金正男暗殺

金正男は生きている?暗殺や死因・実行犯2人の現在・影武者説を総まとめ

はじめに

金正日の長男で金正恩の異母兄にあたる金正男(キム・ジョンナム)は、2017年に暗殺され世界を騒然とさせました。

 

今回は金正男が暗殺された原因や死因、実行犯2人、そして実は影武者で生きているという噂をまとめました。

金正男(キム・ジョンナム)のプロフィール

 

独裁国家・北朝鮮の後継者候補だった金正男

 

キム・ジョンナム氏は、北朝鮮の前最高指導者である故・金正日(以下、キム・ジョンイル)総書記と女優出身の成恵琳(以下、ソン・ヘリム)氏との間に生まれた長男でした。

 

しかし、女優出身ということが次期最高指導者となる後継者の妻にはふさわしくないとして、初代最高指導者・金日成国家主席が結婚を反対したそうです。

 

そのため、キム・ジョンナム氏が5歳になるまで、母子ともども世間から隠蔽されていました。

 

そうした生い立ちからも、キム・ジョンナム氏は”グレて”しまい、後継者争いに興味を持たず北朝鮮を飛び出して世界を放浪するようになりました。

 

金正男についての詳しいプロフィールはこちら。

 

 

生年月日: 1971年5月10日
出生地: 朝鮮民主主義人民共和国 平壌
没年月日: 2017年2月13日(45歳没)
死没地: マレーシア セランゴール州セパン
出身校: 金日成総合大学
所属政党: Flag of the Workers’ Party of Korea.svg 朝鮮労働党
配偶者: シン・ジョンヒ/ミョンヒ (本妻)、李恵慶〈リ・ヘギョン〉(第2夫人)
子女: 金クムソル (息子) (母ジョンヒ)、金漢率 (息子) (1995年誕生、母恵慶)、金ジミー (息子) (1997年誕生)、金率熙〈ソリ/ソルヒ〉(娘) (1998年誕生、母恵慶)
親族: 金正日 (父親)、成恵琳 (母親)、金日成 (祖父)、金雪松 (妹)、金正哲 (弟)、金正恩 (弟)

 

引用:Wikipedia – 金正男

 

日本に非常に興味を持ち、偽造パスポートで6度ほど日本にも旅行に訪れていたキム・ジョンナム氏。

 

ディズニーランドが好きで気さくな性格から、ネット上では「いい人」だと人気を集めていました。

 

 

世襲後継を批判し、人民生活を心配して涙を流した「開明さ」。閉鎖国家の前最高指導者の長男の意外な一面と、カメラの前での人懐こいしゃべりによって、日本で出来上がった金正男氏のイメージは、遊び好きだが気さく、愛嬌があって、知的な「常識人」というものだった。「俺たちの正男」などとアイコン化して語る人まで現れた。

 

引用:Yahoo!ニュース – 「金正男氏は気さくないい人」キャラはメディアが作った虚像  国内では放蕩に反発、チンピラとの悪評も

 

キム・ジョンナム氏がいくら後継者争いに興味がなく、北京やマカオを拠点に貿易業で生計を立てていたといいます。

 

しかし、異母弟・金正恩(以下、キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にとっては、ずっと目の上のたんこぶの存在で、暗殺計画は常に存在し未遂に終わったこともあったと言われています。

 

2017年2月13日、ついにその暗殺計画が実を結び、キム・ジョンナム氏はマレーシアのクアラルンプール国際空港構内で、雇われた素人の女性2人によりVXガスで殺害されました。

 

 

 

金正男(キム・ジョンナム)が暗殺された原因とは

 

金正恩は金正男の放蕩ぶりを危惧していた

 

WEBメディアの「現代ビジネス」が、中国経由で朝鮮労働党幹部に質問を投げることに成功しました。

 

その回答からは、キム・ジョンウン氏は長年海外で放蕩を続けるキム・ジョンナム氏が邪魔な存在だと感じていたようです。

 

 

想像するに、長年にわたって邪魔で仕方ない存在だったろう。

 

正男は、’01年に日本で、みっともない形で拘束された時、将軍様(故・金正日総書記)の逆鱗に触れた。

 

その時、父親から出国禁止を言い渡されたが、正男はしばらくすると、その命令を無視して、再び海外生活を始めた。それで将軍様に、『二度と平壌に戻って来るな』と厳命されたのだ。

 

だから将軍様が、’11年12月に逝去された時も、正男は祖国に戻っていない。いまの元帥様も父親と同様の方針を貫いており、正男の帰国を許さなかった。

 

元帥様は、正男の海外での放蕩ぶりと、天衣無縫な発言を案じておられた。それでも張成沢(金正恩の叔父の党行政部長)と金敬姫(金正日総書記妹の軽工業部長)夫妻がパトロンとなって、正男に送金を続けていた。

 

引用:現代ビジネス – 北朝鮮高官が初証言!金正男暗殺「実行役の4人はすでに消された」

 

朝鮮労働党幹部によれば、ジョンウン氏はアメリカがジョンナム氏を立てて亡命政府を樹立し、自らを引きずり下ろそうと企てる可能性を考え、後継者排除に乗り出したと見ているようです。

 

実際にキム・ジョンナム氏が暗殺された後に、公式の発表の中に「後継者問題は終結した」という旨の声明を出しています。

 

このとからも、キム・ジョンウン氏が後継者狩りに乗り出した結果として、キム・ジョンナム氏が暗殺されたのは間違いないようです。

 

そのため、キム・ジョンナム氏が溺愛していた息子の金漢率(以下、キム・ハンソル)氏も今後危ないと言われています。

 

 

金正男(キム・ジョンナム)の暗殺手段と死因とは 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

  1. とはいえ妹の送金がないと放蕩もできないのだから妹だけはそれが影武者だったかどうかは知ってるんだろうな。

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す