーズ」で知られる1970年代の大映ドラマを思わせる波乱に満ちたストーリー展開と、雪景色の映像美が魅力の純愛物語。

「繰り返し障害に立ち向かい、幸せになるのを願いながら見るのは大映ドラマのよう。時代背景が放送当時より少し前で、日本人にとっては衣装やメークも懐かしかった。『冬ソナ』は意図せずして誰もが好む普遍的なものに触れるタイミングだった」

 

引用:SANSPO.COM – 平成16年「『冬ソナ』ヨン様と韓流ブーム」

 

そして、韓流ブームを盛り上げるためにメディアは「韓流四天王」という言葉を作って、特に人気のあった韓流スター俳優、ペ・ヨンジュンさん、イ・ビョンホンさん、チャン・ドンゴンさん、ウォンビンさんを掲げて彼らが主演するドラマや映画をプッシュしました。

 

 

 

韓流ブームに対して”嫌韓ブーム”が起こる

2002年に始まった韓国人への違和感

嫌韓の動きは韓流ブームが起きる2003年の前年に起きており、それは日韓FIFAワールドカップでした。

 

この日韓FIFAワールドカップは開催前から「なぜ共同開催なのか」ということは言われてきましたが、それは開催地に日本が手を挙げたことに対して韓国が対抗するように慌てて手を挙げたことに始まりました。

 

当時韓国はアジア通貨危機により大不況に陥っていたため、開催スタジアムを建設する費用が無かったため、すでに大会チケットの販売が始まっているということもあり、日本が30億円を融資する形でスタジアムの建設が実現しました。

 

元々日本での単独開催だと言われていたところを、韓国が相乗りし、さらに日本人の血税を出させたことに日本人は反発していました。

 

そして、いざ大会が始まると韓国代表選手のアン・ジョンファンさんがアメリカ代表から得点した際に、ソルトレークオリンピック時のスピードスケートでの誤審で韓国選手が金メダルを逃したことに対するスケートパフォーマンスを行うなど政治的アピールをして物議を醸しました。

 

さらに酷かったのは、韓国代表は対戦したイタリア代表選手らにことごとく目に余るラフプレーを仕掛けて世界のサッカーファンを唖然とさせ、韓国代表がピンチになると韓国サポーターが大ブーイングをするなどマナーの悪さが目立ちました。

 

これに対しオランダ代表のヨハン・クライフさんは「W杯の恥さらし国家。韓国は史上最低の開催国として歴史に名を刻むだろう」と言い放ち、その他のスター選手らも同じように韓国をなじるコメントを残しました。

 

もちろん日本人も共同開催したことが恥ずかしくなるほど韓国人の劣悪ぶりを批判し、この頃から「韓国人は何かがおかしい」という風潮が世間に広がることになります。

 

このあたりから日韓関係は急速に冷え込み始め、韓流ブームを推し進めていたフジテレビやNHKなどのテレビ局へのデモや不買運動が起こり、2005年には著書「マンガ嫌韓流」が累計100万部を突破するベストセラーとなり”嫌韓ブーム”が到来しました。

 

 

韓流ドラマブームの終焉と嫌韓ブームの激化

韓流ブームが失速し嫌韓ブームが激化した

2005年以降は韓流ドラマブームは下火となっていき、それまで夢中になっていた中高年層も「観なくなった」という人がアンケートで増えるようになりましたが、逆に嫌韓の動きは活発化し、2006年には「在特会」が生まれることになります。

 

韓流ドラマの人気が失速した理由は、ペ・ヨンジュンさんをはじめとする韓流スターに頼りすぎたことによる多様性のなさであり、一部の熱狂的なファンだけを残してライトユーザーがことごとく観なくなってしまったことにあります。

 

しかし、フジテレビとNHKが韓流ドラマを定期放送していたことに対して嫌韓ユーザーらによるデモや不買運動が相次ぎ、スポンサーがダメージを受けたことからフジテレビは2005年に定期放送を打ち止めしてしまいます。

 

ネット社会の急激な普及に伴い、嫌韓ユーザーはネット上で結束していかに韓国と断交すべきかを熱論し、それらを取りまとめるように桜井誠さんが「在日特権を許さない市民の会」通称”在特会”を立ち上げて全国で会員を募り過激な嫌韓デモを繰り返しました。

 

これらのデモで叫ばれたシュプレヒコールでは在日韓国人、朝鮮人を「ゴキブリ」「チョン」などと蔑称で罵倒し、ヘイトスピーチとして社会問題にまで発展しました。

 

社会で嫌韓ブームが過激さを増す一方で、2005年からNHKで放送された時代劇ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』が再び中高年層にヒットし、『冬のソナタ』の時とは違い男性からも高い支持を得たことから、下火だった韓流ドラマが再び注目されるようになります。

 

 

第2次韓流ブーム(2010~2011) K-POPブーム

韓流ドラマに続いてK-POPが日本市場に投入される

「東方神起」に続き「少女時代」「KARA」が注目を浴びる

2005年にいち早く日本デビューしたアイドルグループ「東方神起」に続いて、2010年からは「少女時代」「KARA」がデビューし、男女問わず若い世代を中心に大ヒットしました。

 

他人数アイドルグループは「AKB48」や「モーニング娘。」などが人気を集めていましたが、メンバー全員がモデルのようなプロポーションでセクシーさを全面に押し出した「少女時代」や「KARA」は新鮮であり第2次韓流ブームを巻き起こしました。

 

しかし、日本の音楽界はこうしたK-POPに対して冷ややかであり、2010年にこれらのK-POPアイドルグループが席巻しながらも『NHK紅白歌合戦』での出場機会を与えられなかったことに、韓国メディアは「日本は韓流を恐れている」と揶揄しました。

 

しかし、2011年に入ると韓国政府はよりK-POPを世界に押し出す政策を取ったことで、同年の日本での「ヒット商品番付」に「K-POP」をランクインさせることに成功し、『NHK紅白歌合戦』についに「東方神起」「少女時代」「KARA」が出場を果たすことになりました。

 

これらの動きに対して、詳しくは後述しますがネット上で「韓流のゴリ押し」「紅白歌合戦は日本国民が楽しむための番組なのに何故K-POPを出場させるのか」と言った批判で溢れました。

 

同時にこの頃から「AKB48」などAKBグループのゴリ押しで『NHK紅白歌合戦』がアイドルグループで溢れかえったため、演歌界の大御所である北島三郎さんが「紅白がつまらなくなった」と言ったことを象徴するように紅白離れが加速していきました。

 

K-POPブームが契約問題で下火となる

「東方神起」が契約騒動、脱退でK-POP人気に陰りが出始める

2009年7月頃から「東方神起」のジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんが所属事務所SMエンターテインメントと契約騒動から脱退し、その後事務所を移籍して「JYJ」として活動再開するも、「東方神起」に残ったユンホさんとチャンミンさんはしばらく活動休止に追い込まれました。

 

2010年頃から韓国からK-POPアイドルグループが続々とデビューされ「INFINITE」「SISTAR」「Girl’s Day」「Apink」など似たようなグループが乱立したことから供給過多と見られ、韓国政府の後押しに反するようにK-POPブームは失速していきました。

 

この背景には、K-POPグループはそれぞれの事務所が練習生を何年もかけて育成し、完成形として排出するため、それまであった既存のグループから乗り換えされてしまうことでファンが定着しない傾向が強いとされています。

 

その動きは2019年現在までにも顕著に出ており、圧倒的な人気を誇っていた「少女時代」は完全に失速して代わりに「TWICE」が覇権を握っています。

 

K-POPはこうした非常に特殊な構造をしていることから、一部の熱狂的なファンは獲得したとしても広く支持されないため終焉を迎えるのが早いようです。

 

 

 

 

第3次韓流ブーム(2017~) 韓流全般のブーム

韓流ドラマやK-POP、韓国文化が注目される

「韓国人になりたい」10・20代女性が急増中

2017年頃から10・20代の女性を中心に急速に「韓国人になりたい」と願う若者が増えており、それまでそうした世代に好かれていたK-POPはもとより、幅広い韓国人女優や俳優、その他タレント、韓国食や文化などが注目され始めました。

 

わかりやすい例で、2017年の「10代女子が選ぶ流行したモノ」の1位にはチーズタッカルビが選ばれ、この世代の流行の影響で同年のクックパッド「食のトレンド大賞」を受賞しています。

 

現在のそうした世代の若年層はツイッターやインスタグラム、LINEなどを当たり前のように使う”SNS世代”とも呼ばれますが、ツイッターのハッシュタグで「#韓国人になりたい」と検索すると1万件以上がヒットします。

 

「#アメリカ人になりたい」でも数百件程度だということを考えると、いかに若い世代が韓国人になりたがっているかが分かります。

 

その理由として挙げられるのは、K-POPや韓国人女優などいわゆる”韓流スター”が非常にこうした世代に響くファッションをしていることからいわゆるファッションリーダーになっており、「おしゃれな韓国人になりたい」という短絡的なものでした。

 

超学歴社会で徹底した反日教育社会、貧困格差が激しく兵役もあるなどこうした事実を知る人なら「韓国人になりたい」など考えるはずもなく、情報番組のコメンテーターも務める武藤正敏元駐韓大使が2017年に出版した『韓国人に生まれなくてよかった』に書かれてあることが多くの日本人が考えることでしょう。

 

しかし、こうした若い世代は物心着いた頃から韓流ドラマを見て俳優や女優に憧れ、K-POPを当たり前に聴いて育った世代のため、国境に関係なく「ハマった芸能人」であり、そこに日韓の政治的な問題や嫌韓などは入り込む余地は無かったようです。

 

特に若い世代でSNSを使う際に”韓国”のハッシュタグを入れると反応が良いことから、インフルエンサーは必ず意識しており、それによって相乗効果で韓流が広がっているようです。

 

「韓国っぽいメイクやファッションをSNSにアップすると、『いいね!』をたくさんいただいて。特にハッシュタグを韓国語で入れると、フォロワーさんがぐっと増えるんです」と栞さん。高校生から、「コスメ何使っていますか」「髪はどうやって巻いていますか」と、質問のコメントがつくという。

 

引用:現代ビジネス – インスタ女子の間で「#韓国人になりたい」流行中の意外と深イイ理由

 

つまり、10・20代女性が中心となって牽引する第3次韓流ブームは、第1次韓流ブームの副産物と言えるかもしれません。

 

 

 

 

韓流ブームは”ゴリ押し”の捏造されたもの?

 

韓流ブームは世間一般で起きたブームではない

「韓流ブーム」と聞くと世間一般を巻き込んで起きたブームのように聞こえ、そのことが「ゴリ押し」と声を上げるネトウヨや嫌韓ユーザーが噴出しましたが、第1次韓流ブームから世代を絞ったブームでした。

 

韓流ブームが全世代に幅広く対応しない理由として、ここまででも少し取り上げたように韓国政府主導で計画的にターゲットを絞って日本市場に投入してきたという側面があるからでしょう。

 

これをネトウヨ、嫌韓ユーザーは”ゴリ押し”と呼んでいますが、韓流ドラマやK-POPのターゲットにされた中高年層女性や10・20代の政治に無関心な若年層にとっては”スッポリ”とハマった芸能文化であり、こうした世代が韓流ブームを牽引してきました。

 

しかし、韓流ブームファンというのは非常に偏りがあり、中高年層も若年層も圧倒的に女性が多いということです。

 

「AKBグループ」に代表されるように日本のアイドルグループには圧倒的に男性ファンが多いですが、K-POPの場合は女性がファッションアイコンとして見ているファンが圧倒的に多く、逆に単純に可愛いからファンになっているという男性は少数派になっています。

 

それはK-POPの男性アイドルグループや俳優にも同じことが当てはまります。

 

 

 

 

 

韓流ブームは現在終わった?むしろ拡大しつつある?

 

韓流ブームはむしろ拡大しつつある?

2018年11月に韓国メディアで「日本でのK-POPの観客動員数が減少傾向にある」と報じていますが、これは一時的な減少である可能性が高いようです。

 

2018年11月7日、韓国メディア・韓国日報は「今年の日本でのK‐POP公演の観客数がここ5年で最低を記録した」とし、「日本のK‐POPブームは終息しつつあるのか」と懸念を伝えている。

 

最近日本で発表された公演観客動員数ランキングで、K‐POPからは東方神起、防弾少年団、SHINee、EXO、SEVENTEEN、TWICEがランクイン。7グループが動員した総観客数は約275万人だった。同ランキングは毎年発表されているが、14年には327万人(9グループ)、15年は283万人(6グループ)、16年は358万人(6グループ)、17年は330万人(7グループ)を記録していた。

 

引用:レコードチャイナ – 日本の韓流ブームは終わった?K‐POP公演の観客減少を韓国メディアが懸念

 

確かに数字だけ見れば2018年は観客動員数が減少してますが、時期的なものが強いことがいくつかの理由より語られています。

 

まず、日本で圧倒的な人気を誇っていたアイドルグループ「BIG BANG(ビッグバン)」のメンバーはほとんどが兵役中のため活動休止中であり、活動再開は2021年以降とされています。

 

上記の数字に「BIG BANG」が加わっただけで「人気が収束している」とは感じなくなると指摘されています。

 

また、日本で人気の「防弾少年団(BTS)」などはアメリカ進出に力を入れており、K-POPは世界展開に力を入れていることから、日本だけに注力していないという理由もあるようです。

 

日本でのK-POPブームを牽引してきた「東方神起」は現在も日本のアーティストよりも観客動員数が多いことも挙げられ、韓流ブームは収束していっているわけではなく、むしろ若い世代を中心に拡大している傾向にあるようです。

 

 

 

 

 

韓流ブームの歴史について総まとめすると・・・

日本で2003年から巻き起こった韓流ブームの歴史について総まとめしてきました。

 

・韓流ブームは2019年現在10・20代の女性が中心となって牽引している

・韓流ブームは2019年以降も拡大し続ける可能性が高い

 

とはいえ、韓流ブームと言ってもやはり”小室ブーム”や”安室ブーム”などのような全国民を巻き込むような現象ではないため、これまで興味のなかった層は今後も見向きをしないと思いますし、日韓の関係が本当の意味で良好にならない限りはいずれ縮小するかもしれませんね。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

カメラアプリの人気おすすめ7選!韓国女子の間で流行り~優れた機能も紹介

韓流

韓流の読み方&種類や違いまとめ!「かんりゅう」「はんりゅう」どちらが正しい?

韓国歴史捏造

韓国の歴史捏造疑惑5つと真実!従軍慰安婦・過去の侵略・徴用工・日帝時代・天皇朝鮮起源説

韓国人の平均年収!企業別年収ランキング10選・日本人の年収との比較も総まとめ

韓国人の顔の特徴8個!整形美人が同じ顔に見える理由も紹介【女性・男性】

韓国語の数字の読み方&覚え方!漢数詞と固有数詞の使用例・分かりやすい動画も紹介

韓国がノーベル賞・平和賞以外を取れない理由!日本の受賞歴・韓国が行うべき3点も総まとめ

韓国の人口まとめ~推移・減少の原因2つ・日本との比較など【2020最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

SUPER JUNIORキュヒョンの事故の真相&現在の兵役と除隊日まとめ

キムチのおすすめ人気ランキング20選<国産・韓国別>選び方や違い・辛さなど特徴も総まとめ

AOAの整形を昔の顔画像で検証!ジミン・ユナ・ヘジョン・ミナ・ソリョン・チャンミ

イビョンホンの現在!嫁イミンジュンとの子供や結婚式~最新情報まとめ

キム・テヒ

キムテヒにあご整形疑惑!昔から現在までの画像で顔の変化を比較検証

韓国のお土産~コスメ・化粧品の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

韓国の美容整形外科のおすすめ有名ランキング10選!料金相場・日本人に魅力的なポイントも総まとめ

イヨンエの現在!夫や子供情報~馴れ初めや極秘結婚式など総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

韓国の食べ物おすすめ人気ランキング20!スイーツ・辛い料理・定番料理など総まとめ

TWICEジヒョが超かわいい!昔~現在の画像&動画を多数紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す