金正男の嫁と息子や娘など家族情報!家系図や現在も総まとめ

はじめに

北朝鮮の最高指導者を務めている金正恩氏の異母兄で2017年2月にマレーシアで暗殺された金正男氏ですが、現在嫁や息子など家族の動向も話題です。

 

今回は金正男氏のプロフィールや家系図、嫁や息子や娘などの現在をまとめました。

金正男のプロフィール

 

 

名前:金正男

生年月日:1971年5月10日

出身地:北朝鮮 平壌

概要:北朝鮮の2代最高指導者・金正日氏の長男。2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された。

 

 

金正男氏は北朝鮮の2代最高指導者・金正日氏の長男です。現在、最高指導者を務める金正恩氏の異母兄でもあります。

 

金正男氏の生年月日は1971年5月10日です。金正日氏を父、成蕙琳氏を母に持ち、北朝鮮の平壌で生まれました。

 

当初は父親の金正日氏によって、金正男氏の出生は隠されていたと言われています。

 

なぜなら、祖父である金日成氏が結婚に反対していたからです。そのため、情報が漏れないように努めていましたが、後に正男氏の存在を認めることに。

 

以降は、政治活動に専念する金正日氏に代わってかわいがっていたと言われています。例えば、毎年の誕生日には日本円で1億円にも及ぶプレゼントが渡されていたようです。

 

 

金正男氏は、1980年代後半にスイスのジュネーブ大学に入学したと予想されています。大学生活でコンピューターに触れ、興味を持つようになったそうです。

 

1995年以降は北朝鮮の改革開放を目指すことに。中国の上海の経済発展ぶりに驚き、北朝鮮の改革を志すようになったようです。

 

金正男氏はさまざま国の言語を話せたと言われています。例えば、母国語の朝鮮語や英語、フランス語。それに加えて、ロシア語や中国語も話すことが出来るようです。

 

1988年には朝鮮コンピューターセンターを設立し、IT政策の最高責任者に。コンピュータ委員会委員長に就任し、注目を集めました。

 

 

2011年12月17日に父である金正日氏が死去した際には本国に帰国。当時はマカオに滞在していたということもあって、テレビの報道で初めて訃報を知ったそうです。

 

北朝鮮に帰国後は父の霊前と対面し、家族らと共に別れを告げたと言われています。

 

その後、金正男氏は2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺されました。出国手続きのため自動チェックイン機を操作中、女性2人に襲われたと報道されています。

 

 

金正男の家系図を紹介

 

 

金正男氏は北朝鮮の元政治家です。

 

祖父は北朝鮮の初代最高指導者である金日成氏です。1948年から1972年まで北朝鮮の総理を務め、1972年以降は国家主席の地位に就いています。1994年7月に死去しました。

 

父は第2代最高指導者の金正日氏です。北朝鮮のトップとして最高指導者の地位に就いていましたが、2011年12月17日に死去。

 

生前は朝鮮労働党中央委員会総書記や朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官などを歴任、死後には朝鮮民主主義人民共和国大元帥の称号が贈られました。

 

 

母は元映画女優の成蕙琳氏です。平壌映画大学を卒業後、結婚し、娘が誕生。その後、第2代最高指導者の金正日氏に出会い、息子の金正男氏をもうけています。

 

1974年以降は北朝鮮を離れ、モスクワで過ごすことに。夫の金正日氏が別の妻を作ったことが影響して、精神疾患になったことが原因と言われています。

 

そして、2002年5月にはモスクワで死亡したと報道されています。

 

 

次男の金正哲氏が異母弟です。生年月日は1981年9月25日で、現在の年齢は37歳。父の金正日氏と母の高英姫氏の間に生まれました。

 

1996年頃にはスイスのインターナショナルスクールに留学していたとのこと。一方で、卒業前に突然、北朝鮮に帰国したとされています。

 

 

三男の金正恩氏は現在、北朝鮮の最高指導者を務めています。次男の金正哲氏と同じく、金正男とは異母弟です。

 

父である金正日氏の死去後、金正日中央追悼大会で権力継承が正式に発表されました。また、生年月日は発表されておらず不明ですが、いくつかの説が予想されています。

 

 

金与正氏は第2代最高指導者である金正日氏の第四子です。長男の金正男氏とは異母妹の関係にあります。

 

1996年から2001年までの期間はスイスの国際学校で、英語やフランス語など、さまざま国の言語を学んでいたようです。

 

父である金正日氏の葬式の場で正式に姿が公開され、多方面で話題になりました。現在は身内として最高指導者である金正恩氏のサポートをしているようです。

 

 

金正男の嫁とは

 

 

金正男氏には2人の妻がいたと予想されています。それに加えて、少なくても1人の愛人がいたようです。

 

1人目の妻の名前はシン・ジョンヒ。生年月日は1980年とされています。本妻と言われており、現在は中国の国家安全保障省に保護される身で、北京北部郊外に住んでいるとされています。

 

第2夫人にあたるのが李恵慶(リ・ヘギョン〉さんです。彼女は現在、マカオに住んでいるそう。一部では「マカオの12階建ての高級マンションに住んでいる」とも噂されています。

 

第2夫人の李恵慶さんと同じく、金正男氏の愛人だった女性もマカオに住んでいるようです。この女性は、過去にフライトアテンダントを務めていたこともあると噂されています。

 

現在、判明している女性関係は以上ですが、金正男氏は女性関係が派手だったとも噂されており、「まだまだ愛人がいるのではないか?」との声もあります。

 

 

金正男の息子や娘とは

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す