日本韓国違い比較

日本人と韓国人の違いや比較10選!身長・英語力・平均年収・性格・失業率など

はじめに

K-POPや韓国ドラマ・映画などで”韓流スター”が注目され、若い世代を中心に日韓交流が増えています。

 

日本人と韓国人の違いについて10選に絞って詳しく徹底比較しましたのでご紹介します。

日本人と韓国人の違いについて比較 1 – 身長

 

韓国人の平均身長の伸び率は世界一

日本人と韓国人は欧米諸外国からすれば見分けが付かない似た容姿を持つ民族ですが、平均身長の高さは韓国に軍配が上がります。

 

2016年7月に韓国人女性の平均身長が過去100年間で20.1cm伸びて162.3cmになり、世界200カ国中で最も高い伸び率を示し、男性も159.8cmから174.9cmと15.1cm伸びたことが報じられました。

 

これに対して日本人男性の平均身長は172.2cm、女性は157.9cmとなっており、男性は韓国人より2.7cm、女性は4.4cm低いことになります。

 

そして、平均体重については韓国人男性は69.1kg、女性は60.2kg、日本人男性は64kg、女性は53kgとなっています。

 

平均身長と体重から割り出された肥満人口は日韓ともに4%前後であり、どちらも先進国の中では最も痩せている部類に入ります。

 

では、なぜ韓国人の平均身長が100年の内にこれだけ伸びたかというと、それは過激な競争社会により生み出された結果だと言われています。

 

100年前の韓国は日韓併合前で文化レベルは世界最低水準であり、首都ソウルといえど糞尿にまみれた臭気が激しい劣悪な街だと表現され、住民は泥と藁でできたあばら家に住んでいる貧困国でした。

 

しかし、日韓併合により文化レベルは日本水準に引き上げられ、その後第二次世界大戦後に日本統治時代を終えて独立したことで米国が介入し、外資企業が乱立する中で過激な競争社会に発展して行きました。

 

韓国人は社会的ステータスを得るためには容姿、身長、学歴が必須であり、そのために子供時代から親は子供に大食させて身長を伸ばそうとしてきました。

 

その結果が韓国人が100年で最も平均身長が伸びたという結果につながったのだと思われます。

 

 

日本人と韓国人の違いについて比較 2 – 失業率

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す