イ・スンヨプ

イスンヨプ(李承燁)の現在!巨人時代の年俸・嫁や子供情報なども総まとめ

はじめに

韓日通算626本塁打という韓国人打者として最高の記録を残したイスンヨプ(李承燁)さんですが、現在や嫁や子供も注目を集めています。

 

今回はイスンヨプさんの韓国時代、巨人時代の活躍や年棒、嫁や子供情報などをまとめました。

イスンヨプ(李承燁)のプロフィール

 

「国民打者」と呼ばれた韓国の英雄、イ・スンヨプ

 

イ・スンヨプさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 李承燁(イ・スンヨプ、韓国語:이승엽)
国籍: 大韓民国
出身地: 大邱広域市
生年月日: 1976年10月11日
身長: 183 cm
体重: 87 kg

選手情報
投球・打席: 左投左打
ポジション: 一塁手
プロ入り: 1995年 KBO地域優先ドラフト
初出場: KBO / 1995年4月15日、NPB / 2004年3月27日
最終出場: KBO / 2017年10月3日、NPB / 2011年10月18日
年俸: 10億ウォン(最終年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
慶商中学校
慶北高等学校
サムスン・ライオンズ (1995 – 2003)
千葉ロッテマリーンズ (2004 – 2005)
読売ジャイアンツ (2006 – 2010)
オリックス・バファローズ (2011)
サムスン・ライオンズ (2012 – 2017)

 

引用:Wikipedia – 李承ヨプ (野球)

 

 

 

イスンヨプ(李承燁)の韓国時代の活躍~来日までの経緯 

日本移籍は本位ではなかったイ・スンヨプ

 

イ・スンヨプさんは1995年に慶北高等学校卒業後は投手としてサムスン・ライオンズに入団しましたが、高校時代の左肘の故障が完治せず、打者に転向しました。

 

この頃に憧れだった王貞治さんの1本足打法を参考に、フォームの改造を行いました。

 

シドニーオリンピック予選を兼ねたアジア野球選手権の日本戦で、イ・スンヨプさんは本塁打を放ったことから「国民打者」「ライオンキング」の愛称で呼ばれるようになりました。

 

 

2003年にFA権を取得したイ・スンヨプさんは、メジャーリーグへの挑戦を希望しましたが、獲得に意欲を示したのはロサンゼルス・ドジャースのみで、しかもマイナー契約でした。

 

好条件のオファーが無かったため、イ・スンヨプさんはかねて「最悪の場合は日本で1年間プレーすることを考えている」と語っていた通り、日本の千葉ロッテマリーンズと契約しました。

 

 

イスンヨプ(李承燁)が巨人で最高年棒に

 

イ・スンヨプ

出典:https://twitter.com/

イ・スンヨプの最高年棒は6億5千万円

 

イ・スンヨプさんは、2004年の西武ライオンズとの開幕戦で初打席に臨み、松坂大輔さんから初安打初打点を取りました。

 

しかしその後成績は振るわず、2005年も2軍スタートで成績を残せなかったため、ロッテを離れることになり、2006年1月19日にイ・スンヨプさんの読売ジャイアンツ入団が発表されます。

 

前年のWBCでの活躍や、当時巨人の主力だった高橋由伸さん、小久保裕紀さんが故障続きだったことから、開幕戦の横浜ベイスターズ戦から4番打者に指名されました。

 

そして、加藤武治投手から移籍後初の本塁打を放ち、その後もイ・スンヨプさんは絶好調をキープし続け、巨人の主砲として活躍しました。

 

次シーズンも巨人の熱烈なオファーがあり、2007年から推定年俸6億5千万円(契約金約30億円)で契約をし、イ・スンヨプさんのキャリアで最高の年棒となりました。

 

 

しかしこの年をピークに約3年で調子が下がり続け、戦力外となったイ・スンヨプさんは、2010年11月16日に巨人から契約更新をしないことを通告されます。

 

「中途半端な形で地元韓国に帰れない」と語ったイ・スンヨプさんは、オリックス・バファローズと契約し、移籍しました。

 

 

イスンヨプ(李承燁)が一番印象に残ったホームラン

 

イ・スンヨプが印象に残ったホームランは韓国でのプレー

 

ホームランを頻繁に打っている強打者にとって、思い出の1本を選ぶのは難しいかもしれませんが、イ・スンヨプさんは韓国シリーズで初めて優勝した時に放った1本だと答えています。

 

 

いつか誰かが一番記憶に残るホームランを選んでほしいと言ったが、本当に一つを選べない。2002年の韓国シリーズで放ったホームランもあるし、アジア新記録を打ち立てたシーズン56号ホームランもある。北京オリンピックのときも同じだ。

 

しかし、もっとも意味があると思うのは、2002年に初めて韓国シリーズで優勝したときのものだ。ホームランを打って泣いたことは多くないが、そのときは一番多く泣いた。韓国シリーズで4回優勝し、日本シリーズでも2回優勝したが、優勝して泣いたのは2002年だけだ。それだけ初優勝は強烈だった。

 

引用:gooニュース – 「日本時代は最悪だった」イ・スンヨプは今、どこで何をしているのか【独占インタビュー】

 

日本でのプレーよりもホームである母国の方が印象深いのは当然だと言えますが、イ・スンヨプさんは日本でのプレーにあまり良い印象を持っていなかったことも理由としてあるようです。

 

 

イスンヨプ(李承燁)が「巨人時代は最悪だった」と語り話題に

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す