日本人韓国人顔の違い

日本人と韓国人の顔の違いや見分け方!男性も女性も目・眉・頬骨・エラで見分けられる?

はじめに

日本人と韓国人は同じアジア人なので男性も女性も平面的な顔立ちは共通ですが、よく見ると顔のパーツや骨格に違いがあります。

 

この記事では日本人と韓国人の顔の違いや見分け方について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

日本人と韓国人の顔の違いや見分け方について

 

日本人と韓国人を見分けるコツは目・眉・頬骨・エラなど

日本人と韓国人は同じアジア人なので平面的な顔立ちは共通であり、欧米圏の人にとっては非常に見分けづらい要因になっていますが、個々のパーツを見ると明確な特徴があります。

 

一般的な日本人の顔の特徴は以下の通りです。

1. 一重まぶたが多く、蒙古ひだがある
2. どんぐり目が多い
3. 眉毛が一直線に伸びている
4. 欧米人に比べて後頭部が絶壁になっている
5. 小さくて丸い頭部の人が多い
6. 歯並びが悪い人が多い(矯正しない人も多く、日本人を特徴づける印象のひとつ)
7. 彫りが浅く、鼻が高くなく平面的な顔立ち
8. 口は普通で唇が厚い人が多い
9. 鼻が小さくシャープな人が多い
10. 耳たぶはふくよかで厚みがある人が多い
11. 顎が弱々しく小さい人が多い
12. 頬骨の位置は普通で標準的な人が多い
13. 眉やもみあげ、その他体毛が濃い人が多い
14. 肌は色白な人が多い
 

一方、一般的な韓国人の顔の特徴は以下の通りです。

1. 一重まぶたが多く、蒙古ひだがある
2. 切れ長の目、つり目が多い
3. 眉毛が上がって下りている
4. 日本人よりもさらに後頭部が絶壁になっている
5. 小さくて丸い頭部の人が多い
6. 歯並びが悪い人が多い(ほとんどの人が矯正済み)
7. 彫りが浅く、鼻が高くなく平面的な顔立ち
8. 口が小さく唇が厚い人が多い
9. 鼻が小さく、鼻の先端まで大きくない
10. 耳たぶが薄い(「朝鮮耳」と呼ばれている)
11. 顎がしっかりしていてエラが張っている
12. 頬骨の位置が高く張り出している
13. 眉やもみあげ、その他体毛が薄い人が多い
14. 肌は色白な人が多い

 

これらの特徴の中で、日本人と韓国人で比較的共通だと思われる項目を挙げると、1番、2番はやや共通、5番、6番(韓国人はほとんど矯正済み)、7番、8・9番はやや共通、14番という感じになります。

 

一般的な印象として浸透している、日本人と韓国人の顔の特徴を見分けるために最もわかりやすい特徴は2番、4番、11番、12番などでしょう。

 

10番は韓国人は耳たぶが無い人が多く「朝鮮耳」と呼ばれることもあり、時には差別の対象となってきた特徴ですが、日本人にも耳たぶが薄い人は少なくないため一概には見分けるポイントとは言えないでしょう。

 

日本人と中国人は比較的標準的な顔立ちの人が多いのに対して、韓国人や朝鮮人はやはり顎骨が突出した人やエラが張った人、切れ長の一重まぶたでつり目の人も多く見られるため一番見分けやすいポイントだと言えます。

 

ただ、これは男性を見分ける時には役立つポイントとなりますが、韓国の成人女性はほとんどの場合化粧や美容整形をしていることが多いため判断基準とならないことが多いようです。

 

韓国人女性と親密な関係になって化粧を取ったすっぴんの顔を見たら驚いた、というエピソードも珍しくありません。

 

では、化粧をした女性の見分け方について、欧米圏で話題になっている画像とともにご紹介しましょう。

 

 

 

欧米人から見た日本人と韓国人の顔の印象

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す