韓国人の整形

韓国人が整形する理由!失敗や副作用と後遺症~死亡事例など総まとめ

はじめに

美容大国と呼ばれるまでになった韓国では整形は一般的であり、韓国美女が圧倒的に増えました。

 

韓国人の整形の理由や整形率など社会的背景、そして失敗してどのような副作用・後遺症が出るか死亡事例も含めて詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

韓国人の整形の理由や整形率など社会的背景について

韓国が整形大国となった理由

金大中大統領が整形を解禁した

韓国は第二次世界大戦後に日本の統治時代を終えて臨時政府としてアメリカの軍事政権下に置かれていたため、整形は不要のものとして弾圧されていました。

 

そのため、当時はどうしても整形をしたい韓国人は日本に渡って整形をしていたことを、日本の美容整形外科の権威である高須クリニックの院長・高須克弥さんが語っています。

 

この頃から韓国人と日本の整形外科界の繋がりができたようで、1988年に15代大統領に就任した金大中が整形を奨励したことから韓国内で爆発的に整形外科が増えて整形をする人が増えました。

 

この背景には高須克弥さんが現地の整形外科医に技術指導をした経緯があり、現在の”韓国美女”の雛形は高須克弥さんが作ったものだったそうです。

 

高須「日本で整形した韓国の患者さんに、帰国してからはこんなアフターケアを受けなさいとか指導していたら、韓国の先生たちがみんな、“教えて!”ってなって。それで、みんなに施術法などもすべて指導したので、この『高須式ひな型』が浸透した。だから私は、韓国初の美容整形学会で最初から名誉会長だったし、その時に作った教科書が今も使われているよ!」

 

引用:ライブドアニュース – 韓国の整形美人はなぜ同じ顔? ひな型を作った高須克弥氏に聞いてみた

 

金大中大統領は自ら二重まぶたにする手術やボトックス注射を打ったことを国民に公表し、それに後押しされた韓国国民が我先にと整形手術に乗り出した結果、あっという間に整形大国になってしまいました。

 

 

韓国人の整形理由の根幹は”儒教”にあった?

韓国の儒教では「能力が高い=道徳観が高い」となる

韓国は古来から儒教を重んじる国で、その中でも”性善説”を唱える朱子学の思想を主体として文化が発展してきました。

 

儒教とは古代春秋時代の中国で思想家として活躍し、始祖となった孔子の教えを体系化したものですが、韓国では中国南宋王朝の朱熹(朱子)が再構築した新しい儒教・朱子学を元に国体が作られてきました。

 

儒教では”性善説”が根幹にあり、これは「人間の本性・本質は”善”にある」というものですが、これは人間は生まれながらに無限の可能性を秘めた能力を持っているというポジティブな考え方であり、朱熹を始め多くの儒家の考え方の主流となりました。

 

人間の無限の可能性は”道徳観”を高めることで能力が発揮され、誰しも徳を努力により積み上げることで”聖人”になれるというのが”性善説”の大まかな目的で、朱熹は人間を大きく「聖人・君子・凡人・悪人」に分けて説明しました。

 

”聖人”とは最高の道徳観を持ち人間的能力が非常に高い完璧な人物のことを指しますが、韓国では”聖人=成功者”であり、”成功者”になるためにあらゆる能力を高める必要があるわけです。

 

つまり、韓国人は「道徳観=能力」という考え方が根強く浸透しているため、不道徳な人間は”悪人”であり、能力の低い人間だとみなします。

 

そのため不細工な人間は「人を不快させる能力の低い人間」「社会に受け入れられない人間」であり、それ自体を”悪人”だと考えます。

 

非常に極端な考え方ですが、ある意味人間の心理をついた考え方であり、韓国人は整形をして美男・美人になることで”聖人”に近づけるということになります。

 

実際に韓国社会ではルックスによる社会的ステータスは世界的に見ても非常に重要な位置を占めており、歯並びが悪いと就職面接で落とされるためほとんどが子供の内に矯正していますし、容姿が悪いと就職に響くばかりか就職できても出世できないため、”聖人(成功者)”になるために整形に全く抵抗が無い人が多くなります。

 

それがたとえ”見せかけの道徳観”であっても、韓国人にとっては「不細工は内面の不道徳さが表に現れたもの」となりますので、整形して容姿が良くなることは徳を積むことに繋がります。

 

 

韓国人と他国の整形に対する考え方の違いとは?

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す