松坂慶子

松坂慶子と韓国の関係!本名や生い立ち~父と母など実家の家族まとめ

はじめに

ドラマ『男はつらいよ』『蒲田行進曲』などへの出演で知られ、歌手としても活躍してきた昭和を代表する大御所女優の松坂慶子さん。

 

松坂慶子さんの韓国にまつわる本名や生い立ち、実家の家族について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

松坂慶子の韓国にまつわる本名やプロフィールについて

松坂慶子の本名やプロフィールについて

女優、歌手、バラエティタレントとして活躍してきた松坂慶子

松坂慶子さんは高校2年生だった1969年にスカウトされて同年に映画デビューして以降、1973年のNHK大河ドラマ『国盗り物語』で世間の認知度を獲得し1970年代末にはトップ女優となりましたが、一方で歌手としても「愛の水中花」などでブレークし2015年までシングルを出し続ける活躍を見せてきました。

バラエティ番組にも出演して人気を集め、松坂慶子さんはまさに昭和を代表するトップスターとして活躍してきました。

 

松坂慶子さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 高内 慶子(たかうち けいこ)
生年月日: 1952年7月20日
出生地: 東京都大田区
国籍: 日本
身長: 162cm
血液型: A型
職業: 女優・歌手・司会者・タレント
ジャンル: 映画・テレビドラマ・演劇
活動期間: 1967年 –
配偶者: 高内 春彦

 

引用:Wikipedia – 松坂慶子

 

松坂慶子さんの父親が在日韓国人1世、母親が日本人だったことから日韓のハーフということになりますが、生まれた時は韓国籍でした。

 

父親は日本に渡ってきて間もなく帰化したものの松坂慶子さんが生まれた後のことであり、母親は捨て子で無国籍だったことから法務省と交渉して日本国籍を取得したことがウィキペディアで説明されています。

 

父も日本名を名乗っていたが国籍は韓国のまま、つまり慶子も韓国籍であった[5]。知人の力を借りて法務省と交渉した結果、1964年に母の戸籍が回復し、慶子の将来を考えて彼女を母の非嫡出子として母の戸籍に入れたことにより日本国籍となった[5]。 これらの事実は1993年に出版された両親の著書『娘・松坂慶子への「遺言」』で公表された。

 

引用:Wikipedia – 松坂慶子

 

現在の松坂慶子さんの本名は、1990年にジャズギタリストの高内春彦さんと結婚したことから”高内 慶子”となります。

 

 

 

松坂慶子の生い立ちや実家の家族について

松坂慶子の父親は在日韓国人、母親は身売りされた捨て子だった

複雑な家庭環境で生まれた松坂慶子

松坂慶子さんの父親・英明さんは1938年の第二次世界大戦直前に日本に仕事を求めて兵庫県姫路市に渡り住み、仕事場で松坂慶子さんの母親・つね子さんと出会い同棲をするようになりました。(戦後の混乱期に仙台で出会ったという説もある)

 

松坂慶子さんの父親・英明さんは単身で韓国で渡ってきたこと、母親・つね子さんは幼少期に人身売買で売られて身寄りが無かったため孤独な身の上同士惹かれあったのでしょう。

 

そして第二次世界大戦終戦後に二人は神奈川県藤沢市に移り住み、英明さんはリアカーを使った行商をしていたようですが、時期にいくつものビジネスを立ち上げて成功をつかみます。

 

松坂慶子さんは1952年に生まれましたが、早産で未熟児だったことから体が弱く、誤って古い牛乳を飲んだ時に死にかけたこともあったそうです。

 

それでも、裕福な家庭で育った松坂慶子さんは、両親の”イングリッド・バーグマンのような美しい女性に育って欲しい”という願いから、ピアノやバレエ、美空ひばりさんなどの曲を手がけた昭和を代表する歌謡作曲家・古賀政男の歌謡レッスンも受けていました。

 

また、松坂慶子さんはくるみ児童合唱団にも入っていたようです。

 

松坂慶子さんは子供時代からのんびりとした性格だったようで、それは現在も変わらずお風呂や公園などでぼーっとするのが好きだと語っています。

 

 

松坂慶子、高内春彦との結婚で親子絶縁騒動が起きる

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す