在日韓国人・朝鮮人の犯罪

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者ランキングTOP15!日本での事件概要と真相も総まとめ

はじめに

在日韓国人・朝鮮人は見た目では日本人と見分けがつけにくく、犯罪の報道で通名が使われると日本人だと錯覚してしまうことも多くあります。

 

今回は在日韓国人・朝鮮人の犯罪者を衝撃度順にランキング形式で15人まとめてみました。

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 15位 金保

 

「聖神中央教会事件」の犯人

犯罪発生日:2005年4月6日
犯罪内容:信者の少女7人に性的暴行

 
「聖神中央教会事件」とは、 2005年に発覚したキリスト教系新興宗教団体である聖神中央教会の主管牧師を務める在日韓国人・金保(通名・永田保)による性犯罪事件です。
 
金保は主管牧師という立場を利用して、敬虔な信者の少女ら7人に対して計22件の性的暴行を繰り返していました。
 
保護者が娘から被害を聞き、金保に事情の説明と謝罪を求めたところ、「事実無根で子供たちが嘘をついている」と言い逃れた上、さらには子供たちを「教会を破壊する悪魔」と罵りました。
 
その後、金保は強姦や強姦未遂、準強姦の容疑で逮捕されました。

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 14位 辛光洙

 

「辛光洙(シン・グァンス)事件」の犯人

犯罪発生日:1980年6月
犯罪内容:北朝鮮拉致事件の実行犯

 
当時北朝鮮工作員だった辛光洙は、1980年6月に北朝鮮政府の指令を受けて大阪府在住の原敕晁さん(当時43歳)に接触。
 
仲良くなった上で宮崎県の青島海岸に連れ出し、仲間とともに北朝鮮工作船で原敕晁さんを拉致しました。
 
その後、辛光洙は原敕晁さんになりすまして同人名義のパスポートを不正に取得し、数回に渡って海外に渡航し、海外拠点の設置や対韓国工作などの情報活動を行っていました。
 
1985年2月に成田から韓国に入国した際、辛光洙は韓国当局に逮捕。
 
同年11月にソウル実際において死刑判決が下されましたが、1999年12月に恩赦で釈放され、翌年9月に北朝鮮に送還されました。

 

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 13位 辺英鉄

 

「茨木市連続ひき逃げ事件」の犯人

犯罪発生日:2004年11月18日
犯罪内容:2人を車ではねて死亡させ3人に重軽傷を負わせた

 
「茨木市連続ひき逃げ事件」は、2004年11月18日、大阪府茨木市で当時新聞販売所従業員だった屋島正則(当時23歳)が乗用車を暴走させ、通行人5名をはね死傷させた無差別殺人事件です。
 
この屋島正則は在日韓国人で本名は「辺英鉄」であり、朝日新聞などは通名で報道しましたが、河北新報など他メディアは韓国名で報道しました。
 
事件当時、辺英鉄は全裸だったようで、統合失調症で通院中だったことから自殺目的での犯行でした。
 
供述では、「悪魔に命令された」「5人殺せば自殺に失敗しても死刑になって死ねる」など話し、2人を殺害し3人に重軽傷を負わせた罪は重く、無期懲役が求刑されました。
 
しかし、責任能力がないと精神鑑定が出たことにより無罪となりました。

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 12位 朴鐘顕

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪

出典:https://www.pinterest.co.uk/

「講談社エリート編集長による殺人事件」の犯人

犯罪発生日:2016年8月9日
犯罪内容:妻を殺害

 
同事件は、2017年当時出版社最大手・講談社のエリート編集次長だった朴鐘顕(パク・チョンヒョン・当時41歳)が、自身の妻である佳菜子さん(当時38歳)を自宅で殺害した事件です。
 
朴鐘顕は2009年、「別冊少年マガジン」の創刊メンバーに携わり、世界的なヒット作となった人気漫画「進撃の巨人」を世に送り出しています。
 
さらに、2016年6月からは漫画雑誌「モーニング」の編集次長に就任しており、こうしたエリート編集者の逮捕に、世間は衝撃を受けました。
 
佳菜子さんの首には絞められた跡があったにもかかわらず、朴鐘顕は「階段から落ちた」と嘘をつき、その後「階段の手すりにかけたジャケットで首をつって自殺した」と供述を変えました。
 
罪を逃れようと一貫して無罪を主張していましたが、2019年3月6日に懲役11年の有罪判決が下り現在控訴中です。

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 11位 徐裕行

 

「村井秀夫刺殺事件」の犯人

犯罪発生日:1995年4月23日
犯罪内容:殺人

 
「村井秀夫刺殺事件」は、当時オウム真理教の幹部だった村井秀夫が山口組傘下の右翼団体「神洲士衛館」の構成員を名乗る在日韓国人・徐裕行(ソ・ユヘン)に殺害された事件です。
 
東京都港区南青山にあったオウム真理教の教団東京総本部前において、200人以上のマスコミ関係者に囲まれている中で起きた大胆な犯行でした。
 
「神洲士衛館」は休眠中の団体で、徐裕行は三重県伊勢市にある山口組系暴力団「羽根組」の構成員でした。
 
2007年1月に出所しています。

 

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 10位 韓国人男性?

 

「世田谷一家惨殺事件」の犯人

犯罪発生日:2000年12月30日
犯罪内容:一家4人の殺害

 
「世田谷一家殺人事件」は、2000年12月30日に東京都世田谷区上祖師谷に住んでいた一家4人が何者かに殺害された未解決事件です。
 
同日23時頃から翌31日未明にかけて犯行が行われ、父親(当時44歳)、母親(当時41歳)、長女(当時8歳)、長男(当時6歳)の一家4人が殺害されました。
 
翌31日午前10時40分過ぎ、隣に住む実母が発見し、事件が発覚しました。
 
犯人は、殺害現場で家にあったアイスクリームを食べたり、現場にしばらく留まるなど異常な行動をとっていたことが分かっています。
 
また、現場に残されたDNA型鑑定により日本人には少ない型だとされ、採取された指紋が犯人と睨んでいた韓国人男性のものと一致しましたが、韓国当局は協力をしませんでした。
 
この事件は未だに未解決事件となっており、警察は日本人との混血である可能性も含めて捜査を続けています。

 

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 9位 和田真一郎

 

 スーパーフリー事件」の犯人

犯罪発生日:2003年5月18日
犯罪内容:数百人単位の女性への強姦

 
「スーパーフリー事件」は、当時早稲田大学の学生だった和田真一郎が代表を務める同大学インカレサークルにおいて、数百人の女性に性的暴行を行った平成で最悪とされる性犯罪事件です。
 
和田真一郎はインカレサークル「スーパーフリー」の代表として、芸能人のような振る舞いで女性を巧みに誘い、メンバーと共謀して酒に酔わすなどして性的暴行繰り返していました。
 
2003年に14年の実刑判決を受けて服役していた和田真一郎は、2018年6月に出所しました。
 
しかし、世間に名前が知れ渡ってしまったことから仕事では別名を名乗っているとインタビューで明かしていました。
 
和田真一郎の性犯罪歴の凄まじさから、ネット上では在日韓国人・朝鮮人説が浮上していましたが、帰化人や在日だという証明となる情報はなく、あくまで噂の範囲を出ていないようです。

 

 

在日韓国人・朝鮮人の犯罪者衝撃ランキング 8位 新井浩文

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す