焼肉屋と在日文化

焼肉屋のルーツは在日韓国人・朝鮮人?理由や背景・経営者の割合・現状も総まとめ

今や老若男女問わず日本国民が大好きな「焼肉」ですが、そのルーツは在日韓国人・朝鮮人によるホルモン焼き屋だと言われています。

 

今回は焼肉屋のルーツが在日韓国人・朝鮮人と言われる理由や背景、経営者の割合をまとめてみました。

焼肉屋のルーツが在日韓国人・朝鮮人と言われる理由とは

焼肉屋の起源は?

日本で焼肉自体は飛鳥時代からあった

 

焼肉そのものは在日韓国人・朝鮮人の文化がルーツではなく、日本人は狩猟が盛んだった古来飛鳥時代から野山の動物を直火で焼いて食べていたと言われています。
 
しかし、奈良時代になると天武天皇が「殺生禁断令」を発布したため、日本での食肉文化は一時途絶えることとなり、その後明治時代に復活しました。
 
とは言え、江戸時代には表向きには食肉禁止だったものの、焼肉を始めとする肉料理は大名など身分の高い階級はもちろんのこと、庶民にとっても隠れた楽しみの1つでもありました。
 
明治時代に食肉が解禁されると、焼肉よりは牛鍋や西洋料理などが主流であり、焼肉文化が広く浸透し始めたのは戦後のことでした。

 

焼肉屋が生まれた背景が在日韓国人・朝鮮人である理由

焼肉文化の始まりは屠殺業だった

 
第二次世界大戦の前後に大陸から多くの在日韓国人・朝鮮人が日本に渡ってきましたが、多くが日本語を話せない上に激しい民族差別があったため正業には就けませんでした。
 
そのため、くず鉄拾いや廃品回収、食肉用の牛や豚を殺す屠殺業など日本人が嫌がる仕事しかありませんでした。
 
なお、屠殺業などは日本の被差別部落地域の人々も生業としていました。
 
当時、屠殺場で働く日本人は内臓を捨てていましたが、さらに身分の低い在日韓国人・朝鮮人は深刻な食糧難から、その捨てられる内臓を持ち帰り、直火で焼いて食べていました
 
そして、これをお店として屋台で振る舞い始めたのがホルモン焼き屋であり、後に焼き肉屋に発展していくことになりました。
 
なお、ホルモン焼きの語源は「放るもん」だと言われています。
 
ホルモン焼き屋にカルビやロース等の生肉を取り入れたものが、焼き肉屋として発展していきました。
 

焼肉屋が在日韓国人・朝鮮人により広がる

今日の焼肉文化は在日韓国人・朝鮮人の貢献が大きい

 

前述のように在日韓国人・朝鮮人によるホルモン焼き屋が発展して、1946年に焼肉の元祖とされる「明月館」や「食道園」などが誕生しました。
 
そしてそれらの店に続く形で名だたる焼肉店が登場するようになりましたが、それらの多くは在日韓国人・朝鮮人によって創業されました。
 
なお、今日までの高級焼肉店の先駆けであり、タンに塩とレモンを合わせたタン塩の生みの親でもある「叙々苑」の創業者・新井泰道さんは「明月館」の出身でした。

 

 

焼肉屋が急速に日本に広まった背景とは?

焼肉屋の文化を日本人が浸透させる

「エバラ焼肉のタレ」により庶民に焼肉文化が広がった

 

戦後の焼け野原から1950年代後半に始まる高度経済成長とともに、日本では焼肉文化が急速に浸透していきました。
 
その一端を担ったのがエバラ食品が発売した焼肉のタレの元祖「エバラ焼肉のタレ」であり、このタレを肉に揉み込めばお店のような味が楽しめるという触れ込みで一気に広まりました。
 
また、タレをあらかじめ肉に揉み込むのではなく、焼いた後でつける日本独自の「つけダレ」文化もこの頃に登場しました。

 

無煙ロースターで女性客も焼肉へ

無煙ロースターの登場が焼肉業界に革命を生んだ

 

焼き肉屋が生まれた当時、煙を排出するシステムがなかったため、店内には煙が充満しているのが当たり前でした。
 
それを覚悟の上でお店を訪れる必要があり、煙たさや煙の臭いが服につくのを嫌がる女性客からは敬遠されていました。
 
この問題を解消したのが「無煙ロースター」の発明でした。
 
現在では、焼肉店に常設されている煙を吸うロースターにより、多くの女性客を取り込むことに成功し、焼肉文化は大きく改革されることとなりました。

 

「牛角」など安価な焼肉屋が急増し外食文化が安定

1990年代からリーズナブルな焼肉店の急増

 
1991年に牛肉の輸入自由化が認められたことで、海外産の安い牛肉が大量に輸入され、牛肉の価格は一気に下がりました。
 
これにより焼肉店は安い牛肉を仕入れられるようになったため提供価格を下げ、リーズナブルな価格での提供が可能になりました。
 
そして「牛角」などに代表されるリーズナブルな価格で焼肉を楽しめるお店が増えました。
 
一方、松阪牛や神戸牛といった国産牛を売りにした高級焼肉店もできるなど、幅広いジャンルが生まれ、市場の競争は激化していきました。
 

焼肉屋で在日韓国人・朝鮮人が占める割合とは?

 

大手チェーンは在日経営者が多い

 
焼肉店経営者の日本人と在日韓国人・朝鮮人の割合を正確に出している統計は無いようですが、大手チェーンは在日の割合が高いとされています。
 
高級焼肉店の代表格である「叙々苑」の創業者である朴泰道さんをはじめ、「正泰苑」の金日秀さんなど、歴史あるお店は在日韓国人・朝鮮人の経営者が多いようです。
 
ただし、現在までに急増したリーズナブルな焼肉チェーン店は日本人経営者が多いようです。
 
戦後から「寄せ屋(くず鉄屋)、ヘップ(サンダル工場)、焼肉屋」は在日韓国人・朝鮮人の三大職業と言われており、焼肉店は創業者から2世、3世と受け継がれている店も多いのです。

 

 

焼肉屋の在日韓国人・朝鮮人のルーツ説は嘘?現状も紹介

焼肉屋のルーツ”ホルモン”の語源は嘘?

ホルモンの語源は「放るもん」ではない

 

前述で、ホルモンの語源を「放るもん」だと紹介しましたが、実はネット上で広く流れてしまった俗説であり、実際にはちゃんとした語源があります。
 
男性ホルモンや女性ホルモンなどよく聞く言葉があるように、「ホルモン」とは体の内分泌質を意味する医学用語です。
 
そして、滋養強壮の効果があることから、牛や豚の内臓もホルモンと呼ぶようになったと言われています。
 
日本人が放り捨てるものとして「放るもん」が語源であると言う説は面白いですが、焼肉の起源が在日韓国人・朝鮮人が始めたホルモン焼き屋というのも否定する説があります。

 

焼肉屋は日本古来からあった?

もつ焼、もつ煮込みは日本古来からあった

 

食文化史研究家の佐々木道雄さんが著した『焼肉の文化史』『焼肉の誕生』などによれば、日本は明治時代以前から焼き肉やモツを使った料理の文化があったことを紹介しているようです。

 

『焼肉の文化史』(明石書店)、『焼肉の誕生』(雄山閣)を著した食文化史研究家の佐々木道雄は、明治以前から日本人は山間部を中心に鳥や猪などの肉を直火で焼いて食べていたこと、戦前から牛や豚の内臓を使ったモツ煮込みや、串に刺して焼いて食べるモツ焼きがあったことを、複数の文献をもとに指摘している。

 

引用:JBPRESS – 「焼肉」は日本で独自に発展した料理だった

 

佐々木道雄さんは、1930年代にソウルで流行っていたカルビ焼きやプルコギなどが日本に持ち込まれて焼肉文化に発展した、という説についても否定しているようです。

 

焼肉屋は朝鮮文化と日本文化がうまくミックスされた?

戦前の東京朝日新聞でも焼肉料理が紹介されていた

 

在日韓国人・朝鮮人により焼肉文化が急速に日本人に伝わったとされるのは戦後のことですが、戦前にも東京朝日新聞で朝鮮式の焼肉が紹介され、世間で認知されていたようです。

 

 1933(昭和8)年3月25日付の東京朝日新聞には、「趣味の朝鮮料理 風変りな牛肉料理」と題して、「焼肉と心臓」というレシピが紹介されている。

全国紙の家庭欄で紹介されていたくらいだから、戦前にはすでに朝鮮から焼肉らしき料理が輸入され、一定の認知度はあったのだろう。この一例だけ取ってみても、「戦前まで直火で肉を焼く習慣や内臓を食べる習慣がなかった」とは言えないことが判明した。

 

引用:JBPRESS – 「焼肉」は日本で独自に発展した料理だった

 

また、席で自分で肉を焼いて食べるという焼肉スタイルはこの頃すでに確立されていた可能性が高く、店員が目の前で焼いてハサミで切り分ける韓国式は根付かなかったと指摘されています。
 
つまり、日本の焼肉文化は在日韓国人・朝鮮人の文化を取り入れつつも、日本独自に進化させてきたものだと言えるようです。

 

 

 

 

 

まとめ 

・在日韓国人・朝鮮人の仕事だった屠殺業からホルモン焼き屋が生まれ、焼き肉屋に発展したのが定説
 
・日本には古来から焼肉の文化があり、モツについてもモツ焼きやもつ煮込みなどあった
 
・日本の焼肉文化は在日韓国人・朝鮮人の文化を取り入れつつ、独自に発展した

 

日本人は0から1を作り出すよりも、すでにある1を応用して10にも100にもすることが得意だと言われる民族ですが、焼き肉に関しても同じことが言えるのかもしれません。
 
とは言え、近年の韓流ブームも手伝って、プルコギやチーズタッカルビなど現在進行形で韓国式の影響を色濃く受けて今もなお発展し続けています。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

パチンコと在日韓国人

パチンコのルーツは在日韓国人・朝鮮人?理由や背景・経営者の割合・現状も総まとめ

日韓関係破綻

日韓関係は破綻?徴用工問題の経緯~日本への韓国人の本音&海外の反応まとめ

青梅1億円殺人事件の犯人は韓国人!被害者・小川和男の殺害理由・犯人逮捕の経緯・真相や教訓も総まとめ

日韓断交

【日韓】日本と韓国の断交の可能性は?メリットとデメリット~海外の反応も紹介

日韓問題

日本と韓国の歴史と日韓問題15選~初心者にもわかりやすく解説

韓国の人口まとめ~推移・減少の原因2つ・日本との比較など【2021最新版】

<みゆりん>韓国での日本人女性暴行事件の犯人は?ツイッターや現在など総まとめ

背乗り

背乗りの意味と実例~実話5例や見分け方まとめ!過去の凶悪事件も紹介

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

隆大介

隆大介の現在!在日韓国人の本名や国籍~暴行事件とその後まとめ

日韓関係破綻

日韓関係は破綻?徴用工問題の経緯~日本への韓国人の本音&海外の反応まとめ

小雪と旦那/松山ケンイチの結婚と子供!韓国で出産した理由・産後院トラブルも総まとめ

在日中国人/台湾人の芸能人&有名人10選!衝撃順ランキング【2021最新版】

2NE1のメンバー人気順TOP4!解散理由や現在も徹底解説【最新情報】

元EE JUMPソニンと後藤祐樹の現在!解散理由や当時の関係など総まとめ

ファンハナとユチョンの逮捕や現在!破局理由・性的動画流布疑惑など総まとめ

韓国RAINBOWのメンバー7人の人気順!解散理由や現在も総まとめ【2021最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

パチンコと在日韓国人

パチンコのルーツは在日韓国人・朝鮮人?理由や背景・経営者の割合・現状も総まとめ

東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗)の現在!生い立ち・父親と母親や弟など家族・結婚した嫁や出所後も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す