嫌韓の日本人の割合!韓国が嫌いになる根本的理由も総まとめ|様々な資料から解説

最近よく耳にする“嫌韓”という言葉ですが、楽観視できるものではなく外交問題や社会問題にも発展するほど加熱し始めています。

 

今回は嫌韓と反韓の違い、嫌韓の日本人の割合、日本人が嫌韓になる根本的な理由をまとめてみました。

 

“嫌韓”とは

 

“嫌韓(けんかん)”とは

 

出典:https://twitter.com/

 

 

 

 

嫌韓とは、韓国を対象とした嫌悪感などにより、韓国及び、韓国国民と距離を置きたい、関与したくないとの“感情”を表す言葉です。

 

北朝鮮を含めた意味で使う場合もあります。

 

 

“嫌韓”の意味と“反韓”との違いについて

 

また、“嫌韓”と同じような使われ方をする言葉として、“反韓”という言葉もあるのですが、厳密に“嫌韓”と“反韓”はきちんと区別して使われるべきとされています。

 

ちなみに、両者の違いは次の通りです。

 

反韓(はんかん、英: Anti-South Korean)とは、政治的理由から大韓民国に対し批判的な立場を取ることを指す。感情的な理由から大韓民国及び韓民族を嫌悪する嫌韓とは立場が異なるとされる。

 

引用:嫌韓と反韓の違いってなんですか??言葉が違うだけで意味はほぼ同じとか?最… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

つまり、政治的理由など客観的な根拠に基づいて韓国や韓国の国民を嫌悪する場合は“反韓”で、そのような根拠などなく、ただ感情に任せて嫌悪する場合は“嫌韓”となるようです。

 

結果的にはそれほど変わりのないように思われますが、嫌韓派と嫌日派がしのぎを削っているネット上では、特に2005年から2006年にかけて「嫌韓」を使う人が急増しているそうです。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

それは、2005年に発行された山野車輪さんの漫画作品「マンガ 嫌韓流」の影響も大きいようですが、次のような説得力のある解説を見つけたので引用しておきましょう。

 

反韓よりも嫌韓が好まれている理由の一つは、それを見た韓国の人たちをより深く傷つけることができるという期待があるように思う。何か明確な理由があって反発を受けるよりも、「キモい」といった本人たちにはどうしようもない理由で嫌われるほうが、人格はより深く傷つく。

 

そして、もう一つ理由を挙げるとすれば、反韓が政治的理由という自分たちの「外側から来る正しさ」として感じられるのに対し、嫌韓が自分たちの「内側から来る正しさ」として感じられることに起因しているのではないだろうか。

 

引用:「反韓」と「嫌韓」、そして「日本が好き」 – 擬似環境の向こう側 http://brighthelmer.hatenablog.com/

 

確かに、理路整然と根拠を示した上で「嫌い」と言われるよりも、「生理的に受け付けない」と言われる方が傷つきますもんね!

 

 

 

嫌韓の日本人の割合

 

とは言っても、今や下火気味とは言え、あれだけの韓流ブームがあったわけですし、K-POPは高い人気を誇っていることから、今なお韓国が大好きな日本人も少なくないはずです。

 

 

出典:https://www.cinemacafe.net/

 

実際のところ、「嫌韓の日本人」というのは、果たしてどの程度の割合で存在しているのでしょうか?

 

この点について、直近に実施されたいくつかの世論調査やアンケートの結果が発表されているので、そのうちの代表的なものを検証してみましょう。

 

 

 

「韓国文大統領が示した新方針について納得できない」 90%以上 【2018年1月の世論調査より】

 

2018年1月9日、韓国政府は慰安婦問題をめぐる日韓合意を事実上破棄する新方針を示しました。

 

そこで、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が、2018年1月20日~21日に、この韓国文大統領が示した新方針についての合同論調査を実施しました。

 

結果は、文大統領が示した新方針について「納得ができない」と回答した人が、90.8%に上ったことが明らかになりました。

 

 

出典:https://www.sankei.com/

 

また、この韓国政府の発表を受けて、河野太郞外相は1月16日の日韓外相会談の中で、今回の韓国側の日韓合意についての新方針に対して厳重抗議をしました。

 

さらに、西村康稔官房副長官も22日の記者会見で、「日本は日韓合意を1ミリたりとも動かす考えはない」と述べるなど強行な対応を取ったんですよね。

 

そんな日本政府の強硬な対応については、88.6%が「支持すると」と回答。

 

 

また、国家間の取り決めを一方的に覆した韓国に対して、外交や経済活動の相手国として「信頼できない」とする回答が80.5%に達したことが明らかになりました。

 

その一方で、安倍晋三内閣の支持率は52.6%で、その2017年12月16、17日に行われた前回調査よりも 5.1ポイントも上昇しました。

 

 

【参考】:【産経・FNN合同世論調査】慰安婦合意の韓国新方針に「納得できない」9割 「韓国を信頼できない」8割(1/2ページ) – 産経ニュース https://www.sankei.com/

 

 

 

日韓の好感度が遂に逆転!【2018年6月の認識調査より】

 

2018年6月18日、韓国の東アジア研究院・韓国高等教育財団と日本の非営利団体・言論NPOにより、2013年から毎年実施されている「韓日国民相互認識調査」の結果が発表されました。

 

同年5月19日から6月3日にかけて、韓国と日本の成人男女2014人を対象に行われた調査結果は次の通り。

 

 

日本に対する印象を「良い」と答えた韓国人の割合は、16年の21.3%、17年の26.8%に続き、今年は28.3%と毎年増加。

 

一方、韓国の印象について「良い」と答えた日本人は16年の29.1%、17年の26.9%に続き、今年は22.9%と減少し続け、好感度が逆転するという現象が見られた。

 

引用:日韓の好感度が逆転したらしい|カイカイch – 日韓交流掲示板サイト https://kaikai.ch/board/45337/

 

ちなみに、印象が良くない理由の第1位は、日韓両国ともに「歴史認識」で、韓国人が70%、日本人が69.3%と、ほぼ同水準の結果となりました。

 

 

出典:http://dametv2.cocolog-nifty.com/

 

逆に、好感を持つ理由としては、韓国人は「日本人の親切で真面目な国民性」(73.5%)、日本人は「韓国文化に関心があるため」(50.7%)を1位に挙げていたそうです。

 

韓国人の日本に対する印象が、年々向上している理由について、東アジア研究院のソン・ヨル院長は、次のように分析しています。

 

 

「日本を何度も訪れて情報を得ている韓国の20-30代の若者層で、日本に対する好感度が上がった結果だ」

 

一方、日本人の韓国に対する印象が、年々悪化の一途を辿っていることについて、言論NPOの工藤泰志代表は次のように分析しました。

 

 

「日本人が韓国を嫌っているのではなく、歴史問題などによって関係改善が困難だと考え、関心が薄れた」

 

「関係改善が困難とわかって関心が薄れた」ってことは、日本人にとってはもはや諦めムードが漂っているのかもしれませんね。

 

 

 

日本人が嫌いな国TOP3に韓国【2018年10~11月のアンケート調査より】

 

日経リサーチが、日本人の「各国・地域への友好意識」に関して、2018年10月~11月に、1673人を対象に調査したアンケート結果を発表しました。

 

その結果、日本人が「好き」「どちらかと言えば好き」という肯定的な評価をした国は、オーストラリアとイギリスが同率で首位、3位にフランス、4位にイタリア、5位にアメリカでした。

 

このように日本人が好きな国ランキングでは、日本から地理的に遠い国が上位を占めました。

 

 

一方で、嫌いな国ランキングでは、1位の北朝鮮(82%)、2位の中国(76%)に次ぐ、3位に韓国がランクイン(61%)したんですよね。

 

61%と言えば、以前に別の調査で、否定派65%を記録して、“世界一の嫌韓国家”とされたドイツとほぼ同じような水準ということになります。

 

ちなみに、4位のロシアは57%と3位韓国と僅差で、5位のフィリピンへの否定派は21%しかなかったことから、以上の上位4ヶ国は、日本人に圧倒的に嫌われていることになりますね。

 

 

また、韓国に対する否定的な印象は、世代が上がるほど「嫌い」「どちらかと言えば嫌い」と答える人の割合が多い傾向があり、60歳代では実に約7割に上ったことも明らかになっています。

 

ただし、この調査は2018年10~11月に実施されたもので、その後、大問題になった韓国海軍による“レーダー照射問題”が起こる以前の状況下での意識調査だったんですよね。

 

 

出典:http://jin115.com/

 

もしも今、同じ調査をすれば、また違った結果が出る可能性も十分にありそうです。

 

【参考】:日本人が嫌いな国TOP3に韓国の反応「日本旅行を自制しよう」 – ライブドアニュース http://news.livedoor.com/

 

 

 

 

嫌韓が生まれた原因とは

 

きっかけとは

 

現在では、あの韓流ブームも沈静化し、さらにマスコミなどで韓国の反日の実態が連日報道されるようになってからは、韓国旅行や韓国への修学旅行が敬遠され始めているようです。

 

嫌韓の原因をさかのぼれば、実に様々な原因が考えられるわけですが、実質的に嫌韓の流れが過熱し出したのは、2002年のサッカーW杯日韓共同開催だと言われています。

 

韓国人選手のラフプレーや、韓国人観客の非常識のふるまいを目の当たりにした辺りから、という説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国政府の対応が日本人の嫌韓を煽る結果に

 

また、近年の従軍慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した、日韓合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」を、韓国政府が一方的に解散したこと。

 

 

出典:https://www.rupannzasann.com/

 

さらに、韓国最高裁が新日鐵住金や三菱重工に徴用工への賠償を命じる判決を下した問題。

 

そして何より、ことあるごとに日本批判を繰り返す韓国政府の対応にも大きな原因があることは間違いありません。

 

日本人が嫌韓になる最大の理由として挙げられているのが、両国の国民性や価値観の違いなんですよね。

 

 

 

日本人が嫌韓になる根本的な理由とは

 

日本人の国民性「和を以て貴しとなす」

 

「和を以て貴しとなす」との言葉があるように、そもそも我々日本人は、「和」を尊ぶ民族です。「和」とはすなわち、“みんな仲良く”お互いを尊重し合うという国民性を有しています。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

しかし、この「和」には厳格な条件があるんですよね。それが、みんなが同じ、平等であることです。

 

 

 

韓国は儒教の国「上下関係を重視」

 

一方の韓国は儒教の国。そこでは何より上下関係が重んぜられるのです。

 

儒教は紀元前6世紀に戦乱の最中にあった中国で成立した思想で、これを唱えた孔子は上下関係を重んじることで、社会秩序を取り戻そうとしました。

 

 

出典:https://biz.trans-suite.jp/

 

幼い頃から、この儒教の思想を植え付けられて育った韓国人は、相手を見る時には必ず「自分より上か、下か」を見ると言います。

 

もしも自分が下だと思えば、どんな理不尽な命令にも逆らうことはできません。逆に、自分が上となった時には、下を叩きのめすことができ、それが許されてしまうのだとか。

 

何故かというと、上が下を叩きのめすのは社会秩序を保つ上で、大切なルール(道徳)だからなのです。

 

 

 

韓流ブームにより韓国との文化の違いに気づき始めた日本人

 

そのような思想が背景にある韓国は、常に日本に対して「こっちが上だ」とアピールすることになるわけです。

 

 

出典:https://seijichishin.com/

 

しかし、「和」の民族である日本人は、争いごとが避けられるのであれば、「まぁまぁまぁ…」と、譲歩することもいといません。

 

そんな日本の態度に韓国は「やっぱりこっちが上だったのか」と、上に立つものの特権として、日本を叩きのめしにかかるわけです。

 

しかし日本にしてみれば、譲歩したのはあくまで争いごとを避けるための方便に過ぎず、下だと認めたわけじゃないんですよね。

 

そんな日本が、やがて韓国のことを疎ましく感じてくるのは、至極当然の結果だと言えるのではないでしょうか。

 

 

出典:http://check.weblog.to/

 

そして、そのような日本人とは全く異なる、韓国の文化や韓国人の国民性に気づき始めるきっかけになったのが、昨今の韓流ブームやネットからの情報だったわけです。

 

つまり、ようやく日本人は、儒教思想に基づく韓国人の“上から目線”に気付いたんですよね。

 

そして、この韓国の“上から目線”は、「みんな同じ」、「みんな仲良く」という「和」の民族である日本人にとっては、不快極まりないものに他なりません。

 

そして生まれたのが、“嫌韓”だったわけです。両国に思想や信念の根底にあるものの違いによって、嫌韓は起こるべきして起きたとも言えます。

 

 

 

嫌韓についてのまとめ

 

・嫌韓の原因は「サッカーW杯日韓共同開催」「日本批判を繰り返す韓国政府の対応」


・韓流ブームによって韓国の上から目線の文化の違和感に気づく人も多くなっている

 

いかがでしたでしょうか。

 

“嫌韓”の本当の意味や“反韓”との違い、さらに、ここに来て急増していると言われている嫌韓の日本人の割合や、日本人が嫌韓になる根本的な理由についてまとめてみました。

 

近くて遠い、韓国。今後の政府の対応、嫌韓派の動きに注目していきましょう。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

日韓関係破綻

日韓関係は破綻?徴用工問題の経緯~日本への韓国人の本音&海外の反応まとめ

在日特権

在日特権とは~真実・嘘やデマなど内容を解説!税金・生活保護・通名問題など総まとめ

<みゆりん>韓国での日本人女性暴行事件の犯人は?ツイッターや現在など総まとめ

【日本人×韓国人】芸能人の日韓カップル・熱愛ランキング10選!有名国際カップルから意外なカップルまで

レーダー照射問題

韓国レーダー照射の場所や真相!海外の反応・韓国の反応・日本の反応も総まとめ

在日韓国人/朝鮮人の芸能人80選!衝撃の有名人ランキング【2020最新情報】

韓国人が喜ぶ日本のお土産30選~人気おすすめランキング【2020最新版】

竹島問題

竹島問題の韓国の主張や言い分!根拠と真実~海外の反応や現在の状況も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

8.6秒バズーカー

8.6秒バズーカーの今現在!本名と国籍・反日・韓国人説・消えた理由も総まとめ

【嫌韓】韓国人が「頭おかしい」と言われる理由9つと海外の反応まとめ

【韓国】防弾少年団(BTS)と秋元康のコラボ中止!驚きの理由3つを徹底解説

キムヨンギョン(韓国バレー)の現在!引退理由・彼氏や結婚・最新情報も総まとめ

韓国人の顔の特徴8個!整形美人が同じ顔に見える理由も紹介【女性・男性】

【K-POP】韓国芸能界で活躍の日本人ランキングTOP17【アイドル】

金正日

金正日の嫁と子供や家系図~息子・金正恩の日本人ハーフ説も総まとめ

韓国人の整形

韓国人が整形する理由!失敗や副作用と後遺症~死亡事例など総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 『“嫌韓”の意味と“反韓”との違いについて』ですが、私は違うと思います。 何故なら、嫌韓・反韓を嫌日・反日に置き換えた場合、韓国の行う反日には政治的理由も客観的根拠もないからです。 そして私はこう考えます。 嫌韓とは感情的に嫌いな事、そして反韓とは根拠の無い事もしくはデマにより相手を貶める事ではないか。 少なくとも私は韓国及び日本のマスメディアを見る限りではそのように感じます。

前後の記事

興味があればチェックしてね

韓国人の平均年収!企業別年収ランキング10選・日本人の年収との比較も総まとめ

Block Bのメンバー人気順TOP7・最新版!脱退者の現在もプロフィール付きで紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す