三吉彩花は韓国人?生い立ちと実家・父親/母親/兄弟など家族も総まとめ

はじめに

女優やモデルとして活動する三吉彩花ですが、韓国語が得意で韓国有名歌手とのツーショットなどから韓国人説が浮上しています。

 

今回は三吉彩花の生い立ちや実家、父親・母親・兄弟など家族、韓国人と言われる理由に迫りました。

三吉彩花のプロフィール

 

出典:https://www.amuse.co.jp/

 

名前:三吉彩花(みよし あやか)
生年月日:1996年6月18日
出身地:埼玉県
血液型:B型

 

 

アミューズ所属の女優・ファッションモデルで、かつては女性アイドルグループ「さくら学院」のメンバーとしてアイドル活動をしていた三吉彩花。

 

女優の登竜門とも言われる女性ファッション誌「Seventeen」出身で、ドラマ「オトコの子育て」で女優デビューしました。

 

2013年に公開された映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」で映画初主演を飾り、大竹しのぶや小林薫などのそうそうたる実力派俳優たちに引けを取らない、光る演技を披露しています。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

2018年に公開された映画「いぬやしき」では、主演を務めたとんねるず・木梨憲武の娘・麻理役を演じて話題になりました。

 

2019年には映画「ダンスウィズミー」で主演を務め、ミュージカルコメディーに初挑戦。


この作品が上海国際映画祭GALA部門のオープニング作品に選ばれ、レッドカーペットデビューを果たしました。

 

 

 

 

映画・ドラマで主役級女優として活躍する三吉彩花ですが、韓国語が得意なことや韓国の有名歌手とのツーショット写真を披露したことから、韓国人ではないかといった噂が浮上しています。

 

 

三吉彩花の生い立ち

 

出典:https://telling.asahi.com/

 

ここからは、三吉彩花の生い立ちを紹介します。

 

三吉彩花は小学1年生の時に読者モデルとしてデビューし、小学3年生の時に原宿でスカウトされて芸能事務所アミューズに所属しました。

 

当初はモデルとして売り出し、2008年より「ニコ☆プチ」専属モデルとして活動を始めます。

 

2010年に「ニコ☆プチ」専属モデルを卒業すると、北川景子や桐谷美玲など第一線で活躍する女優を多数輩出した「Seventeen」の専属モデルになりました。

 

また、2010年4月よりアミューズの女性アイドルグループ「さくら学院」の初期メンバーとしても活動開始。


「さくら学院」は義務教育中のメンバーで結成されたグループであるため、2012年3月に義務教育終了と同時に「さくら学院」も卒業しました。

 

 

Seventeen専属モデル〜女優本格始動

 

出典:https://times.abema.tv/

 

2010年に女性ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとなった三吉彩花。

 

「Seventeen」と言えば、北川景子や桐谷美玲、広瀬すずや中条あやみなど、人気女優を多数輩出した女優の登竜門的存在の雑誌です。

 

三吉彩花もモデル活動をするかたわら女優としての活動も本格化させ、主演映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」で各映画賞の新人賞を受賞するなど、女優業も好スタートを切りました。

 

小学生という幼い頃から芸能界で生きてきた三吉彩花。現在はドラマや映画に欠かすことのできない主演級女優に成長しました。

 

 

三吉彩花の出身地や実家

 

出典:https://style.nikkei.com/

 

三吉彩花の出身地は埼玉県です。

 

出身小学校・中学が川越市の学校であることから、実家も川越市近辺にあると思われます。

 

川越市は埼玉県南西部に位置し、かつて江戸時代の城下町として栄えました。今も蔵造りと呼ばれる古い建築様式の建物が並ぶことから「小江戸」と呼ばれ、人気観光スポットです。

 

三吉彩花の他にも、女優の福原遥、アイドル歌手の福田花音などが川越市の出身です。

 

 

高校は堀越高校、現在は一人暮らし

 

三吉彩花の出身地は埼玉県で実家も川越市近辺にあるとされていますが、高校からは東京の学校に進学し、芸能学校として有名な「堀越高校」を卒業しました。

 

20歳になったのを機に、2016年より都内で一人暮らしをスタートさせたようです。

 

2017年に発売したフォトブック「みよしーくれっと」の中で一人暮らしの自宅が公開されており、実家を離れて一人で生活している様子が披露されました。

 

 

三吉彩花の家族(父親・母親・兄弟)

 

出典:https://mdpr.jp/

 

ここからは三吉彩花の家族について紹介します。

 

三吉彩花は171cmという高身長でモデルとしても活躍するスタイルの持ち主ですが、小学6年生の時にはすでに160cmあったといいます。

 

小学生当時からモデルとして活躍していた三吉彩花ですが、父親が185cm、母親が167cmという高身長一家で、三吉彩花のスタイルの良さは両親から受け継いだことがわかりました。

 

両親は三吉彩花を幼い頃からモデルにするために英才教育をしていたようで、「正座禁止・運動禁止・日焼け禁止」の制約を徹底し、学校の授業ではプールに一度も入れなかったそう。

 

正座は脚の形が悪くなってしまうこと、運動は筋肉がついてしまうこと、プールは筋肉に加えて日焼けもしてしまうことから禁止されていたようです。

 

モデルの英才教育のために、これらの禁止事項を設けた家族はかなり熱心で、娘を芸能界で成功させたい気持ちが大きかったことがわかりますよね。

 

家族の熱心な教育のおかげで、今の三吉彩花の美しさがあることは間違いありません。

 

厳しい親なのではと思いますが、三吉彩花は両親ととても仲が良いことでも知られています。

 

父親・母親それぞれとの仲良しエピソード、兄弟の有無についても見ていきましょう。

 

 

三吉彩花の父親

 

三吉彩花の父親は185cmの高身長で、髪型はリーゼントのようなコワモテの容姿をしているようです。

 

三吉彩花は父親と歩いているとカップルに間違われるほど仲が良いようで、2人でディズニーランドに行った時には腕を組んで歩くなど本当にカップルのような仲の良さを誇ります。

 

三吉彩花は理想の結婚相手として「父親のような男性」と話しており、父親に対して相当な愛情と尊敬の念を抱いていることを公言しています。

 

 

三吉彩花の母親

 

三吉彩花の母親も娘と同じく高身長で、167cmのスタイルを誇る美人な母親です。

 

若々しいルックスをキープしていることから、三吉彩花と母親が一緒に歩いていると姉妹と間違われることが度々あるのだとか。

 

また、三吉彩花は母親が作るお手製たまごスープが好物で、一人暮らしを始めてから母親のたまごスープが異様に恋しくなったと語りました。

 

三吉彩花も自分で料理をするようですが、仕事で疲れて帰ってきて自分のためだけにご飯を作る気には中々なれないようで、母親のありがたみを実感したことを明かしています。

 

 

三吉彩花の兄弟

 

三吉彩花の兄弟の有無ですが、一人っ子で兄弟はおらず、両親との3人家族で育ちました。

 

血の繋がる兄弟はいないものの、芸能界にはまるで兄弟のように仲良くしている友人が多い三吉彩花。

 

私生活でも仲の良いモデル仲間の江野沢愛美とは、「みよまな」というコンビ名で親しまれています。

 

 

出典:https://girlswalker.com/

 

2人で腕を繋いでハートマークを作るポーズを生み出し、「みよまなポーズ」としてファンの間で有名になるなど、その仲の良さはお墨付きです。

 

また、「さくら学院」のメンバーだった松井愛莉、同じ事務所の八木アリサとも仲が良く、インスタグラムなどで仲良しショットを披露しています。

 

 

出典:https://mdpr.jp/

 

血の繋がった家族としての兄弟はいないものの、芸能界の仲間と姉妹のように仲睦まじい姿を見せています。

 

 

三吉彩花は韓国人?噂のきっかけと真相

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す