金正日

金正日の死因は暗殺?遺体保存法・伝説的エピソード7選など総まとめ

はじめに

移動中の列車の中で心筋梗塞を起こし死去したと伝えられる、北朝鮮の元最高指導者・金正日総書記ですが、その死因や生前の伝説が話題です。

 

今回は金正日の死因と暗殺説、遺体の保存法、生前の伝説的エピソード7選をまとめました。

金正日総書記のプロフィール

 

朝鮮人民に愛された将軍様・金正日総書記

 

金正日についての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 金正日(キム・ジョンイル)
生年月日: 1941年2月16日
出身地: ソビエト連邦 極東地方(ソ連当局のデータ)、日本統治下朝鮮 咸鏡南道恵山郡 白頭山(北朝鮮の中央人民委員会の公式発表)
死去: 2011年12月17日(70歳没)
死没地: 朝鮮民主主義人民共和国 平壌
政党: Flag of the Workers’ Party of Korea.svg 朝鮮労働党
配偶者: 洪一茜(朝鮮語版)、成蕙琳、金英淑、高英姫、金玉

 

引用:Wikipedia – 金正日

 

北朝鮮を建国した偉大なる最高指導者・金日成の長男であり、その座を受け継いだ金正日ですが、生前に残した数々の伝説的エピソードは現後継者の金正恩を凌ぐと言われています。

 

どれだけ北朝鮮が大飢饉で苦しんでも、国民からは””として崇められていた存在です。

 

最期は列車の中で心筋梗塞により命を落とした、とされています。

 

 

金正日の死因が暗殺であるとの噂の根拠&真相

 

金正日は列車の中で死去したのでは無かった?

 

大好きな列車で視察に向かう途中に心筋梗塞で亡くなったとされる金正日ですが、実は三男の金正恩に暗殺されたと噂されています。

 

金正日が死去した約3年後の2014年12月17日付の産経新聞で、金正日は列車の中で死んだのではなく、長女の家で倒れて搬送先の病院で亡くなった可能性が高いと伝えて話題になりました。

 

その理由の1つとして、米韓当局が調べたところ、金正日が移動に使ったとされる列車は2011年12月17日に動いた形跡が無かったことが衛星写真により分かりました。

 

そして、複数の北朝鮮高官脱北者や中韓の政府文書から得た情報によれば、金正日は亡くなる前日に体調悪化で視察を取り止めて官邸で療養していたとのこと。

 

そこへ、すでに後継者になることが決まっていた金正恩からの電話に出た金正日ですが、激しく激昂する声が部屋から聞こえてきたそうです。

 

その後、金正日は長女の金雪松の家に寄り、ワインを飲みながら話をしていましたが、口から泡を噴いて倒れてしまったといいます。

 

すぐに医療施設のある別荘に移され治療を受けましたが、16日夜に亡くなったと言われています。

 

 

金正日が死去した翌日2011年12月20日に、幸福の科学総裁の大川隆法氏が金正日と金正恩の2人の守護霊を呼び寄せて霊言を行い、金正恩の霊が金正日を暗殺したことを示唆しました。

 

 

正日氏の霊は、「列車内で死亡した」という発表について、「それは嘘だろうなあ」「『最後の最後まで、人民のために活動していた』ということが大事なんだろう」と自ら否定。死ぬ間際には病院にいたと明かした。また、しきりに「熱い、熱い」と言い、死の直前に体が発熱していたことを示唆した。

 

続いて現れた、後継者の正恩氏の守護霊は、正日氏が「熱い」と言っていたことについて、「注射で発熱したんじゃないかな」と指摘。「そろそろ死んでくれないと、私の活躍の場がなくなる」と話し、自身の指示で正日氏に注射を打ち、死期を早めたことを告白した。

 

引用:TheLibertyWeb – 金正日総書記の死の真相 列車の中で死んだのはウソ? 実は三男・正恩氏による暗殺……。

 

大川隆法氏は独裁者という点で金正恩と共通点があるため、考えていることを理解しやすいとも言え、霊言はともかくとしても考え方には信ぴょう性があるかもしれません。

 

 

当然、金正日の死因は明かされていませんが、「泡を吹いた」というところから注射に致死量の薬物が入れられていた可能性があり、ショック死に至ったのかもしれません。

 

北朝鮮以外の国にとっては、金正日が金正恩に暗殺されようと独裁国家であることには変わりありませんが、金正日が死去したことで北朝鮮国民をさらに苦しめることになりました。

 

 

金正日の遺体保全にかかる国費がすごいと話題に

 

金日成と金正日の遺体は今も保全されている

 

建国の父・金日成とその息子・金正日の遺体は現在も生前の姿を保ったまま保全されていますが、その国費は毎年2億円がかかるようです。

 

遺体保全研究に関わり、その後、脱北した元研究者や資料によると、臓器などの摘出から防腐処理、ガラスのひつぎに納めるまでの措置だけで約100万ドル(1億2千万円)を費やす。関連施設の整備費を合わせると約1億ドルを要したという。

 処理後も、2週間に1度はひつぎから取り出し、防腐処理を施さなければならない。ロシアからの技術者の手で行われ、保存作業だけに毎年約80万ドル(約9400万円)以上かかるという。金主席の遺体と合わせると、維持費は倍になる。

 

引用:産経ニュース – 「死体がだんだん縮んでいる」?…改修に食糧3年分、死後も国民さいなむ「遺体保存」

 

さらに、金正日の遺体を安置するために施設を改築した際には、国民が3年は食べていけるだけの食料費分が投じられたようです。

 

なお、金日成の遺体は年々縮んでいっていると北朝鮮国民の間で噂になっているようで、劣化が進んでいる可能性があるようです。

 

 

まさに”神”だと崇められた金正日だからこそ、ここまでの国費が投じられているのでしょうが、飢えに苦しむ北朝鮮国民が本当に望んでいるのかは微妙です。

 

次のトピックでは、金正日が生前に残した伝説的エピソードについて紹介していきましょう。

 

 

金正日の伝説的エピソード① 白頭山で誕生

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す