北朝鮮美女軍団

北朝鮮の美女軍団「喜び組」の接待の真実!結成の経緯~内容を徹底解説

故・金正日総書記の時代に報じられて一躍話題になった北朝鮮の美女軍団の「喜び組」ですが、その接待内容が過激で卑猥だと注目を集めています。

 

今回は北朝鮮の美女軍団結成の経緯、接待の真実を詳しくまとめてみました。

北朝鮮の美女軍団が韓国人男性を虜に

 

平昌冬季五輪で注目を集めた赤いコートの美女軍団

 

2018年の平昌冬季五輪では、北朝鮮の美女軍団280人と三池淵楽団114人の計394人が、お揃いの赤いコートを着て黒いファーを巻き登場し、多くの韓国人男性の心を鷲掴みにしていました。

 

整形美女を除き、美人が少ないとされる韓国では、ナチュラル美人の多い北朝鮮女性をアイドル視しており、美女軍団で席巻し存在感を示すという金正恩の思惑は見事に成功しました。

 

韓国人男性が北朝鮮の美女軍団に熱狂的な視線を送る理由の1つとして、「喜び組」の存在があります。

 

北朝鮮の最高指導者である金正恩や上級幹部を相手に、夜な夜なスケベな接待パーティーが開かれているところを想像しては楽しんでいるようです。

 

 

 

北朝鮮の美女軍団「喜び組」とは 

 

故・金正日総書記時代に創立された「喜び組」

 

「喜び組」は、故・金日成国家主席の時代にナンバー2だった故・金正日総書記が「喜びを与え、休息を確保する」目的で結成した組織で、本当の名称を「木蘭組」と呼びました。

 

そして、その始まりは、芸術に関心が深かった金正日総書記に気に入られたい党幹部たちが、北朝鮮で最高レベルの女性を集め、「万寿台芸術団」を接待係として結成しました。

 

金正日総書記の夫人で金正恩労働党委員長の母親の高英姫もこの「万寿台芸術団」に所属していました。

 

「喜び組とは金正日総書記の時代に作られた『木蘭組』のことであり、高級幹部の夜の相手をする組織です。韓国ではこの組織が正日亡き後も存在すると信じられているのです。ちなみに『木蘭組』は上級成分(身分)出身の18歳から25歳までの美人で、かつバージンでなければなりません。そして木蘭組は、歌や踊りを習得し、パーティーを華やかに演出する『歌踊組』、マッサージで高級幹部を慰労する『幸福組』、そして性的サービスを担当する『満足組』の3つに分けられていました」

 

引用:exiteニュース – 韓国スケベ首脳の股間を鷲掴みにした北朝鮮美女軍団“裏性戯”

 

朝鮮人の性的な接待というと、韓国芸能界で蔓延しているという「性上納」が連想され、女性は強制されて嫌々行うイメージですが、北朝鮮の「喜び組」は女性にとっても喜びのようです。

 

1995年に北朝鮮から脱北して韓国に亡命した、元「喜び組」の申英姫さんが出版した著書『私は金正日の「踊り子」だった』の中で、そのことを綴っています。

 

パーティーへの参加初日に申は、金正日に直接酌をする機会を得る。そのときの「感動」をこう記した。「指導者同志にお酒をお注ぎして、あの方から直接褒めてもらえるなんて…。まるで夢をみているような気分だった。心臓の鼓動が聞こえるようだった」

 踊り子たちは、パーティーに参加できること自体を光栄と思っていたという。「金正日をはじめ最高幹部たちと一緒に過ごせる事実に感激し、それが一つの大きな自負心をもたらした」と申は振り返る。

 

引用:産経ニュース – 女性だけを選抜「喜び組」の原型 暗室でやり放題、秘密パーティーの中身とは…

 

故・金正日総書記は、2011年12月17日に列車の中で暗殺されたと見られており、死去後に最高指導者の座が金正恩に移ってからは「喜び組」という言葉は聞かれなくなりました。

 

 

北朝鮮の美女軍団「喜び組」は金正恩に引き継がれていた

 

金正恩も父親譲りのスケベだった?

 

金正恩労働党委員長は父親が死去した2011年に北朝鮮の最高権力者の座を引き継ぎましたが、「喜び組」は名前を変えて存在していると言われているようです。

 

その選考条件まで、韓国の大手紙に務めていた元支局員が答えていたようです。

 

「正恩委員長には父親のDNAを受け継いだ“パーティー狂い”の噂も根強く、よって韓国では『木蘭組』は名を変えて存続していると信じられています。ところで、今回の楽団や美女軍団の選考基準は、(1)身長165センチ以上体重50キロ以下、(2)核心階層(忠誠心上位)の出身者であること、(3)金星(クムソン)学院OGであることが条件です。また亡命を避けるために、韓国や日本などに親戚がいないことも条件に加えられたようです。金星学院は金日成主席時代の1966年、課外学習機関である万景台(マンギョンデ)学生少年宮殿の付属学校として創設されています。日本でいう宝塚音楽学校のような位置付けといえば分かりやすいでしょう」

 

引用:exiteニュース – 韓国スケベ首脳の股間を鷲掴みにした北朝鮮美女軍団“裏性戯”

 

なお、美女のスカウトについては、朝鮮労働党の人事を担当する「組織指導部第5課」に所属する職員が北朝鮮国内の学校を巡り、基準を満たした美女を召し上げているようです。

 

そして、300人ほどの美女を集めてきて厳正な健康診断を実施し、最終的に健康状態良好な処女が50人ほど選ばれるようです。

 

絶対条件として”処女”が入っていることから、容姿に自身のある女性は朝鮮労働党の人事職員に選ばれる日のために、恋愛を避けて貞操を守り続けているのかもしれません。

 

 

北朝鮮の美女軍団「喜び組」の接待の真実① 卑猥な接待 

 

男性の想像通りの卑猥な接待が繰り広げられている

 

前述の通り「喜び組(木蘭組)」は、華麗な舞を踊って場を華やかにする「歌踊組」、マッサージで接待相手を慰労する「幸福組」、性的サービスを施す「満足組」の3つに分かれています。

 

元「喜び組」の申英姫さんの著書で綴られた内容では、所属に限らず幹部らに求められれば性的な接待もしなければならなかったようです。

 

《舞台に上がった歌踊組の衣装は、ブラジャーで胸をすれすれに隠し、下半身は何もはかずに赤のショールを巻いただけだった。そんな身なりで刺激的な動きをすると、一部の酔っぱらった幹部らは舞台に上がり、ショールをめくってみたり、指で陰部を突っついたりしました》
 《カード遊びをして負けると、男女問わず1枚ずつ服を脱がされたりし、酔いが回るとさらにエスカレートして、女姓が負け、身に付けているものが1枚もなければ陰毛を剃るということさえありました》

 

引用:exiteニュース – 韓国スケベ首脳の股間を鷲掴みにした北朝鮮美女軍団“裏性戯”

 

おそらく、本には書けなかったような淫猥な行為も行われていたことは想像に難くないですが、美女軍団の「喜び組」はこうした接待だけではなく、婚期が来れば高級幹部らに嫁ぐそうです。

 

自由の無い北朝鮮では、恋愛を捨てて高級幹部の妻となることは美人女性にとって喜びなのかもしれませんが、日本を始め民主主義の国に住む人々にとっては理解しがたい世界でしょう。

 

また、美女軍団「喜び組」の任務は接待だけではなく、政治的にも重要な役割を担っているようです。

 

 

 

北朝鮮の美女軍団「喜び組」の接待の真実② 外交接待

 

北朝鮮は美女軍団「喜び組」で各国要人を接待している

 

笑顔の下にもう一つ重要な“任務”が隠れている。それは韓国への“高額請求書”だ。タダの笑顔がカネになるならいくらでも振りまけと命令されているわけだ。
(中略)
 さて、朝鮮半島で雪が溶け始める頃に凍った地面の下から現れるのが、トランプ米政権が北朝鮮の核関連施設などをピンポイントで先制攻撃する『ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦』(鼻血を流させる恐怖の作戦)だ。今回、正恩委員長が与正副部長ウィズ三池淵管弦楽団&美女軍団を派遣したのも、米国の『鼻血作戦』を怖がっている裏返しとみることができる。

 

引用:exiteニュース – 韓国スケベ首脳の股間を鷲掴みにした北朝鮮美女軍団“裏性戯”

 

自殺した韓国の盧武鉉大統領も、北朝鮮のこうした美女軍団「喜び組」による過度な接待を受けて美味しい思いをしていたと言われています。

 

そして、その見返りとして国費を使って500億円ほどの秘密融資を行っていたとされ、そうした背徳心に耐えかねて自殺した可能性もあるようです。

 

 

韓国の首脳陣に加わるということは、つまり北朝鮮外交で美女軍団「喜び組」の接待を受けられる特権も付くようなので、そうしたスケベ心で政治家を目指す人もいるのかもしれません。

 

しかし、美女軍団「喜び組」の接待も万能ではなく、そうした卑猥なパーティーを嫌う愛妻家の要人などからは毛嫌いされて、かえって関係を悪化させてしまうこともあるようです。

 

 

イタリア代表団訪朝の知らせを聞いた金親子は非常に興奮し、「一気に国交樹立へ持ち込もう」と張り切ったという。

 

結論から言えば、その試みは失敗した。最大の原因は核開発問題だったが、北朝鮮側はほかにも「失敗」をやらかした。代表団を「喜び組パーティー」で接待し、不興を買ってしまったのだ。

 

ロッシ大使はそれでも、歓待に感謝する表情を見せていたが、韓国人の妻を持つというアジア局長の方は「自分は妓生(キーセン)パーティーは苦手だ」と言って、露骨に不快感を示したという。

 

引用:Yahoo!ニュース – やりすぎ「喜び組パーティー」で赤っ恥をかいた北朝鮮の外交団

 

北朝鮮は美女軍団「喜び組」を使って、普段以上に過激な衣装を着させてイタリアの代表団を接待したようです。

 

しかし、アジア局長が強い不快感を示してしまったため、イタリアとの関係にヒビを入れてしまったようです。

 

 

1992年、自民党の石破茂さんが金丸訪朝団メンバーと一緒に北朝鮮の美女軍団「喜び組」の接待を受けたことが暴露されましたが、真相は定かではありません。

 

元々、故・金正日総書記は「喜び組」の存在を海外に隠し続けていましたが、イタリア代表団を「喜び組」で接待したように、西欧圏の国との国交を喉から手が出るほど望んでいたようです。

 

金正恩労働党委員長も、欧米圏の文化にとても強い興味を持っていると言われています。

 

今後非核化問題で決着することがあれば、もしかしたら外資系企業が多く流入して、韓国の発展を追従をする国になっていくかもしれませんね。

 

 

しかし、一度失われてしまった国の倫理観を完全に正常にするのは容易なことではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北朝鮮の美女軍団「喜び組」についてのまとめ 

独裁国家・北朝鮮で注目を集めてきた美女軍団「喜び組」の結成の経緯や編成、過激な接待の真実について、総まとめしてきました。いかがでしたか?

 

・北朝鮮の美女軍団「喜び組」は正式名称は「木蘭組」で金正恩体制での名前は不明

・北朝鮮の美女軍団「喜び組」は外交での接待で大きな役割を果たしている

 

女性を使う懐柔策は下品で露骨すぎるため、北朝鮮のような国際法を無視した独裁国家くらいしか中々使えないと思われます。

 

しかし、そんな美女軍団「喜び組」による接待を期待している各国首脳陣もいるかもしれません。日本にはそのような低レベルな方がいないことを願うばかりです。

 

今後の北朝鮮外交や美女軍団の動向に注目ですね。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

金正日

金正日の死因は暗殺?遺体保存法・伝説的エピソード7選など総まとめ

北朝鮮韓国分裂

北朝鮮と韓国は統一できる?分裂前の歴史~38度線が国境の理由・現在の関係まとめ

曽我ひとみの現在!母・夫ジェンキンス・娘・孫など家族も紹介【北朝鮮拉致被害者】

金与正(金正恩の妹)のかわいい画像!美脚やスカート姿・身長や性格・若い頃も紹介

蓮池薫の現在!兄や嫁と子供など家族・スパイ疑惑も総まとめ【拉致被害者】

横田滋さん死去!学歴や職業・結婚した嫁や息子・ 娘めぐみさんの拉致被害事件とその後・自宅も紹介【拉致被害者の会元代表】

金正恩影武者

金正恩の影武者15人の顔画像を比較!現在の世界のそっくりさんも総まとめ

有本恵子の現在!父と母など家族・出身高校や大学・拉致の経緯や手紙も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

金正日

金正日の嫁と子供や家系図~息子・金正恩の日本人ハーフ説も総まとめ

パク・ヨンハ

パクヨンハの死因と自殺の真相!死亡の原因や葬儀について総まとめ

金与正(金正恩の妹)の結婚した夫や子供・薬疑惑と真相!プロフィールまとめ【北朝鮮ナンバー2】

安田純平の韓国人ウマルの真相~本名・国籍・パスポートも総まとめ

韓国女優チョンダビンの死因は本当に自殺?死去の経緯や謎~葬儀を総まとめ

中国女性の美女50選!女優・モデル・アイドル等の人気ランキング【2020最新版】

有本恵子の現在!父と母など家族・出身高校や大学・拉致の経緯や手紙も総まとめ

山本太郎

山本太郎は在日韓国人?本名や生い立ち~実家の家族・発言や行動を総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

<みゆりん>韓国での日本人女性暴行事件の犯人は?ツイッターや現在など総まとめ

【韓流】韓国ドラマの人気おすすめランキングTOP60【最新版・総合編】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す