在日特権

在日特権とは~真実・嘘やデマなど内容を解説!税金・生活保護・通名問題など総まとめ

はじめに

市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」はしきりに「在日特権」を批判しており社会問題にもなっています。

 

今回は在特会が主張する在日特権について、税金や生活保護問題など詳細、それぞれの真実とデマ・嘘を解説します。

”在日特権”とは 【詳細を分かりやすく解説】

 

”在日特権”とは在日韓国人・朝鮮人だけが享受していた社会特権

 

 

”在日特権”とは、特別永住権を持つ在日韓国人・朝鮮人や中国人の「特定アジア」と呼ばれる3国の民族団体が享受している、日本国籍者や他国籍者は受けられない社会的な特権を指します。

 

 

「在特会」の創立者で初代会長である桜井誠(通名・ペンネーム)さんを中心に、2006年発足当時から在日特権を許さないとしてデモ活動を繰り返しています。

 

これは、在日韓国人・朝鮮人への差別的なシュプレヒコールが深刻な「ヘイトスピーチ問題」、そうした人への犯罪が「ヘイトクライム問題」として社会問題化してきました。

 

 

この「在特会」が掲げていた”在日特権”には、真実もあれば嘘・デマも含まれていたようです。

 

あmた、事実認識が曖昧な「ネトウヨ」がブログやSNSを通じて拡散したことから、”在日特権”の真相も曖昧になってきました。

 

 

以下のような事柄が”在日特権”と言われてきましたが、特に「在特会」が問題視していたのは、年間約2兆3千億円が消えているという、在日韓国人・朝鮮人の生活保護受給問題でした。

 

 

【特別永住権について】
・政府が「特別永住資格制度を維持する根拠」としてきた対象となる在日韓国人・朝鮮人について「過去に日本軍によって強制連行された人々とその子孫」としてきたが、歴史認識を誤った問題で特権だと主張。

 


【通名について】
・在日韓国人・朝鮮人は通名を名乗ることができるが、日本人は通名を使っていないため特権だと主張。さらに、通名を使って日本人を語り犯罪を繰り返す人間がいたり、マスコミも本名で報じず、通名を変えて犯罪歴を抹消したり、犯罪用の通帳も簡単に作れるのは特権だと主張。

 

【生活保護について】

・在日韓国人・朝鮮人は日本国籍者に比べて簡単に生活保護が受給できる。在日の無職率が5割を超えていながら日本に在住し続けられているのが理由であり特権だと主張。

 


【NHK受信料、公共料金について】

・在日韓国人・朝鮮人はNHK受信料を免除されていると内部告発があり、公共料金についても免除されていると特権を主張。

 

【税金について】
・在日韓国人・朝鮮人は所得税や法人税等減免されるなど特権があると主張。

 

 

これらの”在日特権”だと言われる問題について、真実や嘘・デマなど説明していきましょう。

 

 

”在日特権”の真実と嘘・デマ① 「特別永住権問題」

 

「特別永住権問題」は真実か嘘か複雑な問題

 

 

「特別永住権問題」の発端は、第二次世界大戦中の韓国日本統治時代です。

 

「特定アジア」の地域の住民を、朝鮮人労務者として日本軍が日本へ強制連行してきたため、その移住者の永住を保障するために制定されました。

 

 

しかし「在特会」など右翼側の主張では、そもそも徴用工問題自体が韓国政府に捏造されたもので史実ではないとして、在日韓国人・朝鮮人に特別永住権を認めるのは特権だと言います。

 

そのため、現在日本に在住している在日韓国人・朝鮮人の永住権を剥奪し、強制送還するように声を挙げているわけです。

 

 

しかし日本政府の見解としては、例え歴史的事実に基づかない理由で特別永住権が制定されたとしても、韓国の国民感情や国際的人道的な問題がからむため、簡単には廃止はできません。

 

そのため法務省は「歴史的経緯などを考慮して認められた在留資格であり特権ではない」という回答をしており、明確に「歴史的事実に基づいて」という答え方はしていません。

 

 

日本政府も韓国の主張する「徴用工問題」には頭を悩ませており、これまでに何度も解決を試みては蒸し返されるといういたちごっこが続いてきました。

 

とはいえ、政府関係者の中にも在日韓国人・朝鮮人の特別永住権を見直すべきだと考えている人もいるようです。

 

その代表格として、元大阪市長の橋下徹さんがいます。

 

橋下徹さんは「在特会」の当時の桜井誠会長との意見交換会で「時代とともにそういう特別扱いが新しい差別を生むこともある」と、遠まわしに「在特会」への皮肉として口にしていました。

 

橋下徹さんの言う”新しい差別”が「在特会」のヘイトスピーチを指しているのは言うまでもありません。

 

ですが、橋下徹さんは「彼らのロジックではなく」と付け加えており、在日韓国人・朝鮮人をいわれのない差別から守る手段としての新しい法制定が必要だという考えでした。

 

 

 

”在日特権”の真実と嘘・デマ② 「通名問題」 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す