山口百恵

山口百恵と韓国の関係!生い立ち&父親と母親など家族や実家まとめ

はじめに

『プレイバック』や『いい日旅立ち』など数々のヒット曲を生み出してきた昭和の伝説的アイドル歌手・山口百恵さん。

 

山口百恵さんの在日韓国人説や本名、生い立ちと実家の家族について詳しく総まとめしましたのでご紹介しましょう。

山口百恵の在日韓国人説や本名などプロフィールについて

山口百恵のプロフィールについて

人気絶頂期に突然芸能界引退をした山口百恵

山口百恵さんは1972年12月のオーディション番組『スター誕生!(日本テレビ系)』で準優勝して芸能界入りを果たし、1973年4月の映画『としごろ』で女優デビューし、同タイトルの主題歌で同時に歌手デビューを果たしました。

1970年代にアイドル歌手、女優として一世を風靡すると、1980年3月7日に三浦友和さんとの婚約発表を会見で発表し、同時に芸能界引退を発表しました。

 

山口百恵さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 三浦 百惠(みうら ももえ)(旧姓:山口)
別名義: 横須賀 恵(よこすか けい)(作詞時のペンネーム)
生年月日: 1959年1月17日
出生地: 東京都渋谷区恵比寿
出身地: 神奈川県
身長: 158cm
血液型: A型
職業: 元歌手、元女優
ジャンル: テレビドラマ、映画、歌謡曲
活動期間: 1973年 – 1980年
配偶者: 三浦友和(1980年 – )
著名な家族: 三浦祐太朗(長男)、三浦貴大(次男)

 

引用:Wikipedia – 山口百恵

 

人気絶頂期の突然の芸能界引退宣言にファンは衝撃を受けるものの、世間的には人気が失速する前に芸能界を引退したことに潔いと評価も得ていました。

 

しかし、山口百恵さんの生い立ちからすると早々に芸能界を引退したのも頷けるかもしれません。

 

 

山口百恵の本名や在日韓国人説について

山口百恵

出典:https://www.youtube.com/

山口百恵の在日韓国人は誤報だった

山口百恵さんに在日韓国人説が浮上したきっかけは小学2年生から中学生で芸能界デビューするまで神奈川県横須賀市に住んでいたためでした。

 

横須賀市鶴ヶ丘の周辺には不入斗という在日韓国人・朝鮮人が多く住むコリアタウンがあり、その地域の県営住宅には朝鮮系の人が多く住んでおり、鶴ヶ丘団地にも住んでいました。

 

山口百恵さんは横須賀市立鶴久保小学校を経て横須賀市立不入斗中学校に進学してますので、在日韓国人・朝鮮人が多い学校に通っていたことになります。

 

さらに山口百恵さんの父親が仕事で朝鮮に行くことがよくあったことから、当時の雑誌等で「山口百恵の父親は朝鮮系」と書いてしまったそうです。

 

中国の黒竜江日報が発行する「生活報」の今月11日の報道によれば、中国大衆にもよく知られた日本のトップ歌手である山口百恵は韓国人の父を持つ韓国系だ、と紹介した。

 

 山口百恵は1959年、韓国人の父と日本人の母の間に生まれたが、両親の離婚後は母方の姓を名乗り、現在まで母親と一緒に日本人として生活してきた。

 

(略)日本では芸能界デビュー時に所属事務所の指示に徹底的に従うのが慣例。したがって元々名前を変える意思がなかったこれら韓国系芸能人も元々の姓と名前を隠し、名前を変えて日本人戸籍に登録しなければならなかった、と同紙は伝えた。

 

引用:三日画師のかすかだり – 山口百恵“韓国ルーツ説”を封殺する!

 

しかし、それは全くの誤報だったようで山口百恵さんの両親は日本人であり、在日韓国人ではないようです。

 

1986年5月号の月刊『創』の特集記事「山口百恵“韓国ルーツ説”の真相を追う」で、徹底的に山口百恵さんの家系を洗い出していました。

 

結論を簡単にまとめると,百恵の父・Kこと久保茂は旧姓が山本茂で,その父・山本徳太郎,母・イチの二男。大正十年一月に久保コノの養子となる。久保茂の父・山本徳太郎は山本寅吉(江戸時代の人),トミの二男で,戸籍を江戸時代末期まで遡っても韓国とは無関係。母方も同様。

 

引用:三日画師のかすかだり – 山口百恵“韓国ルーツ説”を封殺する!

 

それは山口百恵さんの生い立ちと実家の家族から読み解けます。

 

 

 

山口百恵の生い立ちと実家の家族について

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す