AKB高橋朱里の卒業理由5つ&韓国語やハングルレベル総まとめ

はじめに

女性アイドルグループAKB48に所属しチームBのキャプテンを務めている高橋朱里さんは、AKB48卒業や韓国デビューを発表し話題です。

 

今回は高橋朱里さんの卒業理由や韓国デビュー、韓国語やハングルレベルをまとめました。

高橋朱里のプロフィール

 

 

名前:高橋朱里

生年月日:1997年10月03日

出身地:日本 茨城県

身長:158.5cm

概要:女性アイドルグループ・AKB48のメンバー。2019年3月にAKB48からの卒業と韓国デビューを発表した。

 

 

高橋朱里さんは日本の女性アイドルです。ガールズグループ・AKB48のメンバーとして活躍しています。

 

高橋さんはAKB48のチームBに在籍しています。同チームでキャプテンを務めています。

 

 

所属する芸能事務所は、東京都千代田区に本社を構える株式会社AKSです。芸能プロダクション経営の他、音楽や映像ソフトの企画や制作など、さまざまな業務を手がけています。

 

高橋さんがAKBグループの一員となったのは、2011年2月。AKB48第12期研究生のオーディションに合格し、AKB48の研究生となっています。

 

2012年3月には正規メンバーに昇格することが発表。同時に加藤玲奈さんや岩田華怜さんなどの4名と共にチーム4に所属することが明かされました。

 

シングルの選抜メンバーに初めて選ばれたのは2012年5月。AKB48の26枚目のシングル「真夏のsounds good!」で選抜メンバー入りすることが明らかになりました。

 

 

チーム4のメンバーとして活躍していた高橋さんでしたが、所属していたチーム4が消滅。その後、チームAへの異動が発表されました。

 

2014年2月にはZepp DiverCityで行われた「AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜」でチームBのメンバーになることが発表されました。

 

2015年3月のさいたまスーパーアリーナ公演ではチーム4への異動が発表。同時にチームのキャプテンに就任することが明かされました。

 

さらに、2017年12月にはチーム4から再びチームBに異動。同時にチームのキャプテンを務めることが発表されています。

 

 

このように、AKBグループを支えるメンバーとして活躍していた高橋さんでしたが、2019年3月に開催された自身の生誕祭でAKB48からの卒業を発表しました。

 

 

 

高橋朱里がAKB48を卒業する理由5つ

 

 

高橋さんは2019年3月にAKB48からの卒業を発表しています。彼女が卒業を決めた理由はいったい何だったのでしょうか。

 

 

PRODUCE48への出演がきっかけ

高橋さんが卒業を決めたのは「PRODUCE48」への出演がきっかけです。

 

「PRODUCE48」とは、韓国の音楽専門チャンネルMnetとAKB48グループの協力で日韓同時放送された公開オーディション番組で、2018年6月15日から8月31日まで放送されました。

 

日本のAKB48グループからは39人、韓国側は57人の練習性が参加。その中の合格者12名が、「IZ*ONE」としてデビューすることができるというコンセプトの番組でした。

 

最終選考のデビュー評価バトルまで残った高橋さんでしたが、最終順位は16位。IZ*ONEのメンバーになることができず、惜しくもデビューを逃しています。

 

残念ながらIZ*ONEとしてデビューはできなかった高橋さんですが、韓国の事務所からスカウトされたようです。

 

最初は韓国デビューを迷っていた高橋さんでしたが、向こうの事務所とたくさん話し合い、最終的には韓国デビューをする決意をしたとのことです。

 

 

新しい環境での挑戦

AKB48からの卒業を決めた理由の1つが「挑戦」です。

 

高橋さんはAKB48劇場での生誕祭で「今まで以上に輝く自分でないといけないと思い、決断しました」「同じ場所にいるのではなくて、挑戦し続けたいと思いました」と語っています。

 

 

「なりたい自分とか、かなえたい目標に出会うことができて、夢への選択肢も増えてきました。今まで以上に輝く自分でないといけないと思い、決断しました。AKBが大好きだからこそ挑戦したい。AKBでは、壁に当たった時に得られるものを教えてもらった。同じ場所にいるのではなくて、挑戦し続けたいと思いました」

 

引用:https://www.msn.com/

 

まだまだ若いのにチャレンジ精神がすごい!高橋さんの同じ場所ではなく、新たな環境で挑戦するというスタイルは本当に見習うところが多いですよね。

 

 

年齢

高橋さんの口からは語られていませんが、年齢もAKB48からの卒業と関係があるのではないでしょうか。

 

高橋さんの現在の年齢は21歳。世間一般ではまだまだ若いですが、女性アイドルとしては、そこまで若くはありません

 

それに加えて、AKB48でのキャリアも8になりますから、韓国という新たな環境でチャレンジするには今がベストだと判断したのではないでしょうか。

 

 

高橋さんが選抜メンバーに選ばれた「NO WAY MAN」と「ジワるDAYS」のミュージックビデオなども拝見しましたが、そこまで前列にいるわけではないという印象です。

 

キャリアや年齢的に考えて今後、今以上にAKS(AKB48の運営)から推される可能性は低そうですし、新しい環境に飛び込むとなると、やはり今がベストタイミングなのだと思います。

 

 

AKBグループの人気低迷

高橋さんの卒業は、AKBグループの人気低迷も関係しているかもしれません。

 

最新シングルがミリオンを突破するなど、CDが売れない現代でも高い売上を記録しているAKB48ですが、実はダウンロードはあまり売れていないようです。

 

CDに付属されている握手券を目当てに買っているファンが殆どの様子。

 

 

「握手券目的に買っている人が多いなら、まだ売れているんじゃないの?」と思いますよね。

 

実は握手会に参加するのは、AKB48のメンバーだけではなく、HKT48やNMB48など、関連グループも参加します。つまり、握手会には数百人にも及ぶ女性アイドルが参加ということです。

 

それに加えて、熱心なファンなら1人で何枚もCDを買い占めているはず。そのため、今でもミリオンセールスを維持できているのです。

 

 

しかし、AKBグループの世間からの注目度は一時期に比べて、かなり落ちている状態です。

 

例えば、最近ではオールナイトニッポンやAKB48 SHOW!など、レギュラー番組が次々と終了傾向にあります。

 

そのため、このままAKB48にいても日の目を見ることなく、ただ年月を重ねるだけと思い、卒業を決意したのかもしれません。

 

 

また、最近では大谷亮平さんや笛木優子さんなど、韓国で人気の芸能人が日本に逆輸入されるケースも増えてきています。

 

もし韓国で成功した場合、日本と韓国の両国で知名度を上げられる可能性が高いですし、それも卒業理由に含まれている可能性もありそうです。

 

 

今後を考えて

AKB48からの卒業は、今後を考えてというのも関係しているのではないでしょうか。

 

公開オーディション番組「PRODUCE48」に日本人練習生として参加した高橋さんですが、レッスン中には「7年間なにしてたの?」と言われたこともあったのだとか。

 

 

私も7年ほどアイドルをやってきて、「7年間なにしてたの?」って言われたときに、もう絶望でしたね(笑)。心の底から。ああ、なにしてたんだろうって。

 

引用:https://gendai.ismedia.jp/

 

それに加えて、韓国のステージでは、AKB48として培ってきた経験で活かせるものは何もなかったそうです。

 

 

延長線では結べないレベルでした。「自分はAKB48でこれをやってきたから、これができる」ということは何もなかったです。本当に。

 

引用:https://gendai.ismedia.jp/

 

AKB48では普段どのようなレッスンを行っているのか分かりませんが、このまま在籍していても恐らく実力が大きく伸びることはないでしょう。

 

「AKB48での経験は延長線では結べないレベル」と公言しているくらいですし。

 

それならば、日頃から厳しいレッスンを行っている韓国でスキルを磨き、今後の芸能生活に役立てたいと考えたのではないでしょうか。

 

 

高橋朱里の韓国デビューとは

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す