8.6秒バズーカー

8.6秒バズーカーの今現在!本名と国籍・反日・韓国人説・消えた理由も総まとめ

はじめに

目次

「ラッスンゴレライ」で大ブレークしたお笑いコンビ「8.6秒バズーカ」ですが、反日芸人疑惑で消えたと囁かれています。

 

今回は「8.6秒バズーカ-」の本名や国籍、反日疑惑の理由、韓国人説、消えた理由と現在をまとめました。

「8.6秒バズーカ-」のプロフィール【本名も紹介】

 

「8.6秒バズーカー」の名前のとおり、彗星のように現れ彗星のように消えた

 

はまやねんさん(左)の詳しいプロフィールはこちら。

 

生年月日: 1991年3月10日
身長: 170cm
体重: 80kg
血液型: A型
最終学歴: 大阪成蹊大学出身

 

引用:Wikipedia – 8.6秒バズーカ―

 

はまやねんさんの本名は、浜根亮太(はまね・りょうた)さんというそうです。

 

 

次に、田中シングルさん(右)の詳しいプロフィールはこちら。

 

生年月日: 1991年2月26日
身長: 173cm
体重: 57kg
血液型: B型

 

引用:Wikipedia – 8.6秒バズーカ―

 

田中シングルさんの本名は、田中真(たなか・しん)さんというそうです。

 

 

「8.6秒バズーカ―」のブレイク~反日疑惑~否定動画まで

 

「8.6秒バズーカー」は広島原爆を揶揄した?

 

2014年末のデビュー以降、吉本興業所属芸人の中で史上最速でDVDを発売し、デビュー最速で劇場「なんばグランド花月」にて単独公演という快挙を成し遂げた「8.6秒バズーカー」。

 

2015年1月1日放送のナインティナインの正月番組『おもしろ荘』で大ブレークしました。

 

 

しかし、それからわずか3ヶ月で、ネット上の巨大掲示板「2ch(現・5ch)」に、「8.6秒バズーカーは広島原爆投下を揶揄している」と、”反日芸人”のそしりを受けるようになりました。

 

当時のメディアでも、「風評被害」として取り上げていました。

 

 

なんと、「8・6秒」のコンビ名が、広島に原爆が投下された日付「8月6日」と共通しているとの指摘から始まり、「ラッスンゴレライ」は「落寸号令雷」という米軍が原爆を落とす号令の暗喩であるなどとする書き込みが、ツイッターやネット掲示板で大拡散しているのだ。

 

引用:日刊ゲンダイ – 「ラッスン」由来でデマ拡散…8.6秒バズーカーが“風評被害”

 

なお、この「日刊ゲンダイ」の記事では、過去にも鳥居みゆきさんも同様の風評被害を受けていたことがあると紹介しています。

 

 

数年前にも、病的キャラを売りとしていた鳥居みゆき(34)のネタ「ヒット・エンド・ラン」について、「ヒット」は打つ(うつ)、「ラン」は走る(そう)であり、「躁鬱(そううつ)」を意味しているというウワサや、ヒット・エンド・ランが「ヒトラー」の意味で、ネタ上の役名「まさこ」は「Massacre(大虐殺)」を示している、といった都市伝説がまことしやかに囁かれたことがあった。

 

引用:日刊ゲンダイ – 「ラッスン」由来でデマ拡散…8.6秒バズーカーが“風評被害”

 

しかし、ネタや、はまやねんさんの過去のツイッターなど、偶然にしては”奇跡”レベルの一致が多かったため、ネット上ではいつしか本当に”反日芸人”だと信じられるうになっていきました。

 

 

「8.6秒バズーカ―」デマの否定動画を公開

風評被害により活躍の場が極端に失われた「8.6秒バズーカー」

 

この風評被害について、しばらく静観を決め込んでいた「8.6秒バズーカー」。

 

しかし、さすがに誤解を解かないままでは活動に支障が出ると感じたのか、風評被害が始まってから約3年後である2018年1月19日に、デマを反証し否定する動画をYouTubeで公開しました。

 

 

 

 

この動画では、いかに「8.6秒バズーカー」が反日的な芸人かというネット上で囁かれてきた噂について、はまやねんさんと田中シングルさんが1つ1つ解説しています。

 

次のトピック以降は、この動画の内容と照らし合わせながら、「8.6秒バズーカー」が本当に”反日芸人”なのかどうかについて、真相を紹介していきます。

 

 

「8.6秒バズーカ―」の反日疑惑① コンビ名の由来 

8.6秒は50m走のタイムだった

 

「8.6秒バズーカ」のコンビ名が、広島に原爆が投下された日付「8月6日」を意味している、とネットで指摘されているのは前述の通りです。

 

「8.6秒バズーカー」の2人は、コンビ名の由来について、夜に2人の母校である中学校のグラウンドに忍び込んで50m走をした時の、はまやねんさんのタイムだということでした。

 

 

「『8.6秒バズーカーは8月6日でなんたら』みたいのもあるんですけど、(8.6秒は)はまやねんの50メートル走のタイム」と、コンビ名の由来についても、これまでと同様の説明を繰り返し、「ネットの力はすごいというか」と感心。そして「ネットで騒いでるアレは事実無根」と強く否定した。

 

引用:ライブドアニュース – 8.6秒バズーカーが反日疑惑を笑顔で否定「そんなの全くない」

 

当初の案は”バキューム”にする予定でしたが、バキュームカーを連想してイメージが悪いということで、勢いがあって濁音で印象に残る”バズーカー”を採用したそうです。

 

なお、田中シングルさんはバンド「0.8秒と衝撃。」が好きで、同バンド名のような名前にしたかった、とも動画で語っています。

 

「2ch」でデマが拡散する

ネット上では「8.6秒バズーカー」がブレークしてから約3ヶ月後となる2015年3月頃に、「2ch」にて「原爆投下」を意味する反日芸人だとするスレッドが立ち上がりました。

 

ネットユーザーの言い分としては、

 

1. 50m走なら8秒6という言い方はしても、8.6秒とは言わない
2. 夜の学校で50m走…何の意味があるの?
3. 「アメリカ同時多発テロ=9.11秒ジェット」「東日本大震災=3.11秒スプラッシュ」のようなもの
4. 英語では「8.6セカンドバズーカー」。”Second(秒)”には「秒」と「二度目、再来」の2つの訳がある。つまり「広島原爆の再来」とも取れる。

 

こうした書き込みが多くされていたようですが、「8.6秒バズーカ―」の2人の言い分を反証すると以下のようになります。

 

1. 8.6秒としたのはバンド「0.8秒の衝撃。」のような名前にしたかったから。
2. 夜の母校に忍び込んだのは、2人の原点を確かめたいという青春的な感情から。
3. 「9.11秒ジェット」「3.11秒スプラッシュ」などの呼び方は存在しない。
4. 確かに「広島原爆の再来」と受け取れるコンビ名である。

 

4番だけが「8.6セカンドバズーカー」の意味としては通るため、「8.6秒バズーカ―」は”反日芸人”の証拠にされてしまったようです。

 

 

「8.6秒バズーカ―」の反日疑惑② 決めポーズが広島原爆の像とそっくり

8.6秒バズーカー

出典:ここにURLを入力

偶然の一致なのかはまやねんの提案なのか

 

「8.6秒バズーカ―」の決めポーズが、広島原爆の子像とそっくりだという指摘があります。

 

「8.6秒バズーカ―」がパクったと言われていた「オリエンタルラジオ」も似たようなポーズをしていますが、「オリラジ」もパクリ返して再ブレークしたように、やはり似てるようです。

 

後述するはまやねんさんの過去のブログでは、広島の原爆ドームを背景にピースする写真があり、広島原爆の子像を見ていた可能性があるため、参考にした可能性はあるかもしれません。

 

 

「8.6秒バズーカ―」の反日疑惑③ 「ちょっと待って」の意味

B-29爆撃機「CHOTTO・MATTE」号が実際にあった

 

「8.6秒バズーカ―」のネタで、「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん」というフレーズがあります。

 

これも偶然の一致なのか、第二次世界大戦中に日本を強襲し、原爆投下も行ったアメリカの戦闘機・B-29には「CHOTTO MATTE(ちょっとまって)」という名前の機体がありました。

 

機体番号「44-86400」の15機あるB-29の中の一機で、日本を皮肉る意味で名付けられました。

 

 

広島に原爆を投下したのは「ENOLA GAY」

 

実際に広島に原爆を投下したB-29は「ENOLA GAY(機体番号:44-86292)」です。

 

投下後はテアニン島に帰投していますが、これも後述する「8.6秒バズーカ―」のネタと関連付けられています。

 

「CHOTTO MATTE」号は「ENOLA GAY」号よりも機体番号が若いようです。

 

そのため、「ちょっと待ってお兄さん」は「弟・チョットマッテ号の兄・エノラゲイ号への抑止文句」だとこじつけられていました。

 

 

韓国では「チョットマッテ」は禁句?

また、後述する「8.6秒バズーカ―」に2人が韓国人だとする説に付随して、韓国では「ちょっと待って」と言うと、ドン引きされるという話があります。

 

これは韓国語で「チョット」が「男根」を意味し、「マッテ」が「合ってる、合ってるって」という意味があることから、性交渉を思わせる言葉だということです。

 

 

 

「8.6秒バズーカ―」の反日疑惑④ 「ラッスンゴレライ」の意味

1 / 4

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す