西城秀樹

西城秀樹は在日韓国人?本名と生い立ち~実家や家族まとめ

はじめに

「新御三家」として野口五郎さん、郷ひろみさんと共に昭和の大スタートして活躍し、2018年5月16日に急性心不全のため63歳の若さで亡くなった西城秀樹さん。

 

西城秀樹さんの韓国にまつわる本名や生い立ち、実家の家族について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

西城秀樹の韓国にまつわる本名やプロフィールについて

西城秀樹の本名やプロフィールについて

平成の終わりに亡くなった昭和の大スター

西城秀樹さんは1972年3月25日にシングル「恋する季節」で歌手デビューをして以降、「新御三家」と呼ばれ昭和を代表する大スターとして歌手・俳優・バラエティタレントなど多方面で活躍してきました。


2度に渡る脳梗塞での闘病の末、2018年5月16日に急性心不全で亡くなりましたが、最後まで満身創痍の体にムチを打ってファンのためにステージに立ち続けた姿は多くの人に感動を遺しました。

 

西城秀樹さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 木本 龍雄(きもと たつお)
生年月日 1955年4月13日
出身地: 広島県広島市(現:東区)東蟹屋町
死没: 2018年5月16日(63歳没)
死没地: 神奈川県横浜市
学歴: 明治大学付属中野高等学校定時制 卒業
ジャンル: J-POP
職業: 歌手、俳優
活動期間: 1972年 – 2018年
事務所: 芸映⇒アースコーポレーション

 

引用:Wikipedia – 西城秀樹

 

西城秀樹さんの本名は「木本龍雄」ですが、これは通名であり1975年12月10日の官報で韓国名「李乙龍」から帰化したという情報があるようです。

 

そして、1975年12月10日の『官報』にある帰化の記録には、住所が東京都港区となっている以下の姓名の記載がある。
李乙龍(木本龍雄)昭和三十年四月十三日生

 

引用:HonuRyoma – 芸能界における在日コリア人と『官報』に帰化の記録がある人名

 

西城秀樹さんの生年月日は1955年(昭和30年)4月13日のため、官報の情報と一致しており在日韓国人だったことは間違いないでしょう。

 

 

西城秀樹の在日韓国人説に批判的な声

純潔日本人しか認められないネトウヨ

西城秀樹さんが在日韓国人だったという事実に対して、それまでファンだったネトウヨ・嫌韓ユーザーは手のひらを返したようにヘイトコメントをする人もいるようです。

 

Q. 西城秀樹は在日説がありますが、本当にそうだったら裏切られた気分ですよね?
日本のスターは日本人であるべきだと思います。
僕はスポーツ選手や芸能人が韓国系であることが分かるとガッカリします。
反論する奴は左翼。

A. 日本で人気者になり、日本人の感覚を持ち、日本人に愛され、日本人の輪に入ったかたです。
出自などはよくは知りませんが、西城秀樹さんは日本人です。

引用:Yahoo!知恵袋 – 西城秀樹は在日説がありますが、本当にそうだ

 

まさに回答者のコメントのとおりだと思いますが、在日韓国人だったからと言って西城秀樹さんの魅力や遺してきた感動や伝説が色褪せるわけではありません。

 

日本は島国で鎖国を解いて間もないため純血主義的な人が多いのは仕方が無いですが、すでにグローバル社会も終わろうかという現代で未だにヘイトコメントをしているネトウヨは時代に取り残されていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

西城秀樹は韓国で脳梗塞を発症した

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す