蓮池薫の現在!兄や嫁と子供など家族・スパイ疑惑も総まとめ【拉致被害者】

はじめに

北朝鮮に24年間も拉致され、2002年に無事帰国した蓮池薫さんですが、家族会との確執やスパイ疑惑も注目を集めています。

 

今回は蓮池薫さんの兄や嫁と子供、家族会との関係、スパイ疑惑と真相、現在の活動をまとめました。

蓮池薫さんのプロフィール

出典:https://www.fnn.jp/i

プロフィール

生年月日:1957年9月29日

出身地:新潟県柏崎市

 

(著書)

『蓮池流韓国語入門』

『私が見た、「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』

『半島へ、ふたたび』

『夢うばわれても拉致と人生』

『拉致と決断』

 

 

蓮池薫さんは、1978年7月31日、中央大学法学部3年生の夏休み、実家に帰省していました。

 

そして、当時交際していた奥土裕木子さんと新潟の海岸で北朝鮮の工作員に拉致されました。

 

拉致した工作員は、通称「チェ・スンチョル」、通称「ハン・クムニョン」、通称「キム・ナムジン」でした。

 

蓮池薫さんは、知らない男性から「煙草の火をかしてくれませんか」と突然声をかけられたそうです。

 

そうして、いつの間にか忍び寄っていた3~4人の男性に体を拘束され、大きな布の袋に頭まで入れられそのまま船に乗り、2晩かけて北朝鮮北部の軍港へたどり着いたそうです。

 

そうして、「招待所」という施設に連れていかれました。

 

その後、24年間という長い間北朝鮮での生活を強いられた蓮池薫さんは、その間に交際していた奥土裕木子さんと結婚し、子供をもうけています。

 

 

出典:https://i.ytimg.com/

 

北朝鮮では、1993年に自殺したとされている横田めぐみさんと同じ集落で暮らしていたそうです。

 

さらに、1981年に亡くなったとされている増元るみ子さんとは、蓮池薫さんの奥さんが1978年秋~1979年10月25日まで一緒に暮らしていたそうです。

 

この間、3回も引っ越しをしたそうです。

 

北朝鮮での日本人の生活は、食糧は配給制で、服などの生活必需品は毎月支給される30ドル(約3000円)で賄い、「生き甲斐もなかった」と蓮池薫さんは語っています。

 

 

蓮池薫さんの家族① 兄

出典:https://corocoro-tabi.com/

 

蓮池薫さんのお兄さんは、蓮池透さんといい、1955年1月3日に生まれました。

 

1997年3月に、東京理科大学工学部電気工学科を卒業します。

 

東京電力で働いていた!

出典:https://www.asahicom.jp/

 

蓮池透さんは、1997年~2009年まで東京電力で働いていおり、2002年に日本原燃に出向、核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当しています。

 

退社するまで、東京電力で原子力発電の中枢にいたようです。

 

国の安全審査への対応や高レベル放射性廃棄物処分の研究をされ、福島第一原発での勤務経験もあります。

 

福島では、計測制御装置のメンテナンスをされていたようで、原子炉水位や原子炉圧力などの数値を制御し記録をするのが仕事だったそうです。

 

さらに、3号機・4号機は新入社員の頃、保守点検で携わっていたそうで、思い入れがあると語っています。

 

そのような経緯から、東日本大震災での福島第一原子力発電所の事後発生後に取材を受けています。

 

蓮池透さんは、レベル7の事故が信じられないと話しています。その理由として、

 

 

「レベル7の事故の確率は1千万分の1と言われていて、工学的には絶対に起こりえないということです。私自身、安全審査にも関わっていたので、安全性には絶対の自信がありましたから」

 

と語り、さらに、「あのような津波は想定していなかった」と明かしました。

 

 

蓮池薫さんの家族② 嫁

出典:http://sakurajadehouse.com/

 

蓮池薫さんの奥さんは、一緒に北朝鮮によって拉致された奥土裕木子さんです。

 

奥土裕木子さんも新潟県柏崎市の出身で、1956年4月15日生まれです。拉致された当時は、カネボウ化粧品の社員として働いていたようです。

 

帰国後の2002年10月25日に、柏崎市の市役所に蓮池薫さんと一緒に婚姻届と出生届を出しにいき、「蓮池裕木子」さんになりました。

 

 

蓮池薫さんの家族③ 子供2人

出典:https://www.sankei.com/

 

蓮池薫さんには北朝鮮で生まれた子供が2人います。

 

蓮池薫夫妻が日本に帰国することができてから、1年半後にお子さん達が帰国できました。

 

北朝鮮にいるときは、子供たちに日本語を学ばせていなかったようです。その理由は、子供が大きくなった時に工作員にされるのを防ぐためだったそうです。

 

 

長女:蓮池重代さん

 

1981年生まれで、名前の「重」は蓮池薫さんの祖父からとったそうです。また、「重みのある人間に」という願いが込められているんだとか。

 

平壌では、外国語大で英語を学んでいたようで、帰国後は柏崎市内にある新潟産業大の3年生に編入されました。

 

そして、2014年から大学にて学び直しているそうです。大学は早稲田大学という噂もありますが真相は分かりません。

 

大学卒業後は、就職し現在は社会人として過ごしているようです。

 

 

長男:蓮池克也さん

 

1985年生まれで、名前の「克」は「耐え忍んで勝ち抜いてほしい」という願いが込められているそうです。

 

日本に帰国した時、克也さんは19歳という若さでした。日本語を学ぶため、新潟産業大に通っていたそうです。

 

その後は証券会社に勤め、インターネットで取引をする実務に従事されていました。

 

蓮池薫さんのスパイ疑惑と真相

出典:https://thinkit.co.jp/sites/

 

なんと拉致被害者でもある蓮池薫さんが実は、北朝鮮のスパイではないのかというびっくりなスクープを週刊誌「週刊現代」が掲載しました。

 

参議院に出馬経験がある、元小学校教員の横井邦彦さんの証言だそうです。

 

横井さんは、当時勤務していた小学校で放送用具の片付けを行っていると、突然男が「横井先生」と声をかけてきたそうです。

 

その男は、「われわれは、100人もの日本人をまとめる日本人の指導者が必要なのです。ぜひ私と一緒に北朝鮮にわたり、あなたに彼らの指導をお願いしたい。」と話したそうです。

 

横井さんがこの申し入れを断ると、男は豹変し「あなたを拉致してでも北朝鮮に連れていく」と言ったそう。

 

横井さんが「国政選挙の候補予定者が突然失踪したら、日本の警察が黙っていない」と言うと、相手は諦めたそうです。

 

そして、蓮池薫さんが帰国した映像を見て、あの時の男が蓮池薫さんだと気づいたそうです。

 

この証言が本当だとすると、蓮池薫さんは帰国する以前に拉致目的で日本に戻っていたということになりますね。

 

 

しかし、政府から抗議文が寄せられ、蓮池薫さん本人も「荒唐無稽な作り話」と抗議文を送っています。

 

この証言は今のところ噂のレベルで、確証や証拠が無いようです。なぜ横井さんはこのようなことを発言されたのかも気になるところですが、真相は分からないままです。

 

蓮池薫さんが「家族会」を退会し話題に

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す