JYJユチョン

ユチョンの事件の真相&現在や最新情報まとめ!性的暴行の被害者とは

はじめに

元「東方神起」メンバーで、韓国の人気男性歌手グループ「JYJ(ジェイワイジェイ)」のメンバーのユチョンさん。

 

ユチョンさんが逮捕されたと噂された性的暴行提訴事件の真相と現在の最新情報について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

HARYUの人気記事

「JYJ」ユチョンの性的暴行提訴事件の真相と現在の最新情報

「JYJ」ユチョンについてのプロフィール

歌手・俳優として活躍してきたユチョン

ユチョンさんはかつて「東方神起」のメンバーでしたが、所属していた事務所SMエンターテインメントと契約トラブルを起こしジュンスさん、ジェジュンさんと一緒に辞めて「JYJ」を結成しました。

ユチョンさんは俳優業に重きを置いてきましたが、兵役(社会服務要員)としての勤務期間に性的暴行提訴事件に巻き込まれてしまいました。

 

ユチョンさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: パク・ユチョン(朴裕天)
ハングル表記: 박유천

別名: ミッキー・ユチョン(秘奇有天)、ユチョン (YuChun)、ミッキー (Micky)
生誕: 1986年6月4日
出身地: 大韓民国ソウル
学歴: 慶熙大学校芸術デザイン学部ポストモダン音楽科在学中
ジャンル: K-POP、J-POP、R&B
職業: 歌手、作詞家、作曲家、編曲家、俳優
担当楽器: 歌
活動期間: 2003年 –
事務所: C-JES
共同作業者: JYJ

 

引用:Wikipedia – ユチョン

 

 

「JYJ」ユチョン、性的暴行提訴事件で逮捕された?

ユチョンは代替服務期間中に豪遊していた?

韓国では何らかの事情で兵役に就けない人は代替服務として公的機関に就くことになりますが、ユチョンさんも喘息が原因で江南(カンナム)区役所に勤務していました。

 

ユチョンさんは喘息のため短期間軍事訓練を受けた後、”カンナムスタイル”で知られる江南区役所に代替服務として勤務をスタートさせました。

 

しかし、社会経験の無いまま「東方神起」としてデビューした芸能人のユチョンさんに区役所での事務処理を満足にこなせるはずがないため簡単な仕事のみで、そのため体力を持て余したユチョンさんは夜になるとクラブやキャバクラで豪遊していたと噂されていました。

 

ユチョンさんは激しい女遊びの中で複数の女性(日本でいう風俗嬢、キャバ嬢等)と関係を持ちましたが、その中の5人が性的暴行を受けたとして告訴しました。

 

ひとりは告訴を取り下げたため4人と法廷で争うことになったユチョンさんですが、性的暴行を受けたと主張する4人に共通していたのはいずれも”トイレ”で暴行を受けたと証言したため、ユチョンさんはネット上で「トイレイパー」「トイレフェチ」「便器」「最終便器ユチョン」「同伴便器」と不名誉な呼ばれ方をするようになりました。

 

ほかの4人と同じく風俗店の従業員だったこの女性は、テレビ局MBCの番組に登場。それによると、彼女はユチョンとの行為に同意しておらず、さらに生理中だったにもかかわらず、ユチョンは「でも、お前と俺の相性がいいか試してみたい」なとど言って、無理やり性的関係を持ったそうだ。清潔で真面目という印象の強いユチョンのイメージは、もはや落ちるところまで落ちたといっていいだろう。

 

引用:ライブドアニュース – 5人目の被害女性登場! “トイレイパー”JYJユチョンの「深すぎるトイレ愛」

 

「トイレ事件」と揶揄されるようになりましたが、ユチョンさんは本当に”トイレフェチ”だったのでしょうか?

 

 

 

「JYJ」ユチョンの”トイレフェチ”はファン公認の事実?

1 / 5

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す