布袋寅泰

布袋寅泰と韓国の関係!本名や生い立ち~実家と家族まとめ

はじめに

「BOØWY」「COMPLEX」を経て、ソロミュージシャンとして活躍中のギタリスト・布袋寅泰さん。

 

布袋寅泰さんの韓国にまつわる生い立ちや本名、実家の家族について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

布袋寅泰の韓国にまつわる生い立ちや本名、実家の家族について

布袋寅泰の本名やプロフィールについて

日本を代表するロックギタリストの布袋寅泰

布袋寅泰さんは同級生だった氷室京介さんらとロックバンド「BOØWY」を成功させ、その後吉川晃司さんとのユニット「COMPLEX」を経てソロのミュージシャンとして確固たる地位を築いてきました。

プライベートでは歌手の山下久美子さんと離婚して今井美樹さんと再婚し、二人の娘に恵まれています。

 

布袋寅泰さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 布袋寅泰(ほてい ともやす)
別名: HOTEI
生誕: 1962年2月1日
出身地: 群馬県高崎市
学歴: 新島学園高等学校(中退)

ジャンル: ロック、ビート、ニュー・ウェイヴ、デジタルロック、ポップ・ロック、パワー・ポップ、ファンク、ポストパンク、オルタナティヴ・ロック、エレクトロ、ブラスロック、インダストリアル・ロック、様々なジャンルのクロスオーバー

職業: ギタリスト、ミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー
担当楽器: ギター、ボーカル、ベース、ピアノ、キーボード、シンセサイザー、ドラムス、

コンピュータープログラミング
活動期間: 1981年 – 1988年(BOØWY)、1982年 – 1984年(AUTO-MOD)、1989年 – 1990年、2011年(COMPLEX)、1988年、1990年 – (ソロ活動)
レーベル: Virgin Records、Spinefarm Records
事務所: DADA MUSIC

 

引用:Wikipedia – 布袋寅泰

 

布袋寅泰さんは2006年に出版した自叙伝『秘密』の中で、父親が韓国人であることをカミングアウトしています。

 

布袋寅泰さんの母親は日本人とロシア人のハーフですが、国籍は日本のため通名などはなく”布袋寅泰”が本名のようです。

 

布袋寅泰さんは半分韓国人の血が、1/4ロシア人の血が流れている混血ということになりますが、国籍が日本のため在日韓国人には当てはまらないでしょう。

 

 

布袋寅泰の韓国にまつわる生い立ちについて

布袋寅泰は父親との深い確執があった

布袋寅泰さんは韓国人だった父親とはずっと折り合いがつかず、結局亡くなるまで分かり合うことはなかったようです。

 

布袋寅泰さんはオフィシャルブログ「BEAT主義日記」で、韓国人の父親との確執の深さを伺える投稿をしています。

 

俺の父…。

1988年4月4日。

BOφWYの解散コンサート。

あの日、俺の父は東京ドームの外で会場から漏れ聞こえる音に耳を澄ませていたと後に知った。

息子に拒絶された父は、どんな気持ちでそこにいたのだろう。

誇らしく思ってくれたのだろうか?

それとも自責の念に苦しみ、血のような涙を流していたのだろうか?



時は流れ、父の子もまた、今は父。



いつの日か、異国の地に父の墓を探し、花を供えたいと思う。

願わくば雨の日に。

降り注ぐ雨で涙を洗いながら一言捧げたい。


「ありがとう」


と一言だけ。

 

引用:BEAT主義日記 – 父の日

 

布袋寅泰さんはこの記事の冒頭で寝起きの娘に「父の日おめでとう、パパ」と言われ、「君が生まれた時からパパはパパになったんだよ」と返したエピソードから綴っています。

 

父の日に自身が父になった実感をしたことで、布袋寅泰さんは亡くなるまで分かり合えなかった韓国人の父親に対して思いを馳せて、伝えたくなったのでしょう。

 

布袋寅泰さんの父親は貿易関係の仕事をしていたため海外を飛び回っていたようですが、母国・韓国には家族を持っていながら”日本の妻”という名目で布袋寅泰さんの母親を愛人にしていました。

 

父親らしい父親ではなかったことから布袋寅泰さんは軽蔑し、ずっと拒絶して距離を置いてきたようすが、自身が父親になったことで心の余裕ができ、許すことができたのでしょう。

 

 

 

布袋寅泰は裕福な家庭で育った

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す