横田めぐみの現在!父と母や弟・旦那や娘・拉致の経緯や真実・最新情報も総まとめ

はじめに

北朝鮮による拉致被害者の1人である横田めぐみさんは、拉致から42年が経った現在も帰国が叶わず、家族が奔走中です。

 

今回は横田めぐみさん拉致の経緯、家族(父・母・弟・旦那・娘)、拉致の真実、現在をまとめてみました。

横田めぐみさん拉致の経緯 【家族の動向も紹介】

出典:https://www.fnn.jp/i

 

横田めぐみさんは、1977年(昭和52年)11月15日、当時13歳という幼い年齢で北朝鮮に拉致され、未だに日本に帰国できていない女性です。

 

 

横田めぐみさんは、新潟県新潟市の新潟市立寄居中学校に入学後、バトミントン部に所属しており、そのバトミントン部の練習終了後の帰り道に突如失踪しました。

 

失踪現場と思われる場所は自宅から離れておらず、新潟警察は誘拐事件として捜査しましたが、何の手がかりも得られませんでした。

 

当時、近隣住民の多くが日本海の方から暴走族の爆音に似た音を聞いた、との情報が寄せられていたようです。

 

この点について、ジャーナリストの石高健次さんは、不審船から発せられた船舶用ディーゼルエンジンの音ではないかと推測しているようです。

 

 

その日、母親の早紀江さんは自宅でシチューを作って娘の帰りを待っていました。しかし、めぐみさんが帰ってこないので、心配し学校まで迎えに行ったそうです。

 

けれど、学校の体育館にも友人の家にもおらず、父親である滋さんと弟たちも探し回るも見当たりませんでした。

 

同日午後9時50分、横田夫妻は新潟県警に捜索願を出し、新潟県警は捜査を開始します。

 

11月22日に公開捜査に踏み切り、毎日新聞や新潟日報で報道されます。

 

このように、公開捜査をしたり、1年間の捜査員のべ3000人が動員されたものの、横田めぐみさんの手がかりはつかめませんでした。

 

「救う会」結成

出典:https://pbs.twimg.com/

 

警察はもちろん家族もめぐみさんの捜査活動をし、新聞や雑誌でめぐみさんと似ている女性を見かけると新聞社に問い合わせを行って女性がいる場所を訪ねたり、必死に探回ったそうです。

 

そんな中、「現代コリア」の10月号で石高健次さんが書いた拉致の記事が掲載されると、1997年(平成9年)「アエラ」や「経済新聞」などでも取り上げられました。

 

石高さんが書いた記事を、ジャーナリストの高世仁さんが元北朝鮮工作員の安明進さんに確認したところ、横田めぐみさんが北朝鮮による拉致にあった事実が判明したのです。

 

1997年1月21日、母親の早紀江さんの元に参議院議員橋本敦さんの秘書である兵本達吉さんを通じ、めぐみさんが拉致にあったことが伝わりました。

 

そして詳しい情報は、父親の滋さんが議員会館で聞いたそうです。

 

めぐみさんの拉致から、すでに19年もの歳月が経っていました。

 

「めぐみさんを救う会」が結成されると、全国で23箇所で「救う会」が結成されました。

 

「拉致被害者家族連絡会」結成

出典:http://wachauf.cocolog-nifty.com/

 

めぐみさんが拉致された情報を得た横田さん夫婦は、1997年3月14日、ソウルにいる元北朝鮮工作員・安明進さんと会見し、消息を聞きました。

 

その際、横田めぐみさんの過去の写真を数多く持って行き、その中で拉致される約1か月前の写真を見た安明進さんは、北朝鮮で見た女性と1番よく似ていると証言しました。

 

その写真は、日本国内で取られた最後のめぐみさんの写真でもあるそうです。

 

そして、韓国から帰国した3月25日、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」を結成しました。

 

 

横田めぐみさんの北朝鮮での生活とは

 

横田めぐみさんは、残念ながら未だに帰国しておらず、拉致された後に北朝鮮でどのように生活していたのかなどの確実な情報がありません。

 

しかし、同じ拉致被害者で帰国できた方たちの証言がいくつかあります。

 

 

出典:https://www.kanaloco.jp/

 

その方たちの話をまとめてみると、横田めぐみさんは

 

・1978年(昭和53年)8月18日~1980年頃まで、平壌市内で曽我ひとみさんと同居していた

・1986年(昭和61年)平壌へ転居

・1994年(平成6年)頃まで、地村夫妻・蓮池夫妻と同じ地区で暮らしていた

 

とされています。

 

横田めぐみさんの家族① 母親・横田早紀江さん

出典:https://www.zakzak.co.jp/

 

氏名:横田 早紀江

生年月日:1936年2月4日

出身地:京都府京都市

 

 

横田早紀江さんは、1963年(昭和38年)に横田滋さんと結婚しました。

 

翌年に第1子のめぐみさんが生まれ、そしてその後、めぐみさんに双子の弟が生まれます。

 

日本銀行の銀行員をされていた横田滋さんの転勤のため、1976年(昭和51年)7月23日に広島から新潟に家族で転居します。

 

1983年(昭和58年)東京へ転居しますが、転勤で前橋市へ。1993年(平成5年)、滋さんが退職すると川崎市に定住されました。

 

クリスチャンへ

出典:https://cdn.mainichi.jp/

 

早紀江さんがクリスチャンになったきっかけは、めぐみさんが行方不明で手がかりもなく悲しみの中にいた時に、友人から「ヨブ記」を勧められたことでした。

 

そのヨブ記に感銘を受けた早紀江さんは、聖書を読むようになったそうです。

 

さらに、マクダニエル宣教師宅で行われていた「聖書を読む会」に出席するようになると、五十嵐キリスト教会の礼拝にも出席し、キリスト教に入信しました。

 

1984年(昭和59年)、TEAMのマクダニエル宣教師より洗礼を受けた後は、日本福音キリスト教会連合の教会に所属されました。

 

夫がめぐみさんの拉致について議員会館に行っている間、早紀江さんは千葉のキリスト教会の集会に行き、「せめて娘がどこにいるのかだけでも教えてください」と祈っていたのだとか。

 

帰宅後に拉致の情報を聞いた早紀江さんは、初めて希望を見つけたそうです。

 

2000年5月、東京で毎月行われる「横田早紀江さんを囲む祈り会」がいのちのことば社のチャペルで開始され、チャペルは満員になりました。

 

2001年には、アムネスティ・インターナショナルの「インターナショナル・ジャスティス・ミッション」にゲストとして招かれました。

 

著書

出典:http://www.sukuukai.jp/

 

1999年 めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる

2003年 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会「家族」

2014年 愛は、あきらめない 他

 

横田めぐみさんの家族② 父親・横田滋さん

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

氏名:横田 滋

生年月日:1932年11月14日

出身地:徳島県徳島市

 

 

横田滋さんは、1951年に日本銀行札幌支店に入行し、1993年に定年退職されています。

 

「北朝鮮による拉致拉致被害者家族連絡会(家族会)」の代表として活動していましたが、約10年間続けてこられた家族会代表を、健康上の理由で辞任されました。

 

その健康上の理由とは、5万人に1人という「突発性血小板減少性紫斑症」にかかったことでした。

 

横田滋さんが「突発性血小板減少性紫斑症」になってしまった原因は、認知予防に脳検査を受けた際、血液がサラサラになる抗血栓剤を処方されたことのようです。

 

この抗血栓剤には5万人に1人が発生する副作用があり、その副作用が「突発性血小板減少性紫斑症」でした。

 

横田滋さんこの時のことを次のように明かしています。

 

 

「入院前日から尿も黒くなって、胃から出血していることがわかり、血漿交換ができる病院を探してもらったのですが、どこもベッドが空いていなくて、最終的に救急車で運ばれ入院しました」 

 

そして一時危篤状態に陥ったものの、一命をとりとめました。

 

 

また、悪性皮膚がんの「黒色腫(メラノーマ)」にかかっていたこともあった横田滋さん。

 

右足裏にホクロのようなものできて、だんだんと分厚くなっていっていたそうです。おかしいとは思いつつ、痛みや痒みなどの症状がなかったため、1年ぐらいほったらかしだったとか。

 

妻の早紀江さんがすごい剣幕で「とにかく皮膚科に行って!」と怒ったそうで、「おまえはうるさい!」と言いながらも皮膚科に行ったところ、すぐに紹介状を書かれ翌日緊急手術に。

 

医者からは、もう少し遅かったら命はなかった、と言われたそうです。

 

早紀江さんの言葉によって命が助かったようなもので、この時強く病院に行くことを勧めていなかったらと思うと怖いですね。

 

 

2017年、妻の早紀江さんに続き、横田滋さんも、日本福音キリスト教会連合中野島キリスト教会にて受洗し、クリスチャンになりました。

 

著作

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/

 

2005年 めぐみ(前編・後編)

2012年 めぐみへの遺言

 

横田めぐみさんの家族③ 弟2人

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す