安田純平の韓国人ウマルの真相~本名・国籍・パスポートも総まとめ

はじめに

イスラム過激派組織に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんは自らの発言により韓国人説が浮上しています。

 

今回は安田純平さんの本名や国籍、パスポートなど韓国人疑惑3つ、「韓国人のウマル」を名乗った真相をまとめました。

安田純平は拉致事件で「韓国人」「ウマル」を名乗り話題に

安田純平の韓国人説でネットが炎上している理由

 

安田純平は本当に韓国人「ウマル」なのか

 

2018年7月31日、イスラム過激派組織に拘束中の安田純平さんが、覆面男2人に銃を突きつけられている20秒あまりの動画がネット上に公開され、事件が発覚しました。

 

私はウマルです。韓国人です」「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と、安田純平さんは言わされています。

 

 

 

 

これを受けて、8月1日午前中に緊急で菅官房長官による記者会見が開かれ、「邦人の安全確保は国の責務であり全力で対応に務めていきたい」という趣旨のコメントが発表されました。

 

しかし、公開された動画を間に受けてしまった一部のネットユーザーが、「韓国人の救出は韓国政府がすべき」と声を挙げて炎上。そのため、様々な憶測を生むようになっていったようです。

 

また、報道番組などで流されていた安田純平さんのものとされる日本国籍のパスポートは偽造で、韓国国籍のパスポートでシリアに入国したという疑惑も論議されるようになりました。

 

 

安田純平の本当の国籍&本名とは 

 

何も答えられないとノーコメントを貫いた両親

 

安田純平さんの「韓国人です」発言の真意について、示現舎の記者が両親の元を訪ねて直接取材を試みたようですが、明確な情報は得られなかったようです。

 

真相を確認すべく、筆者は純平氏の出身地である入間市を訪れた。そして、純平氏の母親から話を聞くことが出来た。

当然ながら、母親は大変憔悴した様子で、「純平さんのことをお尋ねしたいのですが」と聞いても「今は、何もお話できることがありません」と言うばかり。

そこで、単刀直入に「韓国人ですと本人が話されていることについて、過去に韓国籍を持っていたとか、心当たりはないですか?」と聞いたところ、「心当たりはない」と答えた。なお、これもまたネットで噂されている、純平氏の現在の本名は「山本純平」ではということについては否定しなかった

 

引用:示現舎 – 安田純平氏の母、「韓国人です」発言に「心当たりがない」

 

この「山本純平」という名前が、安田純平さんの本名だとネット上で噂されていた理由は、本人が書いていたメモにこの名前があったからでした。

 

 

安田純平の本名は「山本純平」「パク・ホットク」?

 

安田純平の自己紹介メモから本名が発覚?

 

メモには、「Jumpei Yamamoto  Born 1974.3.16 age41」と書かれています。

 

これにより、安田純平さんがこのメモを書いた時点では本名は「山本純平(漢字は違う可能性あり)」であり、41歳だということになります。

 

最後から2番目の行には「My working name is Jumpei Yasuda.」と書かれてあり、”安田純平”という名前はフリージャーナリストとして仕事をする際に使っている名前のようです。

 

通名といえば通名ですが、ネット上で騒がれているような「韓国人が日本人を名乗る際に使う通名」とはまた違うようです。

 

ペンネームのようなものであり、仕事柄家族に迷惑をかけたくないという思いから姓を変えているのかもしれません。

 

 

一番最後の行には「My wife call me “Paku・Hottoku” as nickname.」と書かれてあり、安田純平さんは妻から「パク・ホットク」というニックネームで呼ばれているということです。

 

この名前は韓国人のようですが、「ホットク」とは韓国の有名なお菓子であり、正しい英語表記は「Hotteok」となりますが、安田純平さんが「ホットク」好きという推察もできます。

 

 

 

安田純平の韓国人説① 母親が作った千個星

 

安田純平の母親が折っていた千羽鶴ならぬ千個星

 

ネット上で安田純平さんが韓国人だとする説の中で、最も有力な情報の1つに、母親・幸子さんが息子の安全祈願のために折っていた千羽鶴ならぬ千個星が挙げられます。

 

日本人的感覚であれば、星ではなく鶴を折るのが当然のように浸透していますが、安田純平さんの母親は星を1000個折っていたようです。

 

これは、韓国で「幸せ祈願」として浸透している文化になるようです。

 

 

「千個星」「千連星」と呼ばれるラッキースター

 

ただ、この折り紙は、日本でも「ラッキースター」と呼ばれて人気があり、日韓どちらが起源かなのかも曖昧のため、一概に安田純平さんのルーツが韓国だと断定はできないようです。

 

単に安田純平さんの母親が千個星を折るのが得意だったか、もしくは千羽鶴を折るのは年齢的に大変なため簡単な星にした…という身内にしか分からない事情もあったのかもしれません。

 

 

安田純平の韓国人説② 須田慎一郎が「韓国籍」だとコメント

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す