韓国女優チョンダビンの死因は本当に自殺?死去の経緯や謎~葬儀を総まとめ

はじめに

2007年に突然この世を去った韓国の人気女優だったチョンダビンさんですが、その死因には未だなお謎が残っていることで有名です。

 

今回はチョンダビンさんの死去の経緯、死因に残る謎、葬儀の様子をまとめてみました。

 

チョンダビンのプロフィール

 

出典:http://tanakasouken.blog59.fc2.com/

プロフィール

 

名前:チョン・ダビン

本名:チョン・ヘソン

英語名:Jeong Da-bin

生年月日:1980年3月4日

没年月日:2007年2月10日(26歳没)

出身地:韓国・京畿道城南市

最終学歴:東国大学校演劇科

身長:165cm

血液型:O型

デビュー:映画「燃ゆる月」(2000年)

所属:ANAフィルムエンターテイメント

 

 

 

チョンダビンの女優としての経歴

 

高校3年生の時に、ある雑誌の記者に写真を撮られたことがきっかけで、芸能界に入ったチョンダビンさん。

 

2000年の映画「燃ゆる月」にて、その当時、韓国のトップスターとして活躍していた女優チェ・ジンシルさんの少女時代を演じ女優デビューを果たしました。

 

 

出典:http://ekr.chosunonline.com/

 

その後、チョンダビンさんのルックスが、チェ・ジンシルさんに似ていたことから、“リトル・チェ・ジンシル”と呼ばれ、一躍脚光を浴びることに。

 

2001年のドラマ「ニューノンストップ」シリーズに出演すると、2003年には大人気ドラマ「屋根裏部屋のネコ」でヒロイン役を好演しました。

 

 

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

 

チョンダビンさんらしい、そのほのぼのとした愛嬌ある笑顔がファンの注目を集め、やがてトップ女優へと上り詰めました。

 

さらに、2003年の映画「あいつは格好よかった」では、あのソン・スンホンさんと共演し日本でも大変な話題になりました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

プライベートでは、2004年に東国大学校演劇科随時試験に合格し、同大に入学を果たします。

 

その後もドラマ「兄嫁は19歳」や「その夏の台風」に出演しています。

 

ただ、なぜかそれ以降はドラマや映画に出演しておらず、結局そのまま公の場に出ることもなく2007年に突然この世を去ることになってしまいました。

 

 

 

チョンダビンは2007年に突然の死去 

 

交際中の男性宅で遺体となって発見 

 

2007年2月10日午前8時頃、チョンダビンさんはソウル市江南区三成洞の交際中の男性宅で、首を吊って死亡している姿で発見されました。

 

 

出典:http://news.livedoor.com/

 

警察の調べによると、チョンダビンさんは10日未明まで、清潭洞の飲み屋でお酒を飲んだ後、午前3時20分頃に当時交際中の男性に迎えにきてもらい、そのまま男性宅に帰宅したのだとか。

 

そしてその翌朝、トイレのタオル掛けにかけられたバスタオルで首を吊って亡くなっているチョンダビンさんを男性が発見しました。

 

チョンダビンさんは、当時まだ26歳の若さでした。

 

 

 

遺体の第一発見者の男性とは

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す