金正恩

金正恩の髪型「覇気ヘア」の事件・作り方・バリエーションなど総まとめ

はじめに

世界的に危険視され、行動が注目されている北朝鮮の最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長ですが、その特徴的な髪型も話題です。

 

今回は金正恩の髪型「覇気ヘア」について、まつわる事件や作り方、バリエーションをまとめました。

金正恩のプロフィール

 

北朝鮮の最高指導者・正恩朝鮮労働党委員長

 

 

金正恩は、故・金正日総書記の三男として生まれました。

 

非人道的な独裁国家・北朝鮮の最高指導者である朝鮮労働党委員長の座に就任して以降、異母兄・金正男の暗殺や義叔父・張成沢の粛清などを行い、世界を震撼させてきました。

 

金正恩についての詳しいプロフィールはこちら。

 

 

生年月日: 1984年1月8日(諸説あり)
出身地: 北朝鮮、平安北道昌城郡・元山市・平壌市の三説あり
政党: 朝鮮労働党
配偶者: 李雪主

 

引用:Wikipedia – 金正恩

 

金正恩の公称身長は170cmと言われていますが、ドナルド・トランプ大統領が190cmであり「23cm差」だと言われていることから167cmの可能性が高いようです。

 

朝鮮人は、儒教文化により体裁に強くこだわり見栄を張る性格であり、身長が低い印象を持たれないように金正恩は3cmサバを読んでいると思われます。

 

 

体重については、2015年9月に韓国の国家情報院が「金正恩党委員長の体重が130kgとみられる」という分析を報告していました。

 

この体重は北朝鮮人男性の平均の約2倍であり、いくら国家最高レベルの医療を受けているとしても身長167cmで130kgというのは命に危険が及んでもおかしくない肥満体です。

 

すでに成人病を抱えている可能性も指摘されています。

 

金正恩は、粛清を頻繁に行い始めた2014年頃から急激に太ったと言われており、前述の国家情報院は「体制維持や暗殺のストレスによる不眠症と暴飲暴食」が原因だと推察しています。

 

 

 

金正恩の髪型「覇気ヘア」ポスター無断使用事件

 

北朝鮮男性は「覇気ヘア」を強制されている?

 

 

北朝鮮では絶対的な”美男”とされている金正恩の髪型は、「覇気ヘア」と呼ばれています。

 

北朝鮮の男性は強制的に真似をしなければならないという噂がありますが、もちろんそんなことはなく、むしろ真似をする方が恐れ多くてできないでしょう。

 

2014年4月にロンドン西郊にある理髪店の店主が「覇気ヘア」の金正恩のポスターを客引きに使ったところ、北朝鮮外交官2人に圧力をかけられるという事件がありました。

 

 

この外交官の内の1人、太永浩さんは後に亡命した韓国で出版した自叙伝『3階書記室の暗号 太永浩の証言』の中でこの時のことを綴っているようです。

 

 

ポスターには「Bad hair day?」「男性客は15%割引!」と書かれていた。「Bad hair day?」とは、日本語で「ついてない日?」といった意味だという。

 

太永浩氏は、これを発見した同僚を伴って現場に向かい、理髪店主の視野に入る位置から、店の外観とポスターを写真と動画に収めた。店主が緊張の面持ちで見守っているのを確認すると、太永浩氏らは店内に入り、威嚇を込めた語調で「すぐにポスターをおろせ。そうしなければ、アナタはその結果に全面的な責任を負うことになるだろう!」と言った。

 

 この言葉を聞き、店主は体を震わせながらポスターを下したという。

 

引用:Yahoo!ニュース – 「金正恩の髪型を笑った理髪店主にテロの恐怖」北朝鮮外交官の証言

 

ポスターを放置して本国に知られた場合、自分の命すら危ぶまれる外交官という立場。

 

しかし、脅すように店主にポスターを取り下げるように通達して怖がらせたことを後悔している、と太永浩さんは本の中で綴っているようです。

 

 

金正恩の髪型「覇気ヘア」の作り方

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す