つかこうへいは韓国人!嫁と娘の愛原実花など家族・死因や葬儀も総まとめ

はじめに

つかこうへいと言えば数々の名作を生みだした劇作家として知られていますが、生前は在日韓国人であることを公表しています。

 

今回はつかこうへいの生い立ちと韓国との関係、実家と家族、結婚歴と嫁や子供(娘)、死去と死因についてお届けします。

つかこうへいのプロフィール

出典:https://webronza.asahi.com/

 

名前:つか こうへい
生年月日:1948年4月24日
出身地:福岡県嘉穂郡嘉穂町(現:嘉麻市)
血液型:A型

 

つかこうへいは、「熱海殺人事件」などで知られる劇作家、演出家、小説家です。

 

慶應義塾大学在学中に劇団「暫」に参加して演劇に携わり始め、1973年に「熱海殺人事件」が評価されて、当時最年少の25歳で「岸田國士戯曲賞」を受賞。

 

1974年に劇団「つかこうへい事務所」を設立し、東京・紀伊国屋ホールを拠点に「初級革命講座飛龍伝」「ストリッパー物語」「いつも心に太陽を」など数々の舞台を成功に導きました。

 

1982年には映画「蒲田行進曲」が大ヒットし、戦後生まれ初となる直木賞を受賞。日本アカデミー賞最優秀脚本賞も受賞しています。

 

また、これまでの活躍が称えられ、2007年には紫綬褒章を受章、2010年には旭日小綬章を受章しました。

 

劇作家として日本の演劇界を牽引してきたつかこうへいについて、ここでは韓国人である彼の生い立ち、実家や家族についてまとめました。


結婚した嫁と子供、女優として活動する娘の情報、死去と死因についてもあわせてお届けします。

 

つかこうへいは韓国人

出典:https://www.tokyo-np.co.jp/

 

つかこうへいは、光文社発刊のエッセイ『娘に語る祖国』の中で、自身が在日韓国人2世であることを明かしました。

 

国籍は韓国で、本名は「김봉웅(キム・ボンウン)」といいます。


また、「つかこうへい」という名前はペンネームで、日本で生活する上で使用している日本名は「金原 峰雄(かねはら みねお)」です。

 

在日韓国人のため生まれ育ちは日本であり、つかこうへいが始めて祖国・韓国の地を踏んだのは劇作家として成功を収めた後の1987年4月でした。

 

 

韓国で「熱海殺人事件」を上演

出典:https://webronza.asahi.com/

 

つかこうへいは1987年に生まれて初めて祖国である韓国の地を踏み、同年11月に韓国・ソウルで韓国人役者による舞台「熱海殺人事件」を上演しました。

 

「熱海殺人事件」は韓国でも大成功を収め、その後「蒲田行進曲」も韓国で上演されて映画版も大ヒットするなど、韓国演劇界にも多大な影響を及ぼしてします。

 

 

つかこうへいの生い立ち

出典:https://www.cinematoday.jp/

 

ここからは、つかこうへいの生い立ちを見ていきましょう。

 

つかこうへいの生い立ち:在日韓国人2世として誕生

つかこうへいは、福岡県嘉穂郡嘉穂町(現:嘉麻市)に在日韓国人2世として生まれました。

 

嘉穂町立大隈小学校、嘉穂町立大隈中学校を経て、福岡県立山田高校に進学し、高校時代は新聞部の部長を務めていました。

 

高校時代から執筆活動を行い、社会の流行や通俗的な考えを批判するコラム「反逆児」を執筆していました。

 

つかこうへいの生い立ち:大学在学中に演劇の世界へ

高校卒業後、浪人生活を経て慶應義塾大学文学部哲学科に進学したつかこうへい。

 

大学時代から「つかこうへい」のペンネームを使用し、詩人から物書き人生をスタートさせました。

 

大学時代には予備校で講師のアルバイトを行い、この時に生徒からの依頼で芝居の戯曲を書いたことが演劇の世界に入るきっかけに。

 

学生劇団「仮面舞台」や、早稲田大学の劇団「暫」に参加して劇作家や演出家の活動を開始し、1970年代に入って「熱海殺人事件」をきっかけにつかこうへいブームを巻き起こしました。

 

 

つかこうへいの実家と家族

出典:https://bunshun.jp/

 

つかこうへいの実家、家族についても見ていきましょう。

 

つかこうへいの出身地は福岡県嘉穂郡嘉穂町で、実家は牛隅筑豊という田舎町にありました。

 

家族構成は父親・母親・兄・姉・本人・弟の6人家族で、三男一女の4人兄弟の次男として育ちました。

 

 

つかこうへいの父親は朝鮮からの移民

つかこうへいの父親は朝鮮からの移民であり、職業はホテルや鉄鋼などに携わる仕事をしていたといいます。

 

父親は仕事が成功していたようで、つかこうへいは幼少期から比較的裕福な家庭で育ちました。

 

大学在学中に演劇の世界に入ったつかこうへいですが、1972年に父親が病気を患ったことで福岡県の実家に戻り、劇団「仮面舞台」は解散を迎えたようです。

 

 

父親以外の家族の情報はほとんどなし

つかこうへいの家族については、父親以外はよくわかっていません。

 

母親がどんな人物だったのか、兄弟たちとどんな暮らしをしてきたのかは、現在までにほとんど語られていませんでした。

 

 

つかこうへいの結婚歴① 最初の嫁は女優の熊谷真実

出典:https://webronza.asahi.com/

 

ここからは、つかこうへいの結婚や嫁について見ていきましょう。

 

つかこうへいは、これまでに2度の結婚を経験しています。

 

1度目の結婚は1980年で、舞台「サロメ」に出演した熊谷真実と結婚しましたが、多忙による夫婦生活のすれ違いが原因で1982年に離婚しました。

 

結婚生活は、わずか1年10ヶ月というスピード離婚でした。

 

 

つかこうへいの結婚歴② 再婚相手は劇団女優の生駒直子

出典:https://pixabay.com/

 

2度目の結婚は1983年で、お相手はつかこうへい劇団に所属する14歳年下の女優・生駒直子です。

 

つかこうへいは在日韓国人2世のため国籍は韓国で、結婚をしても帰化することはなく、家族の将来を考えて夫婦別姓での結婚となりました。

 

 

つかこうへいと現在の嫁・生駒直子との馴れ初め

出典:https://blog.fc2.com/

 

つかこうへいと現在の嫁・生駒直子の馴れ初めについては、つかこうへいをよく知る演出家・脚本家の長谷川康夫が明かしています。

 

つかこうへいと嫁の出会いは、つかこうへい劇団が1980年春に開催した新人オーディションがきっかけでした。

 

つかこうへいの嫁・生駒直子は、祖父が松竹の映画監督・生駒千里という家柄で、中学生の時に祖父に連れられて紀伊國屋ホールで上演された「熱海殺人事件」を観劇しました。

 

初めて触れたつかこうへい舞台に感銘を受けた生駒直子は、自身もその舞台に立ちたいと強く思うようになり、劇団のオーディションを受けることを決心します。

 

1980年春に行われたつかこうへい劇団の新人オーディションには、人気絶頂の時期ということもあり全国から何千人もの応募が殺到しました。

 

その締切最終日、郵送では間に合わないからと自ら履歴書を持って渋谷の事務所を訪れたのが生駒直子です。

 

当時女子高生だった生駒直子は学校帰りに制服姿だったそうで、事務所のドアの外でつかこうへいの秘書に履歴書を手渡しました。

 

その秘書が事務所に戻るなり開口一番「すごく可愛い子でした!」と発言し、それを聞いたつかこうへいが「呼んで来い」と指示。

 

つかこうへいの目の前に立たされた生駒直子は緊張で喋ることができず、つかこうへいから「俺の舞台はよく見るのか?」と聞かれても「はい…」と答えるのが精一杯だったといいます。

 

自宅や学校、家族構成を聞くだけで、面接とはいえない面接でしたが、その短い時間でつかこうへいは生駒直子の魅力を見出し、オーディションに参加することなく劇団の一員になりました。

 

親交を深め、結婚へ

出典:https://www.nikkan-gendai.com/

 

こうして出会ったつかこうへいと生駒直子は、数々の舞台を共にしながら仲を深めます。

 

劇団の一員になった生駒直子は、舞台「蒲田行進曲」にも初演から参加し、女子大生役でワンシーンのみ出演しただけでも〝なんだあの美少女は〟と話題になる存在感を示しました。

 

1981年に再演された舞台「ヒモのはなし」では、田中邦衛が演じるヒモ男が前妻との間に残した一人娘という重要な役柄を演じています。


この役は再演前の作品には無かった役で、つかこうへいが生駒直子のために物語を変えて作った新しい役です。

 

つかこうへいはこれほどまでに女優としての生駒直子に入れ込み、劇団内でも〝将来は生駒直子がメインを張る舞台が作られるだろう〟と噂になるほどでした。

 

しかし、いつの間にか生駒直子が稽古場に現れなくなり、劇団員の中でも〝もしかして…〟と勘が働き始めた頃に、つかこうへいと生駒直子が結婚することが伝えられました。

 

つかこうへいは、出会った頃は女子高生だった嫁と芝居を通じて親交を深めるうちに恋愛関係となり、結婚に発展


2度目の結婚ではありますが、生駒直子とは生涯を終えるまで結婚生活を続けました。

 

 

つかこうへいの子供:娘は女優の愛原実花

出典:https://news.livedoor.com/

 

つかこうへいには子供が1人おり、嫁の生駒直子との間に生まれた娘が、女優として活動している愛原実花です。

 

つかこうへいの娘:愛原実花のプロフィール

出典:https://www.horipro.co.jp/


名前:愛原 実花(あいはら みか)
生年月日:1985年12月14日
出身地:東京都北区
身長:163cm

 

愛原実花は、宝塚歌劇団雪組トップ娘役として活動した経験があり、現在はホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属する女優です。

 

4歳の時にバレエを習い始め、中学3年生の時に宝塚音楽学校の受験を決意。1年間の勉強を経て初の受験で合格を果たし、2002年に宝塚音楽学校に入学します。

 

2004年、宝塚歌劇団90期生として雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台を踏みました。

 

ちなみに、愛原実花が宝塚歌劇団に入団した2004年は創立90周年の特別な年で、同期には元月組トップ娘役の蒼乃夕妃、星組娘役で副組長を務める白妙なつなどがいます。

 

愛原実花は入団当初からダンスの技術が高く評価され、「ベルサイユのばら オスカル編」では少年時代のアンドレ役、「エリザベート」ではマデレーネ役など重要な役柄を演じてきました。

 

2008年の「君を愛してる」新人公演では初ヒロインに抜擢され、「凍てついた明日」でも大月さゆと共にダブルキャストでヒロインを務めました。

 

2009年になると雪組トップ娘役に就任し、雪組トップスター水夏希の相手役に就任


しかし、雪組トップ娘役就任からわずか1年後の2010年、舞台「ロジェ/ロック・オン!」東京公演千秋楽をもって、雪組トップスター水夏希と共に宝塚歌劇団を退団しました。

 

その後はホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となり、女優として芸能活動を開始しています。

 

 

娘・愛原実花の芸名は家族で考案

つかこうへいの娘・愛原実花の名前は芸名で、本名は母親の姓である「生駒みな子」です。

 

つかこうへいを古くから知る役者仲間などは、現在も娘のことを「みな子」と呼んで可愛がっています。

 

「愛原実花」という芸名は、家族で考えて名付けたことを明かしています。


本人が好きだという「愛」という漢字を使い、「愛の原っぱにお花が咲いて実るように」という意味を込めて現在の芸名となりました。

 

娘・愛原実花は日本国籍

つかこうへいは在日韓国人2世のため韓国籍ですが、娘である愛原実花は日本国籍です。


母親の生駒直子が日本国籍であるため、娘は母方の日本国籍で育ちました。

 

つかこうへいは最愛の1人娘が自分とは異なる国籍で育つことに葛藤があったようで、つかこうへいの著書『娘に語る祖国』でもその葛藤と苦渋が綴られています。

 

この書籍は、つかこうへいが当時4歳だった娘に向けて日韓両国への想いなどを語りかけるように綴った作品です。


従軍慰安婦など重たい話題もあるものの、在日韓国人であるつかこうへいならではの冷静な視点で日韓関係が綴られているため、気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

 

つかこうへいの娘・愛原実花が「熱海殺人事件」出演に話題に





HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す