笑福亭小松

笑福亭小松は在日韓国人!本名や3度の覚せい剤事件~現在を総まとめ

はじめに

がんに侵されながらも全国で「がん克服落語会」のチャリティー高座を開催して回った落語家の笑福亭小松さんですが、実は在日韓国人でした。

 

今回は笑福亭小松さんの在日韓国人としての出生や本名、覚せい剤事件~現在をまとめました。

笑福亭小松のプロフィール 【在日韓国人としての出生や本名も紹介】

 

3度の覚せい剤逮捕で刑務所に収監された笑福亭小松

 

 

笑福亭小松さんは、兄弟弟子の笑福亭鶴瓶さんとともに落語に励み、1997年から患っていた胃がんと闘病しながら、全国で「がん克服落語会」のチャリティー高座を開催していました。

 

しかし、度重なる覚せい剤使用による逮捕で、2006年に所属事務所の松竹芸能を破門、2009年に執行猶予中の覚せい剤逮捕で懲役1年6月の実刑を受けていました。

 

その後、2014年8月2日に急性心筋梗塞により57歳の若さでこの世を去り、葬儀は親族だけで厳かに執り行われました。喪主は長男の勝(まさる)さんが務めました。

 

笑福亭小松さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

 

本名: 夏 東雁(하동안 / ハ トンアン)
別名: 夏川鴈二郎
生年月日: 1957年2月22日
没年月日: 2014年8月2日(57歳没)
出身地: 滋賀県草津市
師匠: 6代目笑福亭松鶴

名跡
1. 笑福亭小松(1972年 – 1977年)
2. 笑福亭枝雁(1982年 – 1984年)
3. 笑福亭枝鴈(1984年 – 1986年)
4. 笑福亭小松(1986年 – 2006年)
活動期間: 1972年 – 1977年、1982年 – 2006年
活動内容: 上方落語
所属: 松竹芸能(1972年 – 2006年)

 

引用:Wikipedia – 笑福亭小松

 

笑福亭小松さんの出身地である滋賀県草津市には、「木川新田(きのかわしんでん)」と呼ばれる部落地域があり、土建関係の日雇い労働者で溢れる大きなスラム街でした。

 

韓国国籍である笑福亭小松さんは在日韓国人2世だと思われますが、中卒という学歴からもこうした部落地域の出身だと思われます。

 

 

本名は「夏 東雁(하동안 / ハ トンアン)」で、「夏川 鴈二郎(なつかわ がんじろう)」の通名を使用していたようです。

 

 

笑福亭小松が在日韓国人であることに批判の声も

 

関西漫才は在日だらけですが、落語にもいました!

笑福亭小松 – 本名:夏 東雁(ハ・トンアン)。落語家。在日韓国人

朝鮮人の落語、聞く気がしますか?
いい加減にしろと言いたい

 

引用:Yahoo!知恵袋 – 関西漫才は在日だらけですが、落語にもいまし

 

笑福亭小松さんの人生は借金と覚せい剤にまみれ、長きに渡るがん闘病に苦しんだ波乱万丈なものだったようです。

 

 

 

笑福亭小松の覚せい剤事件~現在まで

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す