韓国旅行の格安時期!費用や予算・ツアーを選び方7つのポイントまとめ【最新版】

疲れが溜まっていませんか?そんなときには韓国旅行がおすすめです。2時間弱で行ける韓国。おいしい食事やショッピングでリフレッシュしましょう。

 

「でも、高いんじゃないの?」ご安心ください。ベストシーズンを狙えば、格安料金で旅行できます。

 

この記事では韓国旅行の格安時期、費用や予算、ツアーについてまとめました。

韓国旅行が格安な時期とは

 

 

どうせ旅行をするのなら、費用は抑えたいですよね。

 

格安時期と高い時期、どれくらいの差がでるのか比較しました。

 

格安の時期

 

韓国旅行が安い時期は1月~2月です。格安の理由は旅行客が少なくなるため。韓国の冬は寒く、氷点下を記録することも少なくありません。

 

この時期なら2万円ほどで2泊3日の韓国旅行ができます。

 

高い時期

 

旅行客が増える時期に料金が高くなる傾向にあります。例えば、ゴールデンウィークや年末年始など、休日が続く時期は基本的に高いです。

 

この時期に韓国旅行をする場合。2泊3日のプランだと10万円ほどになってしまいます。

 

こんなにも差がでてしまうものなのですね。費用を安く抑えたいなら、ハイシーズンは避けることをおすすめします。

 

日曜日から水曜日がお得

 

出発日は月曜日から水曜日がお得です。これは平日は旅行客が少なく、航空券もホテルも安くなるためです。同じ平日でも木曜日と金曜日は料金が高くなるので、ご注意ください。木曜、金曜の週末は旅行客が増え、割高になってしまうようです。

 

出発日が月曜と金曜の場合で比較してみましょう。料金の差は15000円ほど。この差はけっこう大きいですよね。月曜日から水曜日お休みが取れるのであれば、そうされることをおすすめします。

 

意外な時期に安くなることも!

格安時期は1月〜2月と説明しましたが、実は意外な時期に安くすることがあります。それは旅行会社の決算月です。つまり、3月と9月にコストダウンする可能性があります。

 

例えば、デパートのショップでは決算月にセールを行いますよね。同じように旅行会社も割安にすることがあるのです。

 

1月〜2月に加えて3月と9月も狙い目です。旅行会社のプランをチェックしてみてください。

 

 

韓国旅行の費用や予算

 

 

ビビンバやプルコギ、冷麺など、おいしいものがいっぱいの韓国。旅行に掛かる予算はどれくらいなのでしょうか。

 

韓国旅行の費用や予算について調べてみました。参考にしてみてください。

 

 

航空券

 

 

航空券はLCC系なら2万円ほど。日本の航空会社を利用する場合は3万円〜4万円ほどで利用できます。

 

LCCはキャンペーンやセールを利用すれば、さらに料金が安くなります。片道料金が5000円以下になることも。

 

ただし、預かり荷物が有料であることが多いです。そのほか、機内食も基本的に有料です。そして、払い戻しも基本的に受け付けていません。ただ、料金の安さは、ほかにはないメリットです。

 

日本の航空会社はLCCよりも割高になってしまいますが、質の高いサービスを受けられます。日本語に話せる安心感や日本語の映画の多さ。マイルが貯めやすいというメリットもあります。ただ、LCCに比べて1万円〜2万円程度高くなってしまうのが、痛いかもしれません。

 

どの航空会社にもメリット及びデメリットがあります。よく熟考してから選ばれることをおすすめします。

 

 

宿泊費

 

シングルの部屋の相場は9000円ほどです。ただ、立地の良さやアクセスの良さで宿泊費は異なります。

 

時期によっても料金は異なります。5月〜7月前半までの期間が安い傾向にあるようです。

 

 

食費

 

韓国は日本に比べて食費が安いです。例えば、焼き肉の場合。お腹いっぱいまで食べても2000円ほどしか掛かりません。屋台などを利用すれば、もっと節約することができます。

 

おいしくて料金も安いなんて…。韓国が羨ましいです。

 

 

お土産

 

韓国のお土産は基本的に安いです。日本で大人気のフェイスパックは100円ほど。同じように韓国のりも100円程度で買えます。

 

お土産は空港内のお土産屋さんや街のショップ。スーパーやコンビニなどでも買うことができます。

 

生活雑貨やアクセサリーを低価格で購入したいなら「ARTBOX」がおすすめです。こちらは韓国の女性を中心に大人気のショップ。店内には豊富な種類のアイテムがずらり。人気エリア(ソウルや釜山)を中心に店舗を多数出店しまいます。

 

「安いお土産を買いたい」「〇〇を忘れてしまった…」そんなときは、お気軽に立ち寄ってみてください。

 

 

観光スポット

出典:http://syokuba-ryoko.com/

 

せっかく韓国旅行。観光を満喫したいですよね。人気のスポット、ロッテワールドタワーなら4000円ほど。ソウルタワーであれば、1000円程度で入場できます。

 

入場料は安いとはいえません。とはいえ、料金に見合うだけの価値はあります。

 

 

交通費

 

韓国は日本に比べて交通費が安いです。特にタクシーが割安なので、おすすめです。

 

人気スポットが集中するエリアは道路が混雑する傾向があります。特に土日は渋滞率が高いです。渋滞を避けたいのであれば、地下鉄を利用するようにしましょう。

 

バスは100円弱。地下鉄が150円ほど。タクシーは160〜190円程度で利用することができます。

 

 

海外旅行保険

 

海外旅行は何が起きるか分かりませんので、海外旅行保険に加入されることをおすすめします。2泊3日の韓国旅行の場合、1500〜1700円ほどで加入が可能です。もちろん、プランやサービスの内容によって、料金は変動します。

 

一部のクレジットカードには海外旅行保険が付加されています。ただ、通常のタイプと比べて、補償範囲が狭いことが多いです。「何かあったときが心配…」という場合は保険に加入しておいた方が良いかもしれません。

 

当日に保険に入ることもできます。海外旅行保険の窓口が空港にありますので、手続きをすれば加入できます。

 

海外旅行保険の加入方法は3つです。簡単にご紹介します。

 

1つ目はお店で加入する方法です。保険会社や旅行会社の窓口を利用して手続きを行います。料金は1800〜5500円ほど。保険会社であればAIU損害保険や損保ジャパン日本興亜。旅行会社ならJTBやHISの窓口で加入することができます。

 

2つ目はインターネットを利用して加入する方法です。パソコンやスマートフォンがあれば、どこでも加入できるのがメリット。わざわざお店まで足を運ぶ必要がありません。ただ、質の高いプランに加入できない、というデメリットがあります。

 

料金は1200〜3000円ほど。窓口よりも料金を節約することができます。料金を重視するのであれば、インターネットでの加入がおすすめです。

 

3つ目は海外旅行保険が付加されているクレジットカードを利用する方法です。最初から保険が付いているので、改めて加入する必要がありません。ただ、通常の保険に比べて補償範囲が狭い傾向にあります。

 

保険が付加されていますので、料金は0円です。間違いなくこの方法が1番安いです。

 

予算や費用まとめ

2泊3日の韓国旅行の場合、50000円ほどの予算が必要になるかと思われます。旅行時期や期間で料金は大きく変動します。安い時期を選べば節約できますし、高い時期なら出費が増えます。

 

食事代やお土産代を節約し、意識して安いホテルを選ぶ。航空会社のセールを利用すれば、さらに予算を減らすことができます。

 

 

損をしない!韓国ツアーの選び方7つのポイント

 

 

お得なツアーを上手に選ぶにはポイントを把握しておくことが重要です。料金だけで選ぶと不便に感じるケースは少なくありません。

 

快適で経済的な韓国ツアーのポイントをご紹介します。

 

①スライトスケジュールを確認する

安いパックツアーは出発時間や航空会社を予め知ることができません。それに加えて、出発は遅く。帰りは早い、ということが多いです。こうなると予定を組むことが難しいですよね。

 

快適性を重視するのであれば、料金が高くなっても、予め出発時間や航空会社が指定されているプランがおすすめです。

 

②予定を重視するなら送迎の確認が必須

予定を組むうえで最も重要になる要素のひとつが送迎です。基本的に専用車及び混載車となります。例えば、ツアーを利用する場合は混載車がほとんどです。

 

混載車は複数のホテルを経由するので、時間のロスが多いです。せっかくの韓国旅行。いろいろなスポットを周りたいですよね。

 

予定を重視するのであれば、送迎の種類を予め確認しておきましょう。

 

③送迎ルートも重要

パックツアーには送迎のとき、お土産店に立ち寄るプランもあります。何か買うものがある場合は良いですが、買う予定がない方は無駄な時間を過ごすことになります。ちなみにお土産店での立ち寄り時間は40分〜50分ほどです。

 

時間のロスを防ぎたいなら、送迎ルートを確認しておくことも大切です。

 

④料金で選ぶならLCC

料金を重視するならLCCの飛行機がおすすめです。ローコストキャリアの略称をLCCと呼びます。ピーチ・アビエーションやバニラ・エア、ジェットスター・ジャパンなどが該当。格安料金で利用できますが、デメリットも多いです。

 

例えば、機内食や毛布などは基本的に有料です。遅れることが多く、対応もほかの航空会社に比べて劣ります。また、座席が狭いので、人によっては不快に感じるかもしれません。

 

基本的にフルサービスキャリアと呼ばれる航空会社に比べてサービスの質は劣ります。ただ、料金の安さはほかにはない魅力です。キャンペーンやセールを利用すれば、さらに節約することも可能です。

 

⑤サービスで選ぶならフルキャリアサービス

サービスを重視するならフルキャリアサービスがおすすめです。日本航空(JAL) や全日本空輸(ANA) などが該当。質の高いサービスが全世界で評価されています。

 

料金はLCCに比べて高くなる傾向にあります。時期や航空会社によっては2万円以上高くなることも。

 

とはいえ、質の高い機内サービスを受けられるのは大きな魅力です。手荷物は基本的に無料。ランクが低いエコノミークラスでも快適に過ごすことができます。また、急に行けなくなった場合でも予定変更が可能です。

 

⑥快適に過ごしたいなら3つ星以上のホテルがおすすめ

ホテルの選択は重要な要素のひとつです。安いツアーの大半が直前までホテルが分かりません。プランには「エコノミークラス」と記載されているだけです。ときには中心地から車で40分以上掛かってしまうことも。

 

韓国のエコノミーホテルは基本的に2つ星。2つ星には質が低いホテルが多く、快適に過ごせないかもしれません。過ごしやすさを重視するなら3つ星以上のホテルを選ぶ必要があります。

 

⑦ショッピング重視なら明洞周辺、料金重視であれば東大門周辺や鍾路エリア

ショッピングや観光が目的なら明洞周辺がおすすめです。日本で例えるなら新宿や渋谷に該当するのが明洞。ただ、人気スポットであるので、ホテル代や食事代も高めの傾向にあります。

 

一方、東大門周辺や鍾路エリアであれば、料金を節約することが可能です。東大門は明洞の東側、鐘路は北側に位置しています。

 

例えば、東大門なら洋服や靴、カバン、レザーなどがリーズナブルな価格で販売されています。日本では、なかなか手に入らないレアなアイテムも。東大門周辺に宿泊するときは、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

 

韓国旅行の格安時期、費用や予算、ツアーについてご紹介しました。

 

韓国旅行は時期やプランによって料金が大きく変動します。ただ、格安のプランには直前まで予定が分からないなど、デメリットが付きもの。何を重視したいのか、よく熟考してから選ばれることをおすすめします。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

韓国旅行の危険や注意点12個!ランキング形式で紹介【決定版】

韓国旅行アプリおすすめランキング5選!多機能&簡単な使い方で旅行も安心

韓国旅行のホテルおすすめランキング20選!立地や観光地へのアクセス&設備も紹介

韓国旅行ブログおすすめ25選!グルメやコスメ&お得情報など最新韓国情報満載

韓国旅行の持ち物リスト38選!必需品やおすすめアイテムまとめ【最新版】

韓国旅行おすすめスポット買い物&グルメランキング20選!有名&穴場情報満載

韓国のお土産おすすめ人気ランキング50選!ジャンル別に紹介【最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

Highlight(元BEAST)のメンバー人気順TOP5【最新版】名前やプロフィール付きで紹介

【K-POP】韓国男性アイドルの髪型!人気ランキングTOP30【イケメン】

スタイルいいRed VelvetメンバーTOP5!身長と体重付きで紹介【画像付き】

EXOのメンバー人気順TOP9【最新版】プロフィールと脱退メンバーも総まとめ

ピアスが似合う韓国アイドル/女優など芸能人15選!場所やブランドも紹介【画像付き】

【韓流】韓国女優の人気ランキングTOP30を大公開【歴代版】

【韓国】K-POP女性アイドルの化粧&メイクの特徴20選【画像付き】

【K-POP】韓国女性アイドルの髪型!おしゃれランキングTOP30【画像付き】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

韓国コスメ|人気の化粧品おすすめランキングTOP20【ジャンル別・最新版】

オルチャン部屋の作り方4つのポイント!DIYアレンジ5選も紹介【動画付き】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す