通名制度

通名制度はなぜ廃止にならない?制定の背景や犯罪の温床になる理由も総まとめ

はじめに

「在日特権を許さない市民の会(在特会)」など右翼・保守派団体が通名制度を批判し、社会問題にも発展しています。

 

今回は通名制度が制定された背景など歴史的経緯、犯罪の温床となる理由、なぜ廃止にならないのかをまとめました。

通名制度とは

 

在留外国人に適用される通名制度

 

 

”通名”というと問題となっている在日韓国人・朝鮮人が連想されますが、制度の本質は「在留外国人が日本での社会生活を送りやすくするための制度」となります。

 

通名制度について、ウィキペディアでは以下のように定義されています。

 

 

本名ではなく、一つ、もしくは複数の通称名を名乗って生活することには現行法上の制限や規制はないが、単なる自称名で法律行為を有効に行うことは原則としてできず、詐欺罪や文書偽造罪などに問われる場合がある。しかし在日外国人の通名は、居住する区や市町村への登録を条件として法的な効力を持つ。

 

引用:Wikipedia – 通名

 

通名は、在日外国人だけでなく日本人も使用することは可能です。

 

しかし、住民基本台帳法では戸籍謄本や住民票への登記はできず、ビジネス上での銀行口座開設や契約書など法的文書で通名を使用した場合、詐欺の疑いで逮捕されることもあります。

 

 

一方で、在日外国人の通名制度は「日本での社会生活を過ごしやすくする」という目的に則って、登記や契約文書などの法的文書でも使用が可能です。

 

就労においても通名での応募や雇用保険の受給が可能であり、公務員としても勤務することが可能なため、実質的に本名と同じ扱いになります。

 

ただし、印鑑登録証明書や免許証などの身分証明証には、通名以外に本名を記載することが必須となっているため、銀行口座を量産するなどの犯罪には通名は使えないことになります。

 

しかし、国民健康保険被保険者証や障害者手帳等の写真付き証明証は通名だけでも取得が可能なため、この法の抜け穴を利用して後述するような犯罪が横行しました。

 

 

通名制度が施行された理由

 

在日韓国人・朝鮮人が勝手に名乗り始めた

 

 

通名制度は日本政府が先行して施行した法律ではなく、戦前から在日韓国人・朝鮮人が勝手に名乗り始めたため、後付けで法制定をしたというのが背景にあるようです。

 

1940年2月11日に通名制度「創氏改名制度」が施行されましたが、韓国併合後の1905年頃から内地(日本国内)に渡ってきた在日韓国人・朝鮮人は日本名を名乗る人が多かっようです。

 

そのため、日本人と在日韓国人・朝鮮人を区別しながらも、内地での生活を安定させるために第二次世界大戦開戦翌年に「創氏改名制度」が施行されました。

 

 

当時、在日韓国人・朝鮮人は「部落民」として、現代とは比較にならないほど酷い差別を受けていました。

 

無番地の掘っ立て小屋に住んでいる人も多く、子供は学校で殴る蹴るの酷いいじめに遭うことも珍しくありませんでした。

 

そうした社会問題を緩和するためにも通名制度は施行されたのでしょう。

 

 

しかし、終戦の1945年以降は日本の統治時代を終えて韓国はアメリカ軍事政権下に置かれ、1946年の「朝鮮姓名復旧令」により、それまであった通名の法的根拠を失うことになりました。

 

日本政府は膨大な登録数になっていた通名をすべて無効にするのは行政上不可能だったため、法的根拠を欠いたまま、2009年まで通名が使用されることになってしまいました。

 

 

2009年7月に日本政府は通名制度の見直しとして「外国人登録法」の改正と、「外国人登録証明書」を廃止し、「特別永住者証明書(在留カード)」への2012年での移行を発表しました。

 

そして、2012年7月に「改正外国人登録法」の施行および「特別永住者証明書」への切り替えと「住民登録」の義務化を推進し、本名のみでしか登記できなくなりました

 

 

通名制度を悪用した犯罪が横行

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

  1. 「通名制度は在日韓国人・朝鮮人と日本人双方に利便性がある」 日本人に利便性は無いと思います。むしろ、通名制度を利用出来ない日本人が逆差別を受けているとしか思えません。 他の外国人の方々のように、日本国籍を取ろうが、外国籍であろうが、カタカナで名前を書いてもらいたい。 他の正規在日外国人に対しても通名は、逆差別です。 なりすまし犯罪がまかり通る通名は、在日コリアンや中国人に余計な不信感を持つ制度でしかありません。 昨今の不法滞在や保険証などの使い回し、生活保護詐欺など、バレて困るような犯罪行為をしていないのであれば「通名」ではなく本名を名乗るべきです。

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す