拉致被害者

北朝鮮拉致被害者のリスト一覧と現在~日本政府認定17人の詳細まとめ

はじめに

この記事の目次 [目次を非表示]

1970年~1980年代にかけて北朝鮮に拉致された人は、疑いのある人を含めてリストには883人いると言われています。

 

この記事では、日本政府が拉致被害者として認定している17名について現在の状況を詳しくまとめました。

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人① 久米裕さん(石川県) 

 

1977年9月19日 宇出津(うしつ)事件

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

東京都三鷹市で当時警備員をしていた久米裕さん(当時52歳)は、休暇中だった1977年9月に上司に電話で「宇奈月温泉にいますので休み明けに出勤します。」と伝えたのを最後に失踪しました。

久米裕さんを拉致したのは在日朝鮮人の李秋吉で、本国から「45~50歳くらいの日本人男性を拉致しろ」という命令を受けた土台人であり、知り合いだった久米裕さんをターゲットにして海に連れ出し、密航で来ていた工作船で北朝鮮工作員に引き渡しました。

北朝鮮側は久米裕さんについて「入国していない」としらを切っており、現在までに安否が確認できていません。

 

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人② 松本京子さん(鳥取県) 

 

1977年10月21日 女性拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

松本京子さん(当時29歳)は1977年10月21日の午後8時頃に編み物教室のために自宅を出ましたが、自宅付近で工作員の男2人に声をかけられました。

その様子を近所の人が目撃しており声をかけましたが男2人に殴られ、松本京子さんは男2人に強引に海岸に連れていかれ工作員の密航船に乗せられました。

北朝鮮側は2004年11月に開かれた実務者協議で、松本京子さんについて「入国はしていない」とシラを切りましたが、日本政府は2006年に拉致被害者として断定しました。 

松本京子さんの安否は現在までに分かっていません。

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人③ 横田めぐみさん(新潟県) 

 

1977年11月15日 少女拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

当時13歳だった女子中学生の横田めぐみさんは、新潟市立寄居中学校からの下校途中に自宅付近(現中央区西大畑町・新潟大学付属新潟小学校前)で失踪しました。

北朝鮮側は横田めぐみさんについて、1986年に結婚して翌年に第一子を出産しましたが、1994年4月に入院先の病院で自殺し、1997年に火葬したと伝えました。

しかし、2004年11月に開かれた実務者協議において、北朝鮮側は横田めぐみさんの遺骨として提供しましたが、DNA鑑定の結果別人であることが分かりました。

横田めぐみさんの両親である横田滋さんと横田早紀江さん夫妻は怒りに震え、「予想通りの証言。こういうことを平気で言わせる国にはらわたが煮えくり返るばかりだ」とコメントしました。

なお、横田めぐみさんは大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫の同僚である金淑姫(キム・スクヒ)に日本人の立ち居振る舞いを教えていたとされており、金正恩の母親である高容姫(コ・ヨンヒ)が早くに亡くなったため、代理母として育てたとも言われています。

横田めぐみさんの安否は現在までに分かっていません。

 

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人④ 田中実さん(兵庫県) 

 

1978年6月頃 元飲食店店員拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

田中実さん(当時28歳)は当時ラーメン店の店員でしたが、同店の店主は北朝鮮から拉致の命令を受けていた土台人で、1978年6月に騙されて連れ出され成田空港から一緒に出国し、ヨーロッパ経由で北朝鮮に送り込まれました。

1994年6月に在日朝鮮人の男性が平壌を訪れた際に田中と名乗る拉致被害者と会ったことを兵庫県警に証言して拉致被害が確定しました。

また、田中実さんは北朝鮮で妻子をもうけており、2019年2月には平壌で生活していることが北朝鮮側の伝達により明らかとなりました。

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人⑤ 田口八重子さん(石川県) 

 

1978年6月頃 李恩恵(リ・ウネ)拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

当時22歳の東京にある飲食店店員だった田口八重子さんは、1978年6月頃に失踪しましたがしばらくは北朝鮮拉致事件に巻き込まれたとはわかりませんでした。

その後大韓航空機爆破事件で有罪判決を受けた北朝鮮工作員の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が李恩恵(リ・ウネ)という人物から日本人の所作を学んでいたという情報を得たことから、1991年に日本から警察2人がソウルで金賢姫と面会し、10枚の似顔絵を見せたところ田口八重子さんが李恩恵であることを突き止めたことで拉致被害が明らかとなりました。

帰国した拉致被害者の証言によれば、田口八重子さんは1984年頃に平壌郊外にある日本人居住区で横田めぐみさんと北朝鮮工作員の女一人と同居をしていたことが分かりました。

また、北朝鮮側の説明によれば、田口八重子さんは拉致被害者の原敕晁さんと結婚しましたが1986年に原敕晁さんが病没し、同年7月には田口八重子さんも自動車事故で亡くなったとし、遺体は洪水に流されてわからないとシラを切りました。

全く信ぴょう性の無い説明であり、現在までに田口八重子さんの安否は分かっていません。

 

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人⑥ 地村保志さん(福井県) 

 

1978年7月7日 アベック拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

福井県小浜市で大工見習いをしていた地村保志さん(当時23歳)は、交際していたブティック店員の濱本富貴惠さん(当時23歳)と一緒に北朝鮮工作員・辛光洙(シン・グァンス)に拉致されました。

地村保志さんと濱本富貴惠さんは拉致された北朝鮮の地で1979年に結婚し、平壌郊外にある日本人居住区で1984~1986年まで過ごしたあとに平壌市内に転居しました。

2002年10月に北朝鮮側が”一時帰国”と念を押して日本に帰国させましたが、日本政府は地村保志さんと濱本富貴惠さんが日本に留まりたいという意思を確認した上で北朝鮮には返しませんでした。

その後、2004円5月22日には息子2人と娘1人も帰国しました。

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人⑦ 濱本富貴惠さん(福井県) 

 

1978年7月7日 アベック拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

 地村保志さんの内容と同じ。

 

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人⑧ 蓮池薫さん(新潟県) 

 

1978年7月31日 アベック拉致容疑事案

 

【拉致事件発生時から現在までの状況】

中央大学法学部生だった蓮池薫さんは(当時20歳)、化粧品会社社員だった奥土祐木子さん(当時22歳)と交際中でしたが、蓮池薫さんが「ちょっと出かける。すぐに帰る」と言って家を出て以降消息不明となり、北朝鮮工作員・チェ・スンチョルに拉致されました。

蓮池薫さんと奥土祐木子さんは拉致後、北朝鮮の地で1980年5月に結婚し、平壌郊外にある日本人居住区で暮らした後に平壌市内に転居しています。

2002年10月に他の拉致被害者数人と帰国を果たし、2004年5月にも平壌に残された息子と娘も日本に帰国を果たしました。

 

 

北朝鮮拉致被害者リストで確定している人⑨ 奥土祐木子さん(新潟県) 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す