有本恵子の現在!父と母など家族・出身高校や大学・拉致の経緯や手紙も総まとめ

はじめに

拉致被害者の1人・有本恵子さんは北朝鮮が死亡と断定したものの、不可解な点が多く、家族は現在も帰りを待っています。

 

今回は拉致被害者・有本恵子さんの出身高校や大学、拉致の経緯や手紙、父母など家族と現在をまとめました。 

 

有本恵子さんのプロフィール~出身高校や大学も紹介

 

出典:http://nippon-blueribbon.org/

 

名前 : 有本恵子(ありもと けいこ)

朝鮮名:キム・ヒョンスク

生年月日 : 1960年1月12日生

出身地 : 神戸市長田区

拉致当時:神戸外国語大学の学生

 

 

有本恵子さんは、有本家の一男五女の三女として生まれました。両親は鉄工所を経営しており、朝から晩まで働きづめだったそうです。

 

恵子さんが高校1年の頃、父の明弘さんの妹の家に住み始めます。(出身高校は不明)

 

そして、神戸外大を卒業する直前の3月、恵子さんは「半年だけでいいからイギリスに行かせて」と留学希望を打ち明けたそうです。

 

恵子さんの両親は「あかん」と反対したものの、泣いて頼む恵子さんに押し切られたのだとか。

 

そして、1982年4月10日、恵子さんは伊丹空港からロンドンに出発します。これが恵子さんと両親との別れとなるのでした。

 

 

有本恵子さん拉致事件の経緯① 帰国をキャンセル  

 

出典:https://www.niigata-nippo.co.jp/

 

ロンドンでホームステイしながら語学学校に通っていた恵子さん。半年の予定がもう半年と延び、翌年の1983年6月に帰国を知らせる手紙が届きます。

 

有本恵子さんが帰国予定だった1983年8月9日、当日になって、「仕事が見つかる 帰国遅れる 恵子」という電報が実家に届きます。

 

航空会社に確認すると、予定していた便をキャンセルしていたことが分かりました。

 

その後、ギリシャのアテネから「仕事をしている」という手紙が届いていますが、恵子さん本人が出したものかどうか定かではなく、この手紙が最後となっています。

 

 

有本恵子さん拉致事件の経緯② 「よど号」グループによって北朝鮮に拉致

 

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

1983年7月頃、ヨーロッパにいた有本恵子さんは忽然と姿を消します。

 

後に、「よど号」グループによって北朝鮮に拉致されたことが明らかになりました。

 

 

 

出典:http://nippon-blueribbon.org/

 

有本恵子さんは当時、イギリスでの留学を終えてヨーロッパを旅行していたそうです。

 

そんな中、特殊機関メンバーの1人が有本恵子さんに接触し、「工作の過程で共和国に行ってみないか」と誘うと、「一度行ってみたい」と有本恵子さんは答えたそう。

 

その後、特殊機関が1983年7月15日に平壌へ連れて行ったとしています。

 

北朝鮮によれば、北朝鮮に入国後、「資本主義社会とは異なる制度の中で暮らしてみたい」と有本恵子さんが希望したそうです。

 

そして、入国して1年後から、有本恵子さんは特殊機関の学校で日本語を教えていたそうです。

 

北朝鮮は、仕事をしながら世界を見て回れると思っていた有本さんを騙して、同じく獲得した男性と結婚させるために北朝鮮に連れて行ったとされています。

 

 

 

有本恵子さん拉致事件の経緯③ 北朝鮮にいる旨の手紙が届く

 

手紙が送られてきた経緯とは

 

出典:http://nippon-blueribbon.org/

 

有本恵子さんの両親は外務省や警察に相談に行くも、まともには取り合ってくれなかったそうで、そのまま時間だけが流れていったと言います。

 

そして、行方不明になってから約5年後の1988年9月6日、有本恵子さんの神戸市の自宅の電話が鳴りました。

 

電話の相手は、1980年に22歳でスペインに渡ったまま行方不明となっていた石岡亨さんの母親でした。

 

実は、石岡亨さんの実家に手紙が届き、有本恵子さんが北朝鮮にいることが判明したのです。

 

電話の数日後、札幌市の石岡さんの実家から手紙のコピーが有本さん宅へ届いています。

 

 

手紙の内容とは 

 

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

手紙はポーランドから送られたもので、封筒の裏には「石岡より 平壌にて」と書かれていました。

 

その手紙には、有本恵子さん・石岡亨さんの写真や住所、同じく拉致被害者と言われている松木薫さんの名前などが書かれていたそうです。

 

そして、女性の写真と写真が同封されていました。有本恵子さんと思われる女性と、石岡亨さんとの間の子供と思われる、腹ばいで笑みを浮かべる赤ちゃんの写真も添えられていたんだとか。

 

さらに手紙には、

 

 

「3人一緒に北朝鮮で助け合って生活しています。生活費もこの国より支給されて生活しています。」

「長い間の連絡の出来なかった事をお許し下さい。」

 

と記されており、有本恵子さんたちが北朝鮮に居るという確実な証拠となりました。

 

日本国内に入ってきた証拠であるため、有本恵子さんの両親は警察庁と外務省にこの手紙を提出したそうです。

 

そして2002年3月11日、拉致実行犯の1人である八尾恵さんの証言もあり、行方不明となっている有本恵子さんについて、政府は北朝鮮による拉致事件と認めました

 

 

恵子さんの母親は写真を見て、「ふっくらとした顔がすっかりやせこけ、目も落ちくぼんでいたけど、確かに娘の写真でした」と話しています。

 

そして、便せんが細かく折り畳まれていたことから、「何とか北朝鮮から日本に届いてほしいと必死だったのだろう」と、有本恵子さんたちの気持ちを推し量っている様子だったそうです。

 

 

有本恵子さん拉致事件の経緯④ 結婚・出産・そして死亡報告

 

出典:http://nyt.trycomp.net/

 

1985年12月27日、一緒に仕事をしていた石岡亨さんと本人の自由意思で結婚し、翌年娘を生んだという有本恵子さん。

 

娘の名前は「リ・ヨンファ」と名付けられ、招待所で幸せな家庭生活を送っていたとされていました。

 

しかし、1988年11月4日夜、チャガン(慈江)道ヒチョン(熙川)市内の招待所にて、睡眠中に暖房用の石炭ガス中毒で子供を含む家族全員が死亡したとされています。

 

家族と共にヒチョン(熙川)市ピョンウォン(平院)洞に葬られたものの、1995年8月17~18日の大洪水による土砂崩れで遺骨は流出したと北朝鮮は説明しています。

 

引き続き探しているものの発見されていないようで、遺品は写真が遺っているのみだそうです。

 

 

しかし、死亡したとされる1988年以降から最近まで、多数の生存情報がある有本恵子さん。

 

また、有本恵子さんに関する北朝鮮からの情報には不審な点が数々あり、家族会・救う会は矛盾点や疑問点を政府に提出しています。

 

 

有本恵子さん拉致事件の実行犯とは

1 / 2

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す