チェ・ジウ

チェジウが腹上死でMBC社長を死亡させた?真相を調査

はじめに

2002年のドラマ『冬のソナタ』でチョン・ユジン役を演じ、日本の第一次韓流ブームの火付け役となったチェ・ジウさん。

 

チェ・ジウさんにはMBCの社長を腹上死で死亡させたという黒い噂がありますが真相について総まとめしましたのでご紹介します。

HARYUの人気記事

女優・チェ・ジウがMBC社長を腹上死で死亡させた?

女優・チェ・ジウについてのプロフィール

「泣きの女王」と呼ばれる演技派女優、チェ・ジウ

チェ・ジウさんが日本に与えた影響は非常に大きいですが、2002年に出演したドラマ『冬のソナタ』で俳優のペ・ヨンジュンさんと共に社会現象を巻き起こし、「日本人が好む韓国人美女」の代表格として日本の男性に注目されました。

また、2004年の新潟県中越地震では1万ドル(約1,000万円)の義援金を被災地に送り、2011年の東日本大震災では2億ウォン(約2,000万円)の義援金を送るなど親日家でも知られています。

 

チェ・ジウさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: チェ・ミヒャン(최지우)
ローマ字: Choe Mi-hyang
身長: 174cm
体重: 50kg
血液型: A型
出身地: 大韓民国釜山直轄市(現・釜山広域市)
生年月日: 1975年6月11日
出生地: 大韓民国京畿道坡州郡(現・坡州市)
職業: 俳優
ジャンル: 映画、テレビドラマ
活動期間: 1994年 –

 

引用:Wikipedia – チェ・ジウ

 

 

女優・チェ・ジウがMBC社長を腹上死で死亡させた?

チェ・ジウは枕営業をしていた?

韓国で数々の栄誉ある賞を受賞した演技派女優で、日本で第一次韓流ブームの火付け役となったチェ・ジウさんに以外にも枕営業の噂があり、その中でMBC(文化放送)の社長との行為中に腹上死で死亡させたという噂が浮上していました。

 

まず、腹上死という言葉は普段見慣れないため説明しているサイトから以下に抜粋致します。

 

腹上死(ふくじょうし)とは性交中に突然死することを指して言う言葉である。ただし腹上死というとやや俗な意味が強く、医学的には性交死(せいこうし)と表現される。

 

腹上死の元の意味は男性が性交中に女性の腹の上、すなわち正常位の体勢で死に至る事を形容して使われた言葉でその原型とみなされるものには『洗冤集録』中に意訳すると「男子が過度に励んだ結果として婦女の上で消耗し死ぬこと」という趣旨の記述が見出せる。他の体位、死者が女性でも用いることがあり性交死と同じように用いられる。

 

引用:Wikipedia – 腹上死

 

チェ・ジウさんはまだブレークする前に売れるために枕営業をしていたという噂があり、その中にMBCの社長がいたと言われています。

 

韓国では知られた情報のようですが、チェ・ジウさんがMBC社長との行為中に腹上死で死亡させてしまい、韓国での活動も危ぶまれたため日本での活動に移ることも検討したという話も実しやかに囁かれていたようです。

 

韓国国内では、チェジウは、「性格が悪い」「大役を取るためなら、監督・プロデューサー・大企業幹部・政治家のセックスの相手を、いくらでもする」というので、評判が悪いです。

とくに、「何年か前に、大企業の幹部とセックスをしていて、腹上死された」ので、たいへん評判が悪いです。

 

引用:Yahoo!知恵袋 – チェ・ジウは韓国男性には人気ない??

 

しかし、これはあくまで噂であり事実だと確定したわけではないためチェ・ジウさんが枕営業をしていたという情報を含めてデマの可能性もあります。

 

 

女優・チェ・ジウが腹上死で死亡させたという噂が出た理由

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

今見ているまとめに近い記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す