伊良部秀輝の死因!韓国人の嫁・京淑や子供など現在も総まとめ

はじめに

ロッテや阪神そしてメジャーでも活躍した元プロ野球選手の伊良部秀輝ですが、死因や韓国人嫁の対応がひどすぎると話題です。

 

今回は伊良部秀輝の経歴、結婚した韓国人の嫁・京淑と子供、死因と無縁仏になった真相や現在をまとめます。

伊良部秀輝のプロフィール

 

出典:https://sports.yahoo.co.jp/

 

名前:伊良部 秀輝(いらぶ ひでき)
生年月日:1969年5月5日
出身地:兵庫県尼崎市
身長:193cm

 

 

伊良部秀輝は兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手で、日本のプロ野球史上「最速投手」として知られている人物です。

 

ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の主力投手として活躍し、あの清原和博が「当たったら死ぬ」と脅威に感じるほどの剛腕っぷりで平成初期の野球界を盛り上げた立役者です。

 

その後メジャーデビューし、海外に活躍の場を移しますが、2011年に42歳の若さで自らの命を断つことになりました。

 

ここでは、そんな伊良部秀輝の経歴、現在までをまとめます。

 

なぜ自死を選んでしまったのか、死因に関係する情報を調査すると、結婚した韓国人の嫁・京淑や子供との関係・葬儀での様子の訝しさが浮き彫りになりました。


伊良部秀輝が無縁仏となっている理由にも迫ります。

 

 

伊良部秀輝の経歴

 

出典:https://ameblo.jp/


沖縄県で生まれ、兵庫県尼崎市で育った伊良部秀輝。


父はアメリカ空軍兵士で、日本人の母との間に生まれたハーフです。

 

高校卒業と同時にドラフト会議でロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に1位指名され、1987年にプロ入りを果たしました。


高卒ルーキーながら、1年目から1軍を経験したスーパールーキーとして頭角を現します。

 

 

出典:https://dot.asahi.com/

 

1994年には、パ・リーグ最多勝利を記録し、2年連続の最多奪三振や最優秀防御率など数々の個人タイトルを獲得。


当時最速の158km/hを投げる剛腕を武器に、チームの主力選手として活躍しました。

 

そんな伊良部秀輝は海外への憧れが強く、「ニューヨーク・ヤンキース」への入団にこだわっていました。

 

ニューヨーク・ヤンキースのユニフォームを指して「ピンストライプのユニフォームの重さは、野球を経験した者にしか分からない」とも語っていました。

 

念願叶い、1997年にはニューヨーク・ヤンキースの日本人初メジャー契約選手になりました。

 

 

出典:https://www.jiji.com/

 

メジャー初登板初先発初勝利や、2年連続MLBチャンピオンリングを獲得するなど、メジャーにおける日本人初の記録を続々と打ち立てた伊良部秀輝。


成績が低迷するなど波はあったものの、ピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞する活躍を見せました。

 

その後も「モントリオール・エクスポズ」「テキサス・レンジャーズ」とメジャーを渡り歩き、2002年に日本に戻り「阪神タイガース」と契約。

 

シーズン13勝を挙げ、18年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。

 

 

出典:https://www.jiji.com/

 

2005年に一度現役を引退し、再びアメリカに渡って永住権を獲得。ロサンゼルスにうどん屋「SUPER UDON」を開業し、実業家に転身しました。


アメリカでも有名な伊良部秀輝の店とあって、開店直後から人気店へと成長しましたが、2007年に廃業しました。

 

その後、2009年に北米の独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグの「ロングビーチ・アーマダ」に入団。


5年ぶりに現役復帰した伊良部秀輝は、続けて同年8月に四国・九州アイランドリーグの「高知ファイティングドッグス」に入団します。

 

しかし、入団後すぐに右手首腱鞘炎で全治3週間と診断され、シーズン復帰が困難なことから契約解除を選びます。


2010年1月19日にブログを更新し、2度目の引退を表明しました。

 

 

伊良部秀輝が結婚した韓国人の嫁・京淑と子供について

 

出典:https://twitter.com/

 

伊良部秀輝は、ニューヨーク・ヤンキースへの入団が決まった1997年に結婚しています。


嫁は韓国人で「京淑」という名前の女性です。

 

伊良部秀輝と嫁・京淑の間には、2人の子供が生まれました。


子供はどちらも娘で、公開されている限りではどちらかの子供の名前が「夏輝(なつき)」というそうです。

 

 

出典:https://blog.goo.ne.jp/

 

アメリカ・ロサンゼルスで結婚生活をスタートさせた伊良部秀輝と嫁・京淑ですが、引退後に日本に戻りたがっていた伊良部とは反対に、嫁と子供はアメリカでの生活が気に入っていたそう。

 

子供は生まれた時からアメリカで育っているので当然ですが、韓国人である嫁・京淑も同じアジアの日本よりもアメリカ生活を望んでいました。

 

日本に戻りたがっていた伊良部秀輝は、次第に心を病んでいきます。


仕事や未来への不安からか、燃焼しきってしまった虚無感からか、だんだん酒を飲む量が増えていきました。

 

嫁・京淑は夫が酒を飲むことを嫌い、飲酒禁止令を出していたそうです。


そのため、酒屋でビールをケース買いし、カラオケボックスへ行って酒を飲む日もあったといいます。

 

酔っ払って家に帰った時に酒を飲んでいることがバレて口論となった末、嫁は子供を連れて家を出て行ってしまいました。

 

夫婦仲は完全に冷め切っていたと言われており、別居状態で暮らしていました。

 

そして2011年、伊良部秀輝が自宅で死亡しているのが発見されたのです。

 

 

伊良部秀輝の死因は自殺?司法解剖の結果

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す