大谷亮平の韓国ドラマ/映画一覧!韓国語レベル・あらすじや役柄も紹介【逆輸入俳優】

はじめに

「逃げ恥」や「まんぷく」でブレイクした俳優の大谷亮平さんですが、実は韓国でキャリアを築いた「逆輸入俳優」です。

 

今回は「第二のディーンフジオカ」こと大谷亮平さんの韓国語レベル、出演した韓国ドラマや映画一覧を紹介します。

大谷亮平のプロフィール

 

出典:inews24.com/

 

名 前: 大谷亮平 ( オオタニ リョウヘイ)
ハングル表記: 오타니 료헤이

本名:大谷慶彦(オオタニ ヨシヒコ)
生年月日: 1980年 10月 1日

出身地:大阪府吹田市
身長: 182cm

体重:72kg
職業: タレント、俳優、モデル
デビュー: 2006年シットコム『ソウルメイト』
血液型: O型
日本の所属事務所: アミューズ

 

 

 

大谷亮平と韓国との関係

 

出典:http://www.cine21.com/

 

大学進学の為に上京した大谷亮平さんは、大学4年生の時にバイト先の先輩に誘われてモデル活動を開始しました。

 

その後、韓国の「ダンキンドーナツ」のCMに出演し、その反響の大きさから活動の拠点を韓国に移しました。

 

 

 

思わずドーナツを食べたくなるような、初々しくてカッコイイ大谷亮平さんのCMですね。

 

そして、2008年の韓国ドラマ「家に帰る道」に出演し、注目を浴びました。

 

韓国で長編ドラマにキャスティングされた日本人は、大谷亮平さんが初めてだそうで、それだけ韓国では人気なわけです。

 

その後も数々の映画やドラマに韓国で出演し、キャリアを重ねていった大谷亮平さんは、2016年になると日本に戻り、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でブレイクしました。

 

以降は日本でも数々の作品に出演しており、「逆輸入俳優」「第二のディーンフジオカ」とも呼ばれています。

 

そんな大谷亮平さんは高校時代、バレーボール強豪校である清風高等学校(大阪市天王区)のバレーボール部の主将として国体出場も果たしています。

 

 

大谷亮平の韓国語レベル 【動画あり】

 

出典:https://joah-girls.com/

 

大谷亮平さんは韓国に渡った当初、韓国語がまったくわからなかったそうです。

 

そのため、韓国語をあまり話す必要のない日本人の役を多く演じていました。

 

しかし、韓国で本格的な俳優活動をするために、韓国有名私立大学である「延世(ヨンセ)大学」の語学堂で一年間韓国語を学びました

 

学校が終わったら宿題をして、それに加えて、事務所で韓国語の個人レッスンを受けていたそうです。

 

そして夜は、江南(カンナム)や狎鴎亭(アックジョン)に遊びに行って、その日習ったことを実践するという生活だったそうです。

 

韓国語の勉強法の秘訣は酒を飲むこと。素面だと間違ったら恥ずかしいという気持ちがありますが、酒を飲みながらだと間違っても気にならない。飲みに行くと、友だちもできて楽しいですしね。

 

 

その結果、大谷亮平さんは、韓国人役もこなせるレベルの韓国語を習得しており、仕事でも韓国人役を見事に演じ切っています。

 

そんな大谷亮平さんは、「韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞」を受賞、韓国での実力、人気を兼ね備えた俳優となりました。

 

授賞式では、韓国語で流暢にスピーチをしています。

 

 

 

また、ドラマのセリフとして韓国語を覚えるだけでなく、韓国のバラエティ番組にも出演している大谷亮平さん。韓国語をマスターしているようですね。

 

ポジティブで努力家として知られている大谷亮平さんですから、韓国で成功したことは納得できますね!また、日本と韓国の橋渡しになりたいとも語っています。

 

 

大谷亮平出演の主な韓国ドラマ一覧

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す