伊原剛志

伊原剛志は在日韓国人|本名と生い立ち&実家や家族を総まとめ

はじめに

NHK連続テレビ小説『ふたりっ子』や映画『硫黄島からの手紙』など数々のドラマ・映画に出演し、2016年には落語家デビューも果たした伊原剛志さん。

 

伊原剛志さんの韓国人説や本名、生い立ちや実家の家族について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

伊原剛志の韓国人説と本名などプロフィールについて

伊原剛志のプロフィールについて

渋い色気を持つ演技派俳優・伊原剛志

伊原剛志さんは1983年に舞台『真夜中のパーティ』で俳優デビューを果たして翌年に映画『コータローまかりとおる!』でスクリーンデビューをし、以降ドラマ『ふたりっ子』で注目を集めると演技派俳優としてのキャリアを積み上げてきました。

 

伊原剛志さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 伊原 剛(いはら たけし)
生年月日: 1963年11月6日
出生地: 福岡県北九州市
国籍: 日本
身長: 184cm
血液型: O型
職業: 俳優
ジャンル: 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間: 1982年 –
配偶者: 相築あきこ(1990年 – 2000年)、伊原純子(2001年 – )
事務所: ケイダッシュ

 

引用:Wikipedia – 伊原剛志

 

 

伊原剛志の韓国人としての本名とは?

伊原剛志は日本に帰化している元在日韓国人

伊原剛志さんは2001年にトーク番組『徹子の部屋(テレビ朝日系)』に出演して、在日韓国人3世から帰化したことを明かしました。

 

伊原剛志さんは女優の相築あきこさんと1990年に結婚し2000年に離婚、元在日韓国人だとカミングアウトした2001年に一般人女性の伊原純子さんと再婚しています。

 

再婚により伊原剛志さんは自身のルーツを明かすきっかけとなったのかもしれません。

 

元在日韓国人3世ということで、伊原剛志さんの祖父母が韓国人ということは明かされていますが、両親が韓国人かハーフなのかはわからないようです。

 

伊原剛志さんの帰化する前の本名は「尹惟久(ユン・ユグ)」でした。

 

 

伊原剛志の生い立ちと実家の家族について

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す