北朝鮮の映画おすすめランキングTOP15【最新人気・決定版】

はじめに

我々日本国の近隣として、最も脅威とされているのが北朝鮮こと朝鮮民主主義人民共和国です。

 

北朝鮮に関して作られた映画というのは結構存在するもので、こうした北朝鮮を舞台とした映画をランキング形式でご紹介していきます。

北朝鮮の映画おすすめランキングTOP15

15位:ジ・インタビュー(原題) / The Interview

出典:https://rr.img.naver.jp/

 

公開年月:2014

 

コメディ映画ながら北朝鮮を題材とした良作として挙げられるのが、この「ジ・インタビュー」です。テレビの司会者である二人が首席へのインタビューを許されたことから、CIAより彼らに総書記の暗殺命令が下されます。

 

このことから、怒った朝鮮が大陸間弾道ミサイルの発射を実施するも、その直前で総書記を倒し、その後北朝鮮が民主主義国家として生まれ変わるというものです。この映画は実際の北朝鮮の怒りを買い、彼らが配給元のソニーピクチャーズ・エンターテインメントに大規模なサイバーテロを行ったことでも有名になりました。

 

 

14位:北朝鮮・素顔の人々

出典:https://asiandocs.co.jp/

 

公開年月:2000

 

生のドキュメンタリーとして成立しているのがこの映画、「北朝鮮・素顔の人々」です。この映画は、なんと北朝鮮で暮らす人々が、自分たちの生活を秘密裏に撮影した、まさに生のお宝映像なのです。

 

闇市の様子や孤児の歌声など、厳しい生活の中に美しく、たくましく輝く人々の様子が浮き彫りとなる様子は、非常に考えさせられるものがあると同時に、一種の不思議な感動を誘う、そんな映像に仕上がっています。

 

 

13位:レッド・ファミリー

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:2013

 

韓国で暮らす北朝鮮のスパイの物語といえば、この映画「レッド・ファミリー」です。国の命令の元、外では善良な市民を装いながらも、ひとたび玄関の扉を閉めるとスパイの顔に早変わりするツツジ班。

 

そんな彼らに鍋を片手に交流を図ろうとするごく普通な韓国のお隣家族とのコミカルなやりとりと、そのギャップが大変面白い作品です。

 

 

12位:ステルス

出典:https://img.recordchina.co.jp/

 

公開年月:2005

 

厳重体制のロシア、韓国と北朝鮮領の境界で繰り広げられるアクション映画として有名なのが本作「ステルス」です。非常に近代的な人工知能を搭載した戦闘機という題材をもとに、人工知能のミスを皮切りに、北朝鮮からの脱出を試みる搭乗員や関係者の様子がリアルに描かれているアクション映画といえるでしょう。

 

やはり北朝鮮という土地が、一度入ったら出られない土地であるという認識を含め、アメリカ内でも共通の認識を国家にもっていることが垣間見える作品といえるのかもしれませんね。

 

 

11位:JSA

出典:https://eiga.k-img.com/

 

公開年月:2000

 

韓国と北朝鮮の境界線である、38度線を舞台とした映画が本作「JSA」です。この映画では、普段対立している韓国と北朝鮮政府とは別に、実際の防衛線である両国の兵士が不可侵のぎりぎりのラインにおいて友好をはぐくんでいるという、なんとも皮肉な現状を垣間見ることができます。

 

普段表に情報の出ない北朝鮮はかなり悪逆非道な国家といった印象を持たれることも多い中、実際に警備したり、中で生活を営んでいるのは素の人間であるというあたりまえの事実を痛いほど再確認できる作品として非常に良策といえるでしょう。

 

 

10位:シュリ

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す